モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



親バレモナムール
父からメールが来た。
突然に。

父親は用件のあるメールはほぼ送ってこない。というか無内容である場合が多い。

「元気か」「今度いつ帰る」「お金あるか」と、さだまさしの世界である。大体酔っ払った勢いで送ったと推測される。酔っ払うと誰かにメールを打ちたくなるのは老若男女問わず共通なのか。

で、今回は。
「モナムール京都見てます。時間が合うなら帰ってきいや」

なんとなんと。弟ぐらいは覚悟してたが親にまでついにブログ文化が浸透していようとは。これはびっくりだ。

ということはなんだ。

要するに僕が大切な30までの人生をなげうってプロデュース劇団立ち上げたことも、裸で大雨に打たれていたことも、女の子とお酒を飲みに行ったことも、何もかも筒抜けだったと言うことか。

なんともバツが悪い。親が見てるかと思うと、もう自殺を考えているだとか、精神科にかかりに行ったとか、実は僕は男しか愛せないことに気づいたとか、そういう親が心配になるような、そういった内容が全然書けないではないか!

まあどっちにせよ書きやしませんけれども。そして上の記述は事実無根ですけれども。念のため。

ありがとう。お父さん。
今度は劇場スタッフのアルバイト仕事にありつけそうです。将来につながるのかはまだ不明ですが、これからはアルバイトにせよ未来を見据えた仕事を選んでいきたいです。

息子は元気です。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

確かに親が見ているとなると下手なことかけませんよね(;><)
僕もスナック行ったとか気軽に書けないですもん(笑)

おおスタッフやるんですか??頑張ってください!!

【2007/08/30 00:06】 URL | ぶちょう #4TnLEtgM [ 編集]


まあそんなにヘタなことは書かないようにはしてるけど、たまにヘタをこくよね。

困ったことだ。

スタッフやるみたいです。じゃない。やります。
こないだ芝居した某大学のホールで。

ああ。頑張って生きていかなくっちゃ。。。(鬱)

【2007/08/30 00:58】 URL | ぶっち #- [ 編集]


いいお父様ですね。
芝居にはまった娘が心配で、でもなんとか娘を理解したくて安心したくて、いつもこのブログを見ています。
娘同様、ぶっちさんのこと、そしてお芝居に情熱をもって頑張ってる皆さんのこと、かげながら応援しています。

やるならとことんやりなはれ。

【2007/08/31 21:36】 URL | あさのは #- [ 編集]


>あさのは様。
はじめまして。ええ何というかもう。恐縮です。
果たして安心できる内容なのかどうかは分かりませんが、これからも楽しく書いてまいります。
正直、親には申し訳ないことばっかりで。折角大学まで出していただいてこの体たらくなのでね。親を悲しませたくないと、芝居をやめる人は事実たくさんいるのですよ。
もうきっと僕はお金持ちにはなれないでしょうが、せめて両親に少しずつ恩返しができるくらいの大人にはなりたいものです。

芝居に生きるって、やっぱ基本的には刹那的なものであると思うんです。プロになろうと思ったら計画性は必須ですけど。だから正直40になって身体がきかなくなってきたらお前どうするんだと言われると、正直無計画でーすとアホ面下げる以外にないんですけど、でも、それでもいろんな人とつながっていき、その中に生きる道もすこしづつ見えてくる。博打ですけど、その中でいい人生の立ち位置といいますか、そういうところに立てればなあと思います。

【2007/09/01 22:04】 URL | ぶっち #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。