モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



あんこ椿第二回公演『あなたがわかったと言うまで』
anataga_omote.jpg anataga_ura.jpg
(画像をクリックすると拡大します)
作製年月:2006年2月
サイズ:ポストカードサイズ(A6)
クライアント:あんこ椿

演劇ユニット・あんこ椿から前回に続いて依頼をいただく。
今回はちゃんと先に台本をいただいて。押しかけものの
ブラックなシチュエーションコメディである。

クライアント側からは引き続いて、あまり芝居の
宣伝美術くさくない、街中のカフェなどに置いていて
しっくりくるデザインにすることをまず優先して欲しいと
いう要望が出された。

ただ、やっぱり脚本の持つ硬質でありながら生々しい
世界観はどうしても表現のうちに入れたくて、
じゃあ印象に合うテキスタイル(主に布・生地の分野で
用いられる文様・反復的デザイン)を引っ張ってこようと。

ネットやら京都市内のインテリアショップやらを
漁った結果、かなりシンプルなテキスタイルに
落ち着く。そこに台本の筋にも関係してくるが、
林檎とフルーツナイフのモチーフを掛け合わる
ことを思いつき、このようになった。

なんだかふんわりした色調なのだが、フルーツナイフが
なんともどぎつい印象をプラスしていて、いい具合の
悪さ、というか刺激感が出ているのではなかろうか。

あとからクライアントに指摘されて気付いたのだが、
林檎の赤が血を想起させる。思えば僕はこの色が
大好きだ。

あと、今回はコピーライトが賛否両論だったようで。
ちょっとあざとすぎたかもしれないなあ。

公演本番は2006年4月末。遊劇体の大熊ねこさんが
演出なさるということでそれがまず楽しみ。
そして前回からお世話になっている小泉佳也嬢と、
僕の学生劇団時代の後輩(実は年は同じ)の辻井直幸君が
出演している。楽しみである。
(2006.3.9)
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

ひな祭りの日はどうも。
お父さまが倫理の先生らしいですね。
川渕さんは16日生まれですか?
私は今、花頭窓のある部屋にいます。
なかなかかわいいデザインをされるのですね。
では、またお会いできる日を楽しみにしています。

【2006/03/09 21:23】 URL | 末端価格で七億 #- [ 編集]


そのハンドルネーム分かりにくいなあ。
けどひねりが効いてて好きです。
マリファナ子さんてこれからお呼びしましょか。

ちなみに僕は3日生まれですが。何故に16日だと
思われたのでしょう?

そうそう。親父は歴史も教えてました。あすこにいた
ようこさんも教えてたらしいです。

またどこかでお会いしましょう。
季節の変わり目、お体には気をつけて。
ではでは。

【2006/03/09 23:04】 URL | 川渕 #- [ 編集]


くやすいなあ

おれにはつくれんっ!

君のデザインは!

独自の道をいっとるなあ
ウラヤマシス!!


【2006/04/13 23:08】 URL | ほりかわ #- [ 編集]


いやいやっ!逆に僕には堀川さんの味は出せないです。
映画調のビラもさることながら、最近のトリコAさんの
お仕事や『インディアン・ポーカー』のお仕事のような
可愛らしいタッチのビラは、憧れます。また写真という
僕にはない武器がありますものね。

最近ある程度数をこなす、というか締め切りに余裕がない
ケースが増えてきて、ネタの枯渇がそう遠くない気がしてきました。
ここからが本当の勝負ですわ…

【2006/04/13 23:16】 URL | 川渕 #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。