モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



徒労
やることなすこと、何もかもが無駄な半日。

アルバイトは新商品納入やら何やらで忙しく、
また一人で朝9時まで9時間耐久勤務という
日でもあり(最近は週に1日こんな日がある)。
仕事は遅々としてはかどらず、結局10時ごろ
まで残業。変なものをたっぷり吸ったぼろ
雑巾のようになって帰ってくる。

15時から採用面接があるので、眠るに眠れず、
採用要綱などを確認したり、履歴書のチェック
などを行う。13時ごろ、集中力の限界を感じ、
横になる。あとは言わずもがな。

14時40分に起床。家を飛び出すが2分遅刻。
消化試合のような、気の抜けたコーラのような、
伸びたラーメンのような面接だった。
もう先方が完全にこちらへの興味を失っている。
そんな空気がありありと分かる。分かるから
こちらも消極的になる。背は曲がり、受け答えに
自信がなくなり、目が泳ぐ。負の連鎖だ。

ほうほうの体で面接先を退出する。しかし
せねばならないことはまだある。
そろそろ生活費がやばいので、ついでに
派遣のアルバイトの事務所に行ってまだ
もらってない給金を引き取りに行かねば
ならないのだ。事務所へバイクを飛ばす。

事務所の直前数mで、とてつもなく嫌な
感じがしてカバンを広げる。

…忘れた。印鑑忘れた。

かくして僕は事務所の扉さえくぐることなく
再びバイクにまたがる。せめて今日中に
京都市への転入手続きを済まさねば。
旧住所である生駒市の転出証明書はちゃんと
カバンに入っているのだ。

僕は北区役所の門をくぐる。そこではたと気付く。
待て。転入したらセットになるのは印鑑登録である。
肝心の印鑑は家にあるのである。できない。
手続きができない。

3時間駆けずり回って、全くの徒労である。

家に帰ると16時45分。北区役所の取扱時間は17時まで。
とばせば間に合わないことはないだろうが、
もう僕にはそんな力が残っていない。
コンポをつける。どんな時でも音楽とは優しく素敵なものだ。
そしてPCの電源を入れ、底の知れぬ井戸に叫ぶがごとく、
ブログにこの顛末を記すという次第である。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。