モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



エパトスさんこんにちは
お昼に観たお芝居は立命芸術劇場さんだったのだが、
なんだか筋が生々しく感じられる内容で、かえって
精神がふさぎこんだりしたのだが、それはまた、
お芝居が良かったことの裏返しでもあるのでしょう。
まさに秋のお芝居だった。

とりあえず『こころ』を買って、再読しようと思う。

さて。

今度の役が、エパトスという人なのだ。

今回の『ASSASSIN』というお芝居、現在も火ノ鳥君が
執筆途中であり、またこのエパトスという人が、
全登場人物の中で登場順が最も遅い役であるので、
最近までセリフが与えられてなかったのだけど。

やっと出た。それもいきなりどばっと。

もちろんどんな役割の人物かは事前に聞かされていたの
だけれど、やっぱり具体的にセリフがないと判然と
しないわけで。待ちに待ったセリフである。

これから2ヶ月弱、エパトスさんになるべく
頑張ることになります。まだほぼワンシーンのみしか
台本が出てないのだけど、なんかね、好きになれそう。
エパトスさん。

なんかね。もう。がんばる。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。