モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



バイオリズムと戦いつづける
人の精神状態は乱高下を繰り返しつづけるけれど、
それでも人は毎日毎日ちゃんと働いてるし、
愛想も振りまけるし、筋トレだってやっちゃうし、
発声だってやっちゃうし、ようするに普段通りでき
ちゃうわけだ。

そりゃ明らかに不安定な人もいるけれど、
大抵の人はできてる。

ある人は、友人にすさまじい愚痴を浴びせることに
よって精神のバランスを保っているといい、
ある人は、他の仕事をすることによって、煮詰まってる
仕事のストレスを発散しているという。
人に聴くまでもなく、ビジネス書やらアンアンやらを
読めばたくさんの精神のバランスのとり方が書いてある。

でもねえ。

どうしようもないときは、どうしようもないのですよ。
では、どうしようもない時に人はどのように
その波から退避すべきなのか?

最低限の仕事をこなしてあとはひたすら眠りつづけるか。
それとも仕事に頭までどっぷり浸かって何もかも
忘れてしまうか。少なくとも酒ではいけない。
ストレス発散目的での大量飲酒は状況を悪くする
ばかりなのである。

とまあこんなことを書いているが、こんなことが書けて
いるならば、特段調子が悪いというわけでもない。
でも生きてる限りバイオリズムに左右されてる
人生って、しんどいよなあとうんざりした気分になる。

あ、いい芝居を見たり、いい音楽に出会うって、
そういうのにとても有効だったりする。
ちょっと前に見たWANDERING PARTYさんの
『レオナール・F』はとっても良かった。

今日もお芝居を観に行く。大いに楽しみ。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。