モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



次回出演作が決定しました
実は内定的なものはRookie777本番あたりには
あったのだけど、正式な決定が今日になった。
前回出演作の会場で告知できなかったのは
ちょっと残念だけれど、まあ大分先の公演で
あるからして、これから宣伝頑張ろうと。
そう思っている。

次回出演先は、中野劇団さん。
5月半ばに行われる、1日、1ステージ限りの
短編集公演である。

中野劇団さんといえば、なんといっても
「笑い」だろう。僕は過去に2度の本公演と
1度のゲスト出演を客席から拝見しているが、
作・演出・代表の中野守氏の並々ならぬ
笑いのセンス、そしてそれを体現する役者さんの
これまた並々ならぬ努力が十分に伝わる
内容であった。

初っ端からエラいことを申し上げるが、
僕がなぜこの劇団に出させていただきたいと
思ったか。

それはひとえに、「笑い」というものを知りたい
からだ。

笑いのとり方は劇団によって様々だ。
通常、お芝居にとって笑いというプロセスは
必要不可欠の存在である。だから役者の誰もが笑いに
ついて悩み、試行錯誤のうちに少しずつ方法論を
確立していく。それは自分の持つキャラクターとも
大きく関わる問題で、なかなかに複雑だ。

中野氏の持つ笑いのセンスは、受け手である僕自身が
面白いと感じることはもちろんのこと、僕の持つ
キャラクターにぴったりはまる可能性が高いのでは
ないだろうか。そう慢心しつつ僕は中野劇団さんの
門を叩いた。慢心結構。全ては勘違いから始まるものだ。

だから今回は、思い切って「中野氏の文脈に染まる」ことを
目標に公演・稽古に臨みたい。僕が舞台の上で不文律に
していること、または技術・センスの足りなさゆえに
ついていけなくなること、これらと演出家の要望の
間の摩擦をいかに解消し、どこまで染まることができるか。
もし染まれたら、その時の自分の身体の中にどんな
風が流れるのだろうか。

3月から稽古が始まる。

本当言うと、自信がない自分がすぐに頭をもたげてきて、
要するに結構びびっているのだけど、自分を伸ばす
絶好の機会である。頑張っていきたい。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。