モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



タイタス・アンドロニカスを終えて。
僕そんなに悪い人じゃないですよ?
ほら、ラヴィニア(よこえ)ともこんなに仲良しさん。
髪つかんでるけど気にしない気にしない。
yokoe.jpg

撮影は寺本奈央ちゃん。彼女のブログから転載しました。
『タイタス』のオフショット満載なので是非どうぞ。

『タイタス・アンドロニカス』が終わった。
3週間強伸ばした髭も昨日そり落とした。
そり落としたら「終わったなあ」としみじみ
実感できた。

前回出演の笑の内閣に比べ、年上の方が多いこの舞台、
勉強させてもらおうと思って取り組んだが。

なんたって一番意識した役者さんは梅澤諭史さんだろう。
言うまでもなくショウダウン時代の仲間であり、バカ仲間。
今回はカイロンとディミートリアスの悪人コンビを組んだ。

初期の頃から演出・小早川氏からは「梅澤さんの芝居とコント
ラストをつけろ」と指示があり、パッション全開な彼の芝居から
離れよう離れようとがんばったのだ。言っておくと、彼の芝居と
同じ路線を二人で行くのは実は簡単だ。僕と彼は根本的に
似ているから。で、敢えて離れてみようと。

すると。身動きが取れなくなってしまった。見事なまでに。
絶えず緊張している梅澤さんの身体に対照させ、脱力感を
出そうとしてたのだけど、肝心なところで身体を緊張させる
ことができない。結果、「何もできてない」シーンが多く
なった。ホールに入ってそれに気付き、「しまった」と
思えば時すでに遅し、そのまま公演は終了。
うう。くやしい。

アンケートにはやはり小早川音響に対する意見多数。
演出・音響である小早川氏は僕の第三劇場時代の
先輩であり、プロフェッショナルの音響スタッフである。
彼が音ネタにJ-POPを確信犯的に使用しだしたのはまだ僕が
学生の頃だったろうか。

今回は全編に超有名どころを配置した思い切った選曲と
なっていた。浜崎あゆみ→ミスチルのつなぎなどは
もうえげつないコンボといってよいだろう。

ワンパの中村健氏は打ち上げで言っていたのは。
「まだまだ僕らに勢いが足りなかったのだろう。コブ
(小早川)の音響を役者が『アリだな』と思わせなきゃ
いけなかった」との言葉。

演劇の音響にJ-POPは確かに邪道である。人によって
思い入れが異なるし、セリフを聞きづらくしてしまう。
だが、それを超えて「タイタスの音」としてあれらの曲を
プレゼンできる芝居を展開できてこそ、役者ではなかろうか。
そう思っている。

シェイクスピアの中で最も残酷なホンとして有名な
『タイタス』だが、小早川演出はそのホンを極力異化・
寓意化・記号化して「嘘っぱち感」を強調することで
臭みを抜いた。野球というアイテムがそうであり、
音響もそうである。スーツvsツナギというのもホワイト
カラーvsブルーカラーの構図を思わせるが、おそらくそう
いう階級闘争的な考えよりもむしろ記号化の末の結論
だったのだろう。

シェイクスピアはもはや古典芸能の領域に入る芝居だ。
歌舞伎や浄瑠璃ほどでないが、ホンそのものを初見で把握
するのは難しい。だから観客にはある程度の予備知識が
要求されるものだと僕は思っている。でなければ、演出を
楽しむことができないからだ。全ての演出がホンの説明に
心を砕けば、演出がホンを使って表現したい領域は
確実に減少してしまう。

しかし果たして今の時代、そういう、観客に手間を求める
芝居は受け入れられるのであろうか。アンケートを
読んでいて複雑な気分になった。インスタントなものを
求める声がやっぱり多くて。

結局、ちゃんと勉強できました。本当にこの公演を
紹介してくれたよこえとも子に感謝。

今日からは劇団HOMURAの稽古に合流。貧乏ヒマなし、
結構なことである。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

お疲れ様でした!(今さらですかね)
土曜の昼にお邪魔しましたよ。

あらすじだけおってから観にいってみました。
・・・今まで私が観たシェークスピアの中で
一番わかりよかったです。
意外にシェークスピアの話って
おバカ(失礼)とか思っちゃったし。


タモーラ・カイロンとディミートリアスが
気がふれたタイタスに会いに行くシーンで
ごまかすべく焚き火にあたってた姿が
印象的。
そのあとは豚マンの具になってたね。
形を変えてラストまで登場!
おいしいね!
豚マンは食えたもんじゃないけどさ!!


ウチは今週末だよ・・・
 『神様のレシピ』
The Playing Stage Works
アトリエ劇研
★公演日時★
  10月20日(金)19時
    21日(土)15時/19時
   22日(日)13時/17時

よかったら観に来て遅れやス。

【2006/10/18 14:41】 URL | タムラ。 #- [ 編集]


楽しく拝見できましたよ、人生初のシェイクスピア。
あなたの外道ぶり、良かったわ(笑)

HPにも書いたけど、いい役者さんが揃ってた、
ほんまそんな感想やねぇ。
そういや、私もアンケートに音響の話を書きましたわ(^^;

次はHOMURAですね。
Cモンさんもお出になることやし、めちゃめちゃ
楽しみにしてますわよー。
稽古頑張れ!!

【2006/10/19 06:54】 URL | persimmon #- [ 編集]


>タムタム。
本番前のクソ忙しいときにどうも有難う。
もうそちらは本番ですな。何とか観にいきます。
とくに『タイタス』というホンは悲劇的要素が
あまりに度を越えちゃってて、僕もこれは
喜劇とはいかないまでも笑えるよなあと
思ってました。特に「誰の手を切る」といって
タイタスと弟と息子がケンカした挙句、
タイタスが手を切り、その手を首と共に
つき返されるくだり。なんかもう、人間って
かわいいなあ、アホやなあという気分に
なってくるです。
焚き火の演出は初日後にホールでつきました。
ホールに入ってから仰天演出が増えて
焦りましたよ。

>persimmonさん。
絡んだことなかったけど面白い役者さんが
たくさん知れて、本当にいい機会でした。
ホント、シェイクスピアは演出次第なので
これからもいろいろ見てもらえればと
思います。映画『タイタス』はオススメ
だよ。なんとアンソニー・ホプキンスが
タイタス役をやっている映画。
超斬新な演出。あとカイロンとディミーが
イケメンすぎ(笑)。あとやっぱりニナガワ
氏のも面白いらしいね。

HOMURA、頑張るよ!またよろしく!

【2006/10/19 18:12】 URL | かわぶち #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。