モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



低空飛行
もうこんなんだったら書かない方がマシみたいな
文章を新年入ってから書き連ねています。
もうちょっと愉快な文章が書きたいものですね。

芝居は極めて愉快に取り組んでいる。
『桜ジェット』。すごく気分転換になる稽古場。
とにかく動いて、セリフをだだっと喋って、
互いのシーンに大笑いして。

ピンク地底人プロデュースと酔眠薬の稽古も
実は開始されていたりする。なんとか
合間をぬって顔くらい出したいのだが…
どちらにせよ春の芝居ライフは充実している感じで。

反面。

やはり深夜のアルバイトが辛い。真夜中に
一人で働いていると、己の中にある暗く
もやもやとしたものが頭をもたげてきて
僕は頭からそいつにぱっくりと食われて
しまう。働いているどころではない。
動けなくなったら本棚からビジネス書なり
アンアンなり前向きな気分になれそうな
本を取り出し、動けるようになるまで読む。
前向きな言葉というのは、読んでみると
なるほど一定の効果をあらわすものなのだ。

日が昇り始めるとヤツはどこかにすうっと
消え去り、そして僕は残りに残った仕事を
やっと片付け始めるという寸法である。

ああ、早く元通りの生活になったらいいのだけど。
ずっとこんな状態のままだったらと思うと
恐ろしい。春になっても危ないようなら病院に
行った方がいいんじゃないか。

夢をたくさん見る。眠りが浅い証拠だ。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。