モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ちっく参戦。
先日『タイタス』のキャストとしてこちらで発表した
クールキャッツくんだが、諸事情により出演できない
かもしれないことに。確定したらまたお伝えします。

また別の役で引っ張られてきた男の子が一人。

これまた内閣でご一緒した、ちっく君。

そしてまたいきなり稽古場にやってきたから
びっくりした。

結構小さい役だけど。僕の役にとっては
とっても大事な役なので。というか僕の兄役なので。

大歓迎。ブラボウ。

「一度アートコンプレックスに立ってみたかったので」

と彼。そうだよな。やっぱり学生劇団の人から
言えば、アートコンプレックスって、一種憧れの
舞台で。ショウダウン時代にホームグラウンドとして
使ってた僕にはその感覚がなくなっていた。
むしろマイナス面ばかりが気にかかっていた。
搬入出路狭い、楽屋も狭い、火気にうるさい…。

でもプーになってしまった僕にアートコンプレックスに
立てる機会ってこれからどれだけあるのか…。

感謝しながら次の舞台に立ちたいと、そう思いました。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

そうです。アーコンはまさに球児にとっての甲子園みたいなもんなんですよ。私も同じ感覚は劇研にもあって、紫はよく劇研使うんでありがたみわかってないんですけど、あそこも今日と演劇界にとっては憧れの地なんですよね。西部や吉田寮の24時間いれる居心地のよさも捨てがたいんですけど、私もアーコンたって見たいです。ただ、私は内閣でたつ日までとっておきたいですね。まあ、今までアーコンでやる劇団さんからオファーが来たけど断ったってことがないので負け惜しみにしかならなうえ、こんなこと書くとただでさえ少ないオファーを減らしてるじゃねえかってことになるんですけど

【2006/09/26 00:52】 URL | 総裁 #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。