モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



中野劇団『ブルー』を振り返る1
まさに盛況のうちに幕を閉じた中野劇団『ブルー』。
本当にいろいろ書くことができる芝居になった。
まずは舞台に上がった芝居全体の雑感・反省から。

いらっしゃった200人近くの皆さまがどっと笑う
(といっても全員が全員一度に笑ったわけではない
だろうが)、その様には舞台上にいて鳥肌が立った。
共演した亀岡大祐くんが言ったには、

「これだけ人数が笑うと、アメリカのコメディドラマの
笑い声みたいになるんですね」

と。そう。それは形のない、だけど実態は存在している
不思議なものになり。なんかボワッとした塊みたいな
笑いになるのだ。特に間をたっぷり使ったじわりとした
笑いはその伝染と変形が手にとるように分かる。

正直、初めての体験だった。震えがきた。


さて、今回のお芝居はいかに芝居っぽくなく芝居を
やるかが大きな課題だった。そもそも字面からして
面白い台本なのだ。役者サイドがヘンな色気を
出して台本の面白さを殺さぬように気を使わなければ
ならない。そこで必要になるのは、どちらかというと
日常芝居寄りのグルーヴである。

つまり自分の身体の発する言語に敏感になることだ。
人間の身体というものは黙っていても多くの情報を
観客に対して「語って」いる。そこに無自覚になり
セリフの抑揚などで全てを表現しようとすると
どうしても情報過多というか説明しすぎなおせっかいな
芝居になってしまい、逆に観客を遠のかせる。
基本的に芝居が大きすぎる僕はそこに最後まで苦労した。

あと、ショウダウン時代は基本的にボケを担当していた
僕だけど、今回は徹底してツッコミに回った。
はっきりいってツッコミには苦手意識がある。
多分今でも。ツッコミで笑いをあまり取れない役者なのだ。
だから自分のツッコミを引き金に笑いが起きたときは
頭の片隅で冷静に、うわあこんなの初めてだ、と
思った。

一方で力不足も多く感じた。

中野さんの印象的な駄目出しで
「そのセリフは感情的には合理的だがツッコミとして
成立していない」
というのがある。
「ちょっと待てえええ!君らアホか。」というセリフがある。
「ちょっと待て」「君らアホか」というセリフに対する
情感は間違ってないし言葉として矛盾がないけど、
それはツッコミではないと言われたわけだ。
どういうことかと悩んだが、要するに芝居が切実すぎたのだ。
観客の側に笑うスキを全く与えていなかったのだ。
そこにはある種のあざとさも必要になってくるわけで、
そのバランス取りにも最後まで頭をひねったものだ。
実際そのバランスを踏み間違えて、見事に外したセリフも
たくさんある。悔しい。

しかも客席の高いテンションに芝居全体が
うわっついた感もかなりある。中野氏本人としては
芝居の出来に不満もかなりあったのではないかと
思う。稽古どおりにできなかったことも多くあったし、
そのエラーゆえのロスも相当のものだ。
野球の2ケタ同士の試合にも似ている。攻めてはいたが
守りが甘すぎる。
打っては打者一巡、守ってはピシャリ完封。
こうありたいものだけど。
「観客の(良い)反応に安心しないほうがいい」という
アンケートがあったけれど、まさにその通りだったと思う。


勉強しようと思い扉を叩いた中野劇団さんだったが、
ここまで勉強になるとは正直思っていなかった。
ここで学んだことを早く次の舞台に活かしたい。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。