モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



IRMA COCKTAIL LOUNGE & DISCO
irma3.jpg

近くのビデオインアメリカで発掘。
基本的に僕が聞くラウンジ系ハウスやギターポップ、
ボッサ・ジャズCDの品揃えは悪い店であるが、
たまにすごいものが見つかる。それも日本もの
コンピレーションのコーナーに埋もれてるから
油断がならない。

日本人DJのセレクトによるコンピだから
日本もののコーナーに入れたんだろうが、
入ってる曲は全て外国曲なのだから、
普通ダンスコンピのコーナーに入れれば正解
なのだ。しかしここのダンスコンピコーナーは
ユーロビートやトランス系など、分かりやすい
ものしか入ってないので、店員さんも
このCDの置き所に相当困ったものだと思われる。

イタリア最大のラウンジミュージックレーベル・
IRMA(イルマ)の所有の膨大な音源の中から、
日本人のDJ・コンポーザー・アレンジャーである
FANTASTIC PLASTIC MACHINEこと田中知之が
セレクトしたシリーズの第三弾にあたるCD。

久々に大当たりの一枚。

しばらく打ち込みモノは部屋で聞くには疲れるので
どんどんアコースティックな方向に行っていたが、
久々に和んで踊れる打ち込みモノを見つけた感じだ。

しかしイタリアという国はまことにこう何というか、
何をさせてもいかがわしい。いい意味でね。

いうまでもなくルネサンス期は世界の芸術の中心だった
国だが、近代以降ではこだわりなく様々な国の
文化を受け入れ、独自に解釈して逆に世界中に
輸出しかえすことがすっかり得意な国になってしまった。

そこから映画においては、
ドキュメントモノの大虐殺映画(ほとんどやらせ
なんだけどね)やらマカロニウエスタンやら、
ゾンビ映画やら、おもにエログロ方面で大活躍な
イタリア。しかもラテン野郎の血からか、
どれも明るい笑いが底流にあると。

もちろんオサレ楽曲ばかりなんだが、
オサレであることといかがわしいことは
実は表裏一体であり、それは
元pizzicato five・小西康陽氏の仕事を
引っ張り出すのが一番分かってもらいやすい
だろう。

イタリア独特のいかがわしいオサレセンスが
凝縮された一枚。食あたりを起こす方も
いらっしゃろうが、ゲテモノオサレ人は
必聴の一枚である。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。