モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



中野劇団『ブルー』を振り返る2
次に演目別に雑感を。

1.『エスカレーター』(出演せず)
奇妙な作品だと思う。オチにホラーの要素もあり、
味わい深い。ただ客席設定のエラーというか、
終始登場人物二人が寝転がっている芝居であり、
ほとんどの人が見えにくい状態になったのが残念。
本当は客席側にいくらか傾斜した舞台で見せることが
できたら良かったのに、と思う。

2.『節ちゃん』(出演せず)
土屋たえさんとのお芝居は本当に久しぶりなのだが、
とても面白いキャラクターを身に付けたなあと、
彼女の成長を感じた演目。三条さんの女装はやや
反則気味ではあろうが、なんたってパワーがある。

3.『ランドセル』(出演せず)
これは台本がぶっちぎりに面白い。教師役の加藤さんが
最後の最後まで悩んでいた難しいホンでもあったが。
横から見ていて多少テンションがオーバーヒートして
しまった感も否めないが、白木さんのツッコミは
自分にとってすごく勉強になった。

4.『録画』(男C役で出演)
最も遅くに書きあがった新作中の新作。うって変わって
白木さんがボケに回る。そのキモキャラたるや素晴らしく、
突っ込みに回る我々は半ば素で笑いながら芝居をしていた。
出鼻は極度に緊張。セリフ回しがおかしくなる。
自己のみに関して言えば、セリフの語尾を間違えたり、
芝居にウソが多かったりで出来はとても悪い。悔しい。

5.『クローン』(出演せず)
魔術師・唐仁原くんの本領発揮。ストレートかつパワー
あふれる三条さんのツッコミとの親和性がかなり高く、
完成度の高いコントらしいコントだと思う。
衝撃のオチとなる下ネタは静まりかえったなあ。
外しているわけではないけれど、やっぱり笑いにくかった
のだろうか。

6.『たこさんいかさん』(出演せず)
まさにシュールの極み。ラジオのジングルに近い位置付け。
声の出演は演出・中野氏。この人、芝居を実際にやっても
かなりお上手だ。このお芝居を境に客席の熱が一段上がった。

7.『ベビーカステラ』(会長役で出演)
中野氏曰く役のイメージは西村雅彦らしい。最も楽しんで
舞台に立てた演目。弱キャラ大好き。会長の行動の動機は
全て、舞台の外にいるテキ屋の集団への恐怖に起因している。
このコントは舞台上に存在せぬ外の要素、つまり異常なシチュ
エーションをいかに生々しく観客に想起させるかの勝負であった。
とくに前半は3ボケに1ツッコミ、唯一の常識人という
ポジションが面白かった。

8.『オランウータン』(森野役で出演)
中野氏曰く役のイメージは中井貴一らしい。困った。
素朴な世界観・素朴な演技を求められた。シチュエーションが
かなり異常であるので、どうしても演技が切実になりすぎる
傾向にあり、セリフの抑揚を抑えるのに苦労した。
本番ではテンションの高揚で、一度稽古で抑えたセリフの
抑揚が上がり、後半キャラの軸がブレてしまった。
動きの稽古がハードで、無理のある姿勢での稽古の連続に
本番前数日は本当に足腰をいわせそうになった。
ちなみに挿入されるアナウンスも中野氏。

9.『ブルー』(出演せず)
WEBコントでも一番人気の傑作。何といっても三条さんの
オカンが面白い。これぞ関西のオカンである。自分の部屋に
いるときに階下から無駄な大声で呼ばれるあの不快感。
生々しく思い出す。

10.『強制小学生』(男C役で出演)
我々のパートに任されている役割は明確で、いかに
リアルな恐怖を演じるかにあった。
そういった意味では取り組みやすい台本ではあった。
いかに犯人の言動が笑えるものであろうとも、
それに対して本気で命の危険を感じ、恐れおののくことに
よって現実とは明確にズレたシチュエーションを
作り出すことが鍵である。
あともう一つ、「リアルな小学生とは」ということについて
皆で真剣に話し合った。芝居において大人が演じる子供役は
ともすると舌足らずで愚鈍な雰囲気にしがちだが、中野氏は
そういったキャラ作りを否定した。むしろ小学生は無駄に
滑舌がいい。動きが直線的である種の鋭さがある。等等。
あと小学生キーワード。皆で出し合った。
「あほいー」「最強」「光速」「終わりの会で言うからな」
「アホって言ったほうがアホ」などなど。思い出してみると
いろいろ出てきた。面白いものだ。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。