モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いきなり生涯初舞台監督
さて、本日初日を迎えるピンク地底人プロデュース公演であるが、21日より小屋入りしている。チラシをお持ちの方は見て分かるとおり、この公演にはスタッフとして舞台監督が存在していない。この場合、基本的に舞台さんが監督を兼任するパターンがあるが、今回の舞台さんは寺澤哲くんが照明プランを兼ね持って担当している上、実際のタタキ部長・五藤七瑛嬢は監督を行うほどの余裕もなく、小屋入り二日前から急遽僕が、なんちゃって舞台監督をやることになり。

いっちゃなんだが舞台監督したことないし、そもそも舞台監督はホール事前にいろいろスタッフさんと意思の疎通を図って、綿密に準備を進めて…という役職なので、十分な働きなどできるわけでもないけれど。タイムキーパーと賑やかし以上の意味を持たないダメ舞台監督ぶりを初日から発揮。そもそもロクに指示すら飛ばせてないし。なんたって、工具がどれだけあって、材木がどれだけ、どこにあるかもうろ覚えというあまりにあまりな状態なのである。

順調に舞台建て込みは3時間押しという悲惨な結果。

だがしかし、僕というよりむしろ、演出・林家くんのがんばりと、皆さんの努力のおかげで、前日までにゲネプロまで済ませることができた。見事な巻き返しである。

巻き返せてなかったら、こんな内輪の不安要素をさらしたりはしないのだけど、おかげさまで万全の体制で初日を迎えることができそうだ。

僕は劇作家としての林家くんの才能を疑っていないので、今回の舞台は自信を持ってお勧めできると思っている。是非新しい才能を見に人間座まで足を運んでいただければと思っている。

あと、川渕は役者の新境地に挑戦させていただいている。多分、今までやった中で一番静かな役。しかもやたらかっこいい。ダメさ加減さえかっこいい。そんな役。役に負けないように頑張ります。

フリーになってからこちら、本当にいろいろな使い方をしていただいているなあ。こういうのって、役者としてはとても嬉しいことなんですよねえ。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。