モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



四月になろうというのに
雪である。まあ毎年寒の戻りとともにあるものだけど。
ぼろいアパート住まいだけれど、6階だけあって景色は
とてもいい。今日は花粉対策で締め切っていた窓を
あけて、雪見を決め込みながら仕事をしている。
ちょっと寒いけど。

四月より一件、ベンチャーブランドのWEBサイト製作を
担当することとなった。すでにロゴやビジュアルイメージの
幹は作製されており、これがまたとってもオシャレだ。

いかにこれらのイメージをWEBという媒体に向くように
再解釈し、配置しなおすか。初めての商用サイト製作であり、
いまから緊張というか、はりきっている。

ところで夏ごろからある程度収入のちゃんとしたところに
勤めようと考えている。

ただお芝居を続けることができるのか、それが不安だ。

でもこのままでいても芝居をすることは困難になっていく
ばかり。

したいことを仕事に求めるのか。したいことのために
割り切った仕事をするのか。

そんなことばかり考えている。

ただ、目下の大問題を解決せねば先がない。すなわち
収入である。これをとりあえず解決した時に変わる現状、
これをもとにもう一度将来を考え直さなければ。

でも、芝居をこれで止めてしまうのは不本意なのだ。
こんなところを終着点に定めたくはないのだ。
絶対できる道がある。

行動しよう。そして探そう。その道を。

2006年度のテーマである。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。