モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スッタフスッタフ駆け回りなさい
スッタフ

この誤字をよく見る。2ヶ月に一度はどっかの
WEBだの、まれにビラだのパンフだので発見してしまう。
もう見慣れて驚きも笑いもしない。

sutahhu、あるいはsutaffuとタイピングすべきところを
suttahu、suttafuと打ってしまったというわけだ。
急いでいると、どの子音(sだのtだの)を二重打ちするかを
指のリズムの加減で間違ってしまうことは、ままあるものだ。
「すっとこどっこい」が「すとっこ」だったり、ひどいと
「っどこい」になったりする。後者などもう発音することさえ
難しい。

おまけにその後、F7キーなどでカタカナ変換をする。これが
始末が悪い。普通、「困った」と打つ際に誤って「こっまた」と
打ってしまうことがあっても、変換できないことで
これに気付く。しかしカタカナ変換なら一応変換は
されたわけであるから、目の端でチラと見ただけで納得して
しまうのだろう。カタカナ特有の線の少なさが誤りを
気付きにくくさせる一因でもあるように思える。

それはともかくこの「スッタフ」。
なんか響きが良くないだろうか。口に出して10度唱えると、
なんだか心が軽くなるようだ。地に足がついてない
感じを覚える。

ペーターは足取りも軽く、スッタフスッタフ野山を
かけまわりました。

いいじゃないか。僕の身の回りから流行らせよう。
スッタフスッタフ。

※この記事を書いてる最中もっとも面白かった誤字変換。
「にゅあんす」を誤って「にゅあん」で変換してしまう。
すると「乳案」となった。「にゅ」で「乳」になるとは
知らなかった。勉強になった。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

乳で案じても、なんにもイイコトなさそうですな。
リンクありがとうございます。

【2006/03/03 14:19】 URL | タッケゾエ #- [ 編集]


いえいえ。
またどうぞよろしくお願いいたします。

【2006/03/06 05:44】 URL | 川渕 #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。