モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



KNUCKLES閉店、一人大トラに。
5月末日、馴染みにさせていただいていたカフェ
KNUCKLESが閉店するので様子を見に行く。

8時に早々と閉店してあとは常連を交えて
パーティを開くということであり、
お呼びにかかって日が変わる頃まで居残る。

途中でRookie777の高谷くんも参加。
次々回公演の構想などを聞く。

結局1時ごろまで居残る。
また調子に乗りすぎて深酒。
その勢いで間違いなく場違いな
人になっていた。ダメだ。
ああもう思い出すのも恥ずかしい。
ていうか半分くらい思い出せない。
ますますダメだ。

昔から人の好意に乗ってるうちに
すぐに調子をぶっこく人間だった。
もう幼稚園児の頃からそうだった。
三つ子の魂百までとはよく言ったものだ。

翌日は久々の二日酔いに悩まされる。
最後だからこそ、きちんとしめるべきなのに。
いつまでたっても成長しない酒飲みである。

ともかくも、お疲れ様でした。すいませんでした。

060531_2024~001.jpg
お店の看板。通称ナックルさん。

060531_2025~001.jpg
もう灯ることのないネオンサイン。捨てちまうのかな?
だったら下さい。といいたいくらい素敵なブツ。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。