モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



熱海演出日記3
昨日はゲネプロ(本番どおりの手順を踏んで行われるリハーサル。総稽古のこと)だった。さすがに役者陣、疲れの色が濃い。演出は神経は疲れるけれど、身体はもちろん役者よりラクなのだ。ホール予定を決めるのも僕なので、ここからペース配分と役者のコンディション作りのサポートが大切な仕事になってくるかと思われる。

さて、ゲネプロを終えて…。
まずは完成形に極めて近いものを見せてもらえたと思い、ひとまずは満足している。十分に初日の舞台を開く準備ができたと言い切って差し支えない。初めての演出、こういった状態で初日を迎えられるとは夢にも思っていなかったもので、役者陣・スタッフ人にはひとまず感謝したい。

ところがやっぱりお芝居は水物。こと、つかこうへいの芝居は水物的要素が強いと思う。絶対に本番でないと出ない領域が他の芝居に比べて広いと思う。だから油断大敵。

どこまで上へ上へのスパイラルが作り出せるか。足元に意外な落とし穴はないか。役者とともに大胆に、かつ注意深く、初日の幕を開けさせてもらいたいと思う。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。