モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



とるにたらぬ愚痴
なんかこの世の中も自分を含んだ人間も、難しいことやら
矛盾したことがいっぱいで。特に自分が矛盾している
ことは恐ろしい。

人間生きてりゃそんなことは、中学生だかのころに
みんなそれに気付いてて、大人になりながら
克服していくのだ。当たり前だ。

お酒を飲んだらそういうことって、すんなり自分の中で
納得できたりするんだけど、目を覚ませば元の木阿弥。
稽古してる間も他のことは考えないから実にいい。
そう考えると最近本当に芝居が好きになってきたんだなと
安心したりもする。

いかんなこれは。タイタス終わったら旅にでも出るか?
終わる頃にはまあけろりとしてるんだけど。きっと。

だから秋は嫌だ。

大人のツラをかぶっていても、いつまでたっても
大人にはなりきれないものだ。

もう本当に、いつまでたってもバカばかりで。
困った困った。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

 大人になるっていうのって何か人それぞれですよね。一般的にはお金も稼いで一人暮らしして自立すれば…って考えとか多いけど、別にそれが果たして本当に大人なのかともうちは思います。
 上手くいえないけど、ぶっちーさんはちゃんと人を優しく気遣いえるし”頑張ること”を知っているステキな人ですよ(^^)
 美味しいもの食べて元気だしましょう!
 だって秋だもの!

【2006/09/12 17:39】 URL | フカザワです☆ #- [ 編集]


いつも有難う。そうも誉められると
ちょっと嬉しいです。ええ単純ですとも。

僕が思う大人というのは、自分の抱える
問題に対して客観的で、場合によっては
それをほおっておいたり、要するに管理
できる人です。また、自分が管理できない
と踏んだなら、そういった状況に自分を
追い込まない人です。自己責任ですな。

そりゃあ誰だってそう上手くはやれません
けれども。

まあ考えてどうにもならないことは、
時間に任せるがよろしいかと思っています。

秋はなんといっても秋刀魚とビールですね。
栗も美味しい。あと梨ね。

【2006/09/12 23:19】 URL | かわぶち #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。