モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



梅雨入りらしい
意外に雨は少なく、空梅雨の予感。
また各地のダムが干上がるのだろうか。
本当に凄い量の水を使うのだなあ。人間は。

さておき、最近はアルバイトが大変で、
新人さんの担当として研修をしてるのだが、
何せ働くことが初めてという、年が10も違う
青年である。もうお金の扱い方から接客の
テンションから一から教えねばならない。

これが意外に大変で、どの職種にも共通する
仕事の仕方そのものの知識が欠けてるわけで。

その上、お店が移転する。その準備やら。
店長の身内に不幸がありそのカバーやら。

もうアルバイトの領域でないぞこれ。

ああもう何か南の島とかにいきたい。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

そうやって知識と技術を体得して、副業でコンビニやったらいかがですか?名前は「miniかわぶち」、「Dairyかわぶち」、「Famiryかわぶち」、「ブッチソン」、「かわぶち/pm」、「サークルかわぶち」「かわぶちイレブン」。わー選びたい放題や~☆芝居の本番中は閉店。新しいコンビニスタイル。

【2006/06/16 00:10】 URL | タケゾエ #- [ 編集]


かわぶちイレブンってちょっとあれやね。
サッカーの匂いがするね。

どうも返事が遅くなってすみません。

タケゾエは元気にしているかね。
僕はもう早くも夏ばての予感だよ。

流しそうめんがしたい。ねえ。
しようぜ。そうめん流し。

【2006/06/22 18:32】 URL | かわぶち #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。