モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



演出デビューの一週間
このところ部屋にこもりきりで、「熱海殺人事件」の選曲・編集作業を行っている。台本に曲の指定はあるのだが、見つからないものやあえて変えたいものをピックアップし、独りでブツブツセリフを読みながら。そして気分転換にネットを徘徊して曲を試聴する。

稽古場ですぐ使えるように、音の編集もある程度やってしまったり。初めて波形編集ソフトなる物を使った。なかなか思い通りに操作できずイライラすることもしばしば。

要するに、思いっきり孤独な作業なのだ。しかもやったら蒸し暑いし。脳がとろけそうだ。

こんな引きこもり作業ができるのも職がないおかげなんだが、しかし、やはり職がない。数社との交渉が進行中なのだが、面接の感触が良い程度では油断できない。

なんだか湿っぽい話題になってしまった。

まあ、とりあえず柱になる部分の選曲はできた。いささか保守的というか、オリジナリティに欠ける選曲になったが、そこはこれからも音響・長谷川萌さんと詰めていく方向。

台本もいろいろ書き直したくなってきた。最初は全くいじらないつもりだったのだが…。役者に迷惑がかからないうちに、やってしまうとしよう。

「演出の苦しみは、やったものにしか分からない」

よくそう言われるけど、まだ苦しみというほどのものは体験していない。これから来るのか?そりゃそうだろう。

楽しく、ちょっとビクビクの演出ライフである。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。