モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



バトンですってよ。
なるほどバトンの本家mixiだ。早速回ってきたので
答えます。

■■■ [指定型★バトン]のルール ■■■
◆廻してくれた人から貰った『指定』を『』の中に入れて答える事。
◆また、廻す時、その人に指定する事。


◆最近思う「演劇」

どこに行ったら本当に面白い芝居があるのだろう。京都のシーンのアマチュア志向的傾向が良いとも思ってないけれど、大阪のエンタメ路線にもある種の薄ら寒さを感じる。昔はつか作品とかが好きだったが、今は様式化してそうでもない。でもまだしがみつきたい何かがある。作ってみたい面白さがある。

◆この「演劇」には感動!!

最近では…作品タイトルじゃないけど広田ゆうみさんの芝居。俳優さんだなあこの人は。アマチュアゆえの求道ぶりが素敵だ。プロだけが役者の目指す道ではない。

◆直感的「演劇」

祭り。ドラマ・映画は祭りには非ず。

◆好きな「演劇」

なんだかんだ言って三谷幸喜は最高だ。ラーメンズもいい。だがそればかりでもしんどくなる。人間がキレイすぎて。だから逆に生々しいのが見たくなる。『レザボア・ドッグス』とか『saw』みたいなやつ。そしてそんな芝居に今立ち会いたい。

◆こんな「演劇」は嫌だ!

「観る」サイドから言うと、迷いが結果に直接出てる芝居。もうどうしたいんだといいたくなる。やりたいことがはっきりしていれば、どんなオナニー芝居でも観れる。
「作る」サイドから言うと、やっぱり人間関係の砂漠化した現場は嫌だね。恋愛とかが絡むといっそう嫌だね。

◆この世に「演劇」がなかったら?

なかったらなかったで楽しいことはいっぱいあるよこの世界。でも「ない」なんてことは、ありえないだろう。演じることが人間の根源的欲求に根ざしている限り。

◆次に回す人、5人(「指定」付き)
今回は回さない。余程上手いと感じたお題ならば回すけども。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。