モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



神戸に村上春樹を思う
僕は神戸(の西の果て)の弟の部屋にあるMacでこの文章を書いている。きれいな調度品がそろった、手入れが行き届いた、日光がたくさん入ってくる部屋。そしてMac。ああこれが僕の部屋だったらな。まあ僕が入ればどんな部屋でもおんなじ結果になることは目に見えているのだけれど。

弟に用事ができて、東京から帰って来たその半日後に神戸。正直これは大変だったが、電車に揺られる数時間の間に、村上春樹の『風の歌を聴け』をまるまる一冊読み返せたのは幸いだった。もともと古本屋で買ったものだと記憶しているが、もう何度読み返されたのだろう、それは何度もページを繰られた本独特の佇まいを帯び始めた。たかだか150ページの中編なので、2時間もあれば読み返せるところがいい。

彼の初期の作品は僕にとってすれば「酩酊の文学」である。それは酒場で語られるような、支離滅裂だけどとびきり興味深いおとぎ話であり、故に人生の教訓に満ちあふれ、そして酩酊者特有の上質なウィットに彩られている。僕は村上春樹に酒と酒場というものを教えてもらい、よいジャズを教えてもらった。こういった文章の書き方だってそうだろう。女の子との付き合い方まで教えてもらったのかもしれない。もちろんあれはおとぎ話なので、そのまま真似るというわけにはいかないけれど、それでもいろんなものが僕の細胞にしみ込んでいる。そう思う。

初めて村上を読んだ十数年前、美味しいビールは彼の文章の中にあった。苦い煙草も、素敵なレコードも、美しい女性も、愉快な酒場も、人生の苦みも、そこにしかなかった。

その多くに今、僕は実際に触れてきたけど、中学生の頭の中でできあがったあのイメージ。あれは完全にリアルを超えていた。そして今でも僕の原風景の一つとして心の中に生きているはずだ。

村上春樹という作家の是非についてはまた別の話であるが、多大な影響を受けましたよというお話。

ちなみに『風の歌を聴け』の舞台は神戸であると容易に推測される。今日は用が済んだら神戸の街にしみじみ飲みに繰り出すとしましょ。

弟とだけど。これで素敵な女の子でもいれば言うことないのに。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。