モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



KNUCKLESについて少し。
ついでに、そのいつもお世話になってる
カフェについて少しだけ。

KNUCKLES(ナックルズ)という。
京都のカフェではかなりの老舗に入るらしい。
一度休業して、今のコンビがお店を引き継いで
再開させているという経緯はあるけれど。

初めて行ったのはショウダウン『SHOW UPⅡ』の
船岡山稽古の帰りだったから(当時は北青少年
活動センターが船岡山にあったのだ)、
もうかれこれ4年お世話になっていることになる。
なんといってもサンドイッチが絶品である。
特にグリルドサンド各種がもう。
外国人のお客も多く、というのも
彼らの故郷(多分アメリカだろうか)の味を
思い出すということらしく。
僕の場合さしずめ青春の味だ。青春って年でもねえか。

060316_2123~001.jpg
お店を切り盛りするお姉さま二人。笑いすぎです。ぶれてます。

北大路沿い、大宮と千本の間南側。パチンコ店のすぐ近く。
船岡山バス停のまん前。です。ここの「ルーベン」という、
コーンドビーフとザワークラウト、チーズのグリルドサンド。
日替わりのチーズケーキ。ホント一度食べてみてほしい。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

おぉ。アソコかぁ。
ぶっちーに紹介されて行き始めて。

稽古前にちょくちょく行かせて頂きました。

確かに何とかサンド系が美味かった。

アボガド系だ。確か。

ってかアソコでライブ的なことって出来るんだ。

すげーな。せまいっしょ。


また、いってみたいものデス。

【2006/03/20 07:26】 URL | 蜜 ひろじん。 #- [ 編集]


アボガドが入ったライ麦パンのサンドでしょ?
「ラグナ・ビーチ・メモリー」。サンドイッチの名前とは思えんな。
金があったらココかウイウイカフェかの生活です。北も探せばいろいろあって楽しいものだ。

【2006/03/21 17:07】 URL | 川渕 #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。