モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



凹む
なんだか昨日までのここ数日、へこむ事が多かった。
けども気を取り直してがんばっていこうと思っている
そんな朝です。

去る5日、中野劇団さんの顔合わせ・初稽古・そして打ち入り。

朝11時前に集合し、某大学の教室を借り切って
18時まで稽古。

中野劇団は社会人劇団である。就職はもちろんのこと、
中には家庭をお持ちの方もいらっしゃる。

そんなわけで稽古は原則的には週1回~2回。
週末を稽古にあてる。その分一回の稽古時間が
長いが、それでも本番である5月14日まで、
稽古は12回ほどしかない。

一回一回の稽古が重要、というか、
稽古毎に演技を進化させていかなければ、とても
おっつかない(毎日稽古であったとしても、
そうあるべきなのだが)。そういう意味では、
平日をどう過ごしてきたかが問われる稽古に
なる。

代表であり作家であり演出である中野守さんの
演出が厳しいことは、僕の周辺筋で有名で、
いささか緊張。とくに笑いに対するこだわりは
相当のものと聞く。

稽古初日はキャスティングも兼ねて、
台本を持ち回りで読みまくる。
昼下がりからは早速台本片手に
立って稽古をやり出す。

さすがに初日はキャスティングもまだ決まっていない
状況であり、終始和やかに稽古が進む。

心理的に筋は通っているけれど、とにかく僕の芝居は
見世物になっていない。そのときも、昨日のプレイ
イングステージさんのワークショップでも同じ駄目を
出された。

舞台の上で、台本に沿って不自然でなく振舞う
だけでは駄目なのだ。それによって、どれだけ
お客さんをエンターテインするか。それが役者と
いう者の全てである。当たり前のことだが
それが全くできない自分。情けなや。
これでは役者以前の問題である。

ワークショップでも中野劇団の台本でも、
二人芝居がネックになっている。他に舞台を
牽引する人がいて、それに乗っかっている
ようなやり方ではとても二人芝居において
観客をまきこむことはできない。

若干へこんだけどまだまだ。

どちらの稽古にも新人の気持ちで
くらいついていきたい。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。