モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本番前に役者は何をしているのか?
なんだかモノを書こうという気分になってくると、
日記風でない記事を書きたくなってくるのである。
なので、取りとめのないことを書いてるときほど、
僕は調子が良いと思ってもらえればいい。
概してブログを書かない時期、僕は弱っている。

さて、本番直前、役者は何をやっているのだろう。

基本的に開演1時間半ないし2時間前に、役者は
休憩兼本番準備の時間を与えられる。その間に
自分の使用(担当)する小道具・衣装を舞台裏に
仕込み、メイク・衣装など身支度をし、
開場・開演に備えるわけである。

開場の少し前(15分前が多い)、一度舞台上に
全員集結し、欠員がいないか、衣装小道具の仕込み
忘れはないかの確認を行うとともに、「気合入れ」と
称する儀式を執り行う。何の事はない、
「ファイトー」→「オー」みたいなことをやるわけだ。
楽日など感極まってその場で抱き合うヤツなども
たまに現れる。

本番前、役者の多くは歯を磨く。口をすっきりさせて
ないと気持ち悪いという人もいるし、共演者を
口の匂いでげんなりさせたくないという人もいる。
僕は時間に余裕があるときだけ歯を磨く。うがいは
必ずやる。

本番前に食事をとるか。これは大きく意見が分かれる
ところだ。「ゼリー食しか喉を通らん」という人もいれば
がっつりカップ麺を食す人もいる。僕の場合はこれは
体調次第、現場次第。『タイタス』の時は梅澤さんと
スーパーカップ食べてたなあ。
カロリー不足で頭も身体も動きが鈍いというのでは困るが
ピリピリしてる時にモノをお腹に入れて調子を崩すのも
困りものだ。微妙なものである。

いよいよ開場という段になると役者は楽屋、或いは
舞台裏に息を潜めて開演を待つ。

待ち方は本当に人それぞれである。

小劇場だといっても本番前・最中の役者の心理というのは、
やはり微妙なもので、テンションが上がりすぎているのも
よろしくないし、逆もまたよろしくない。緊張しすぎて
ガチガチということもあるし、逆に本番が始まる実感が
いまいち沸かないままに開演してしまった、なんてことも
ままある。もちろんどちらも良い状態ではない。
心地よい緊張感と高揚感を程よく感じられる、
リラックスしているが糸が一本ピンと張ったような
精神状態、これが理想だろう。

そこにもっていくために役者はそれぞれいろんなことをやる。

・とにかく煙草を吹かす人(楽屋喫煙可の劇場のみ)
・台本とじっとにらめっこする人
・座ってずっと空の一点を見つめてる人
・こそこそとバカ話をやる人々
・舞台裏に開場直後からスタンバイし、入ってくる観客の
 様子に耳をそばだてる人
・ひたすら身体を動かし、あっためる人。
・共演者に握手を求めて回る人(自然と相互に握手を交わす
 現場も多い)
・ヘッドフォンステレオでずっと音楽を聞く人

面白かったのは、
・ヘッドフォンステレオで必ずキング牧師の演説を聞く人
・逆立ちする人
・眠る人(正確には寝てないらしいが眠ってるように
 しかみえない)
・酒をやる人(もちろん多くの現場ではやりません)
・薬飲む人(駄目な薬ね。昔むかしの話)

僕は一人になれる空間があるならば、お祈りをやる。
僕はカトリック教徒であるが、教会にも行かないし、
日常そういったことはやらない。
だけど本番前だけはやってしまう。
十字を切って、文句を口に出して唱え、また十字を切って
〆ると言う手順を踏む、この手順をちゃんと踏むという
ことが重要なのである。

大学の頃からの習わしであるが欠かせるとロクなことが
ない場合が実際に多い。あと祈りの文句をかむと
またロクなことがない。そうなってくるとやらないと
いけないという感じになってくるのである。

本番前の舞台裏というのはなんとも劇的なものだ。
神聖な雰囲気だと形容する人もいる。
本番やってるときより刺激的だという人もいる。
僕もあの空気は大好きだ。客席が満杯ならなお良い。
客席のざわめきと息を潜める役者達。
期待と不安。高揚感と緊張感。連帯感と孤独感。
それらがごった煮になった濃密な空気。
打ち上げの酒と同様、この空気に中毒性がある。

あなたが客席に座った時、その数m前方の舞台裏に、そんな
不思議な世界が広がっていることを、ちょっと想像すると
面白い。かもしれない。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。