モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ショウダウン『DEAD』を見たり運んだり。
古巣・劇団ショウダウンのバラシを手伝う。

お芝居の方は…なんだかとてもいろんな角度から
見てしまい、複雑。もちろん面白かったのだけど。
思えばショウダウンのお芝居を客席から観るのは
2003年12月以来になる。
こういう場面ってこう見えるんだ、とか、
劇団員の彼はこう見えるのか、とか、
意外に目からウロコな2時間だった。

トラックを借りて千秋楽公演が始まった頃に
ホール入り。途中から2度目の観劇。
さすがに千秋楽、後半が熱かった。

撤去作業は鉄管メインの舞台だったため、
扱いに困り個人的には難航、しかし
ホールである一心寺シアター倶楽は
さすがに搬出経路が広く使いやすい。
楽屋もとても使いやすそうだ。

京都の劇場はどこに行っても舞台裏の
使い勝手が悪い。搬入路が極端に狭かったり、
楽屋がめちゃくちゃ狭かったり。あと
水回りが遠いのも困る。土地の事情やらいろいろ
あるのだろうが、大阪並にとはいかないまでも、
もうちょっと何とかならないものだろうか。

荷物を積んでしまえば出発は翌早朝となるため
打ち上げにも参加させていただく。
潰れる者数名。僕は明日もあるので
ビールとZIMA一本ずつ、控えめにやらせていただく。

二次会には参加せず、駐車場に停めたトラック内で
仮眠。翌朝5時半に京都に向けて出発。
とにかく道路が混みだす前に京都へ、ということで
大急ぎの国道171号だった。

朝8時に京都着。昼過ぎまで京都各所で積み下ろし、
その後高槻へ鉄管の返却。

結局また京都に戻ってトラックを返却したのが
17時。

仮眠のあとにさらにバイト(ちなみに寝坊で遅刻)。
余力なく、仕事がおしにおす。
本日11時に帰宅し、そして今起きた。

今晩もバイトだ。

この5日間身動きが取れなかったが、たくさん
抱えてる仕事がたまってきている。
明日からまた働きまくらねば。

そしてトランポリンショップの稽古も始まる。

もっともっと心に余裕を。頑張っていこう…
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。