モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ハチクロを読み始めた
『ハチミツとクローバー』を今さらながら読む。
まだ4巻途中までなんですけれど。

もうね。なんちゅうかね。

甘い。そして苦い。こたえますね。実に。

おかげさまでここ二日、最高にセンチメンタルな
気分だ。

ネタは若干うすた京介の影響も見えるが、
うまく消化されていて実に読みやすい。
というかぐいぐい読ませる軽快さがある。
でも読後感はシンプルにほろ苦くて。

途中まで読んだところ真山-鉄人山田-
野宮のラインがやっぱり気になるセンでは
ある。

 恋をすると女の子は
 キレイになるっていうけれど
 ダメだな
 男はカッコ悪くなるばかり

いいセリフだ。別段すごいわけでもないというか、
まあベタなセリフではあろうが。でもいい。
ベタさをものともさせぬシンプルな画風と展開が。

憧れるなあ真山さん。あんな男に僕はなりたいですよ。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

はぁっ!!…戦慄が走った。
川渕さん、意外にもロマンチストなんですね。。。
会話の中で突然、遠い目をしてそんなこと言われたら、ワタクシは大いに困惑してしまいます。
関西弁なら大丈夫なのかもしれません。
「…アカンなぁ。男はカッコ悪くなるばっかりや」
・・・いや、これもどうだろう。

【2006/11/03 16:46】 URL | タケゾエ #- [ 編集]


一応、このセリフは真山という男の独白です。
片思いの女性の住んでるマンションの前までつい
足が向いちゃって、彼女の部屋の明かりが気になって
しまって、これじゃプチストーカーだと反省して、
そこで一言。的な。

女性に面と向かってはなかなか言えないだろうねえ。

…僕がロマンチスト?

いやいや。

男はみんなロマンチストなのです。

【2006/11/03 19:15】 URL | かわぶち #- [ 編集]


 はちくろデビューおめでとうございます(笑)
 うちも大好きですよーーー!!
 真山切ない!しかしあのダメポな感じが好きだし鉄人山田がなんとも…切ない!切ないよぉ(´□`;)
 

【2006/11/04 00:51】 URL | フカザワです☆ #- [ 編集]


みんなだめぽなんだけど、
だめぽなりに頑張っている姿に涙。

鉄人さんの浴衣の下りはすごいですね。
もう涙で前が見えません。

続きが楽しみでがす。

【2006/11/04 01:27】 URL | かわぶち #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。