モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ご無沙汰更新です。
なんだか随分ご無沙汰してしまいました。
ご無沙汰している間に『エメラルド』の公演があったり、楽しいこともいっぱいあったり、書くべきことはたくさんあったのに、更新できず申し訳ありません。

秋はどうもいけない。毎年書いていることだが、秋には何だか心が沈む。そして待ち構えたように心を煩わせることがたくさん起こる。夏は何も考えずに楽しめることが多く、秋にそのツケが回ってくるというお決まりのパターンである。

事情があって『飛龍伝』、予定の春より延期しそうな具合である。夏ぐらいをめどに再考中。

極めて珍しく芸能ネタ。多分本ブログで初。

女優の沢尻エリカさんが出演映画の初日記者会見であからさまに不機嫌な態度をとり、周囲をヒヤヒヤさせたという話があった。本人は謝罪したそうだし、僕は特に彼女に興味があるわけでも、その映画に興味があるわけでもないので、どうってことはないんだけど、俳優(スポーツ選手などを含むパフォーマー全般)という仕事の難しさを思う。

商売というものは、商材なくしては成り立たない。「売るもの」がどんな商売にも存在する。これ当然の話。

俳優の場合、商材は「自分」という人間存在である。

商品には管理が必要だが、「自分」を管理すると言うことは、恐ろしく難しい。私事などが「商材」にモロに影響を与えるわけで。

しかし、そう考えたら、全ての仕事がそうなってしまうのか。

にしても、タレントだの俳優だのは、その割合が際立って高いように思う。

私事でどんなにややこしいことがあっても「芸の肥やし」と言い切ってみせる昔ながらの芸人の魂。これはもう常人の神経では無理だ。優れた俳優・芸人の凄さというか、凄まじさが最近分かってきたような。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。