モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今日の出来がどうこうでなく。

ただ単純に、なんて自分は芝居ができないのだろうと打ちひしがれた夜だった。

感覚のスキルだ。全然足りない。明日どうしようという問題ではない。能力がまだまだ。

今出来る全力をやる。これは勿論なので、むしろ伸びしろを見つけたと喜んでおくとする。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

お疲れ様です☆

初日見さして頂きましたよー。
んー。
伸びしろ…、身体全体で発声して声を全方向に放散することかな。
まだまだいけますぜ!おいきなさい!

【2006/10/13 17:49】 URL | Cモン #- [ 編集]


どもども。
金曜日観に行きました。

何かね、大変そうでしたね。

ネクタイはとても痛そうでした。
食い込んでましたね。
前田君、縛り過ぎ、とか思いながら観てました。
暴れてらっしゃるのでお怪我などされません様。

【2006/10/14 00:40】 URL | いこま。 #- [ 編集]


>Cモンさん。
つまりは「いかに自分が他人の演技を
受けられないか」ということに思い
至ったのです。インプットの回路の
狭さです。

発声もそうですよね。
目標が見えにくくなる発声練習ですが、
まだまだ自分の声はよくなるはず。
がんばらなきゃ。

>いこまさん。
有難うございました!
そう。大変ですね。参加者みんなが
感じてることだと思います。

なんだか今回は自分の至らなさに
気付くことが多いです。
だからこそあと3ステージ、しっかり
つとめて、克服すべきものは克服しなきゃ。
すぐにできないことは次の舞台に
活かさなきゃと強く思います。

ネクタイはね、実はそれほど、なんですよ。
しっかりいいテンションのところで
噛んでますので。むしろ濡れたネクタイを
何度も装着せねばならない前田くんが
お気の毒。

ケガは怖いですねえ。今回も危ない箇所が
いくつかあるので気をつけてまいります。

【2006/10/14 03:24】 URL | かわぶち #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。