モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



流行と、ミラノあるいはパリの地下宮殿について
最近毎日ブログをつけているが、実は12日から
ある程度書き溜めたものを一日ごとに公開して
いるのだ。だからこれも、先取りして15日夕方に
書いている。

お父さんお母さん、ブログ書いてます。
僕はすっかり元気です。

お父さんお母さんは僕のブログは勿論読んで
ないけど。

◆ ◆ ◆

誰が言ったか忘れたが、印象的な言葉があって。
作家さんだったかが何かに書いてたものだけど。

「どうでもいいことは流行りにのっかっていればよい。
自分がこだわりたいものの流行りにはのってはいけない」

正確ではないが、そんな大意だった。かっこいいね。

僕の中では服飾などは基本的に大したことではないので
あって、したがって流行にのってみようと思うのだが、
流行にのるにも大いにお金と体力を使う。

しかしまあ流行のベースラインくらいは知っておこうと
ウインドウショッピングのつもりでファッション誌を
買う。まあよく読んでるのは結局メインコンテンツより
おまけ的な映画やCDのレビュー記事だったり、星占い
だったりするわけだけど。

今年の冬はミリタリー由来のファッションとアウトドア
ファッションが流行りらしい。どちらも機能性ありきの
無骨な分野の服だが、これを小さめ、細めのサイズで
きれいめに着るのが「気分」らしい。

ファッション誌には最近よく「気分」という言葉が
出てくる。「○○に××をあえて合わすのが気分ですね」
みたいな感じに。その通り流行というものはまさに人間の
気分のごとくうつろうものだからたまらない。

ボトムスは激細のスキニータイプが流行りだが、
あれはブーツと合わせるのが前提であって、ブーツを
脱いで畳に上がったりすると結構貧相になるのが
つらいところである。第一僕はブーツなど持ってないので
結局流行りにのるのは諦めて、フレアーパンツやら
ブーツカットで毎日過ごしているけれど。

春は一転、ゆったりめのものが流行りだすと書いて
あった。ご丁寧に先の先まで流行するものは
決まっているのだ。

では、果たして誰が服飾の流行を決めているのだ。

流行の色は2年分くらいを先取りして決められている。
そういう機関があると聞いたことがある。
ファッションも似たようなものなのだろう。

流行を決めている人たちって、どんな人たちなんだろう。
絶対にまっとうな神経の人間じゃない。


きっとミラノだかパリだかの地下に掘られたシェルターの
ごとき地下大宮殿みたいなところで、老人が7、8人、
ある者は愛猫をくすぐりながら、あるものは金髪美女を
抱きながら、またあるものは一般人にはとても手に入ら
ないような極上のスコッチと極上の葉巻を楽しみながら、
または我々が思いもつかないような悪趣味な楽しみに
興じながら(彼らはもうこの世に存在するあらゆる
刺激的な遊びを楽しみ尽くしてしまったのだ)、

「愚民どもの楽しみは全て我々が作っておるのだ」

などと思い上がったことをフォホホとぬかし毎夜
ぼそぼそと会議を行う。勿論燭台の並んだ円卓を囲みながら。
きっと彼らの前にはブッシュ氏だろうが安倍氏だろうが
台所のネズミも同然なのだ。そう、世界を動かしているのは
彼らなのである。


そこまで僕は妄想して、手元の雑誌をぱたりと閉じる。
ちょっとメンズノンノ一冊からそこまで愉快に空想できる
人はそうはいるまいて。ていうかくだらない空想している
ヒマがあったら今日のコーディネイトを考えろ、と。

勝手に得意になってピチカートの『戦争は終わった』を
口笛で吹きつつ今日も稽古場に向かう。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。