モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



タイタス初日
本日19時からいよいよ『タイタス・アンドロニカス』の
幕があく。なんか早起きしてしまった。

今から13時間後に本番と考えると、一日のバイオリズム
から考えるともう一眠りした方がいいんだろうが、
なんか寝坊が怖いのと、やけに目がさえるので、
布団に入ることもせず、こうしてPCに向かっている。

昨日は午後にホール入り。場当たり稽古の準備までは
役者はゆっくり休んでくれとの舞台監督のお達し。
役者が役者に専念させてもらえるホールって
とても贅沢。もちろん舞台設営はやるんだけど。
クセになりそうです。そんな現場はそんなにはないが。

舞台監督・浜村修司さんは役者のことを「俳優さん」と
呼ぶ。普通なら「役者さん」と呼称するものだが、
「俳優」などと呼ばれると、なんだかくすぐったい反面
プロフェッショナルっぽい気分に浸れるなあ。
気分大事ですよ。まあ実際にいい仕事をせんとね。

全くの蛇足ながら「俳優」は"actor"の訳語であるが
漢字の成り立ちが面白い。「俳」も「優」も
なぜ"actor"の訳語として当てられたのかさっぱり分から
ない。俳句と関係があるのか?「役者」だったら
「役を演じる者」で意味が明快なのだけど。

場当たり稽古(兼きっかけ稽古)は、舞台に
ちょっとややこしい、というか危ない仕掛けが
あったり、衣装小道具が直前に上がってきたりで
段取りあわせに苦しみ難航。

本日に持ち越し、今日お昼のゲネプロ(リハ)に
そなえる。

ホールアウト後、ヤバいシーンが一つあるので、
市役所前で打ち合わせ的に稽古。何とかなったか?

今回は美術がすごい。特に舞台がもう。
悪い芝居(劇団名ですよ)の東野麻美さんが
担当だけど、本当すげえなと驚嘆。
役者も舞台負けしないよう頑張ります。

では、いつものように暫くブログがお休みに
なるかもしれません。

書くかもしれませんけども。

皆さま、会場でお会いしましょう。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

楽しみにしておりまする。
しかし。
今回知り合いが多くてですね、
誰のチケットで行こうか悩むところなのですが。

こういう時はワタクシ
レディーファースト
にさせていただいております。。

あしからず★

【2006/10/12 10:08】 URL | 源氏 #Gu/a/ty. [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。