モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



藤原康弘氏特集な観劇日記
去る17日に小さなもう一つの場所『十六夜日記』@アトリエ劇研、
25日にやみいち行動『十五そうめん漂流記』@ブンピカを観劇。

かたや別役実作品を比較的アーティスティックに上演するユニット、
かたやアドリブのみで構成されたコメディーを演じるユニット。

もちろん作品の手触りは全く違う。のだが、
この両団体、代表は藤原康弘氏。同一人物なのだから驚きだ。

『十六夜日記』は、その昔床屋だった場所で出くわした
男女の二人芝居。出演は広田ゆうみさんと田中遊さん。
話が進行するにつれて、彼らは夫婦であるという状況が
浮かび上がってくるが、彼らはなぜかすぐに物を忘れるため、
もともと彼らの家であったと思われる廃墟の前で
永遠に出会いを続け、その度にかみ合わぬ会話を繰り広げ、
そして永遠に別れつづける。その状況自体は何一つ
打開されぬままに芝居は終わる。

広田ゆうみさんという方は今年になって初めて
実際に拝見したのだが、素敵な女優さんだと思う。
素敵、というより凄いと言ったほうが適当か。
何が凄いって、かなり濃いオーラを感じるのだ。
立ってるだけで360°に気を発しているのが
ありありと分かる。その気はどちらかというと
悲劇質であり、ともすると「怖えな」と感じてしまう
こともしばしばなんだけど、それにしてもこの存在感。
これぞ俳優。

ただ僕は、別役実はもっとコメディよりの味付けに
したものの方が好みではある。ちょっと笑えない演出・
雰囲気に仕上がっているのだけど、基本的に別役作品は
不条理コメディであると僕は思うわけで、だから
もっとニヤニヤしながら見させてほしいなあと
思うのだ。といいつつも結構ニヤニヤしながら
観てたのだけど、笑い声をうっかり立てると周りから
ぽっかり浮いてしまうような客席の雰囲気はいかんとも
しがたい。

転じて『十五そうめん~』は『十六夜~』の演出である
藤原氏が主役に近い役割で1時間半ほどのアドリブ芝居を
4人の共演者陣(+ゲストの本多力くん)とともに繰り広げる。
芝居には、筋書きのないアドリブで芝居を続けるエチュードと
呼ばれる稽古法があるが、あれをやったことのあるものなら
誰もが感じたことがある、あの独特のぬるい空気とともに、
出演者達の機転あふれるアドリブをノンストップで楽しめる
ある意味スリリングな一本。

大まかな筋はもちろん用意されているわけだが、全編
アドリブで構成されるわけだから当然空気がのびて、
面白くなくなる時間帯は生じてしまう。
が、この劇団のショーは全て無料である上、なにかしら
お客に特典があったりするので(今回は幕後の流し
そうめん大会、オリジナルうちわ配布、こんにゃく
ゼリーつかみ取り)、損はまずない。
ご近所の祭りを冷やかしにいくような気持ちでいけば
良いかと思う。次回も楽しみ。

藤原氏の懐の深さに驚嘆の1週間。藤原氏ウィークだ。
多少他に感じたこともあるので、それは次回の記事に譲る。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

ちわっす。わたすもやみいち観ましたよ、観ましたとも!(詳しくはマイブログにて)
なんだか最近、読売新聞?のCMで最後にでてる男性が藤原さんに見えて仕方ありません。それだけ誰かに伝えたかったんです(笑)では。

【2006/06/27 14:37】 URL | むすっと #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。