モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



プロレス芝居を振り返る
正直、今回の公演は書こうと思えば書くことが
多すぎて書ききれないくらいに、いろんなことが
あった公演だった。ので、逆にそんなに書かない。

というのも、なんか主観的な思い出ばかりになって
しまって、芝居を観てない人には、あまりに意味不明な
文章になってしまいそうなので。

嵯峨シモンさんのブログに多くのことが
書いてあるので参照して補完してくれれば
幸いだ。

色々なところで語っているのだが、僕はかつて
こんなにバカな芝居に出会ったことがない。
稽古中はそれほどバカでもないと思っていたのだが、
本番中にリアルタイムで芝居が大化けしていく
過程の中で、そう実感した。

演劇は観客を集めて初めて形をなすものだが、
ここまで観客に依存した芝居はそうはない。
観客に依存している以上、そのクオリティを
作り手側で保証するのが難しいからだと思う。

客席のない稽古場での作業は混迷と困難を
極め、誰もが不安の中で初日の幕上げを迎えた。

そして得られた結果に、僕はただ驚いている。
自分はそんなに自由度の高い芝居を
できるとは思ってなかったのだけれど。客席の
後押しのおかげでそれが成せた瞬間があったり。
久々にステージの上で遊びまわっている実感が
あったり。

一回一回のステージに、予期しない興奮が
あるステージであった。

最終ステージのカーテンコールなんぞもう
ひどいものでお客様を全員起立させて
「ハッスル」よろしく「ナイカク、ナイカク」などと
掛け声はさせるわ、その直後に抜き打ちで高間くんを
胴上げするわ。そうしながら多くの役者がガチで
うれし涙を流しているわ。ああお客さんひいてんだろう
なーと思ってたら意外にも笑顔でスタンディング
オベーション状態になってるわ。
(まあ、でもひいてたお客さんもいたんだろうなあ)

僕は諸事情で同大第三劇場時代、卒業公演を
打たなかったんだけど、それを今やっと取り返した気がする。
取り返してさらにお釣りがきたくらい。
もうすっかりあの頃と比べたらオッサンになって
しまったけど。後輩の家にこもってうだつの上がらない
演劇論やら、全然実用的でないセックス論やらを
交わしながら、安酒あおって椎名林檎の『無罪モラトリアム』
をBGMに麻雀ぶちまくってた日々がまざまざと蘇ってきた。
蘇ったついでにバラシを残しての西部講堂での打ち上げでは
久しぶりにバカになりきってやった。爽快だった。
(もう麻雀は打たないけれどもね)

逆にいつまでバカやってられるんだろうと、異様に
不安になる。いつも漠然と不安に思ってたことが
すごくはっきりしてきて、それが少し恐ろしい。
思えばこの公演の参加者の多くが大学上回生であり、
一年もすれば芝居から足を洗う見通しにあるわけで。
「僕らの分もバカやりつづけて下さい」とは
言われなかったけど。想像するとなかなか残酷な響きだ。

高間君に
「僕はアナタのようなバカな27歳になりたい。
だからアナタはバカな32歳でいてください」
と言われた。嬉しいことだ。ちょっと本気で嬉しい。

でもね。アナタのように涙もろい人は、バカな27歳に
なったら、涙がいくつあっても足りないよ。
強くなりなさい。とりあえずチミは。
バカな32歳になったら僕は幸せなのだろうか。あーあ。



ブログに公開するまでもない自慰的文章だ。
やれやれだ。たまには目をつぶってやってください。

かんぱーい。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

息子がお世話になりまして、ありがとうございました。
私のお隣のお兄さんは、(千秋楽)とても反応良く笑っていましたよ。v-22
これからどうしたら良いのか、親としてもわかりませんね。

【2006/08/31 21:17】 URL | nyankai #- [ 編集]


 本当にお疲れ様です。
 そうですね、本当バカな公演でした。
 バカをやりたいと思って参加してあんなバカできたんだから、悔いなんてものはそういう点ではありません。
 本当にいいお芝居をさせていただきました。それはぶっちーさんをはじめいいメンバーに会ったから実現できたと思います。
 ありがとうございます。
 PS:バカもいいですが花火はダメですよー

【2006/08/31 22:53】 URL | フカザワです☆ #- [ 編集]


>nyankaiさま。
おおっ。高間くんのお母様ですね。どうも
何かとお手伝いいただき、有難うございました。
彼はまだまだこれから頑張っていくことでしょう。
若いし、時間もまだまだあるのではないかと思います。

私のようにもう27も半ばになると、ますます
考えねばならないことが多くなってきました。

ブログを拝見して、なんだか胸がつまる想いです。
ここまで芝居にしがみついてきた私は、これから
どうしたものか…。

タイムリミットは近いです。


>ちかちゃん。
ホントいいメンツだったね。どいつもこいつも
素敵な大バカばっかりで。

ここに僕はこのお芝居で「お祭り」をやらかしたい
と書いたのだけど、やはり僕もそういう意味では
自分に及第点をつけてやりたいと思います。

花火?ああ、打ち上げで口にロケット花火くわえて
発射した件?ご心配に感謝しますが反省はしませーん。
だってバカチンだもの僕。ケラケラ。

【2006/09/01 09:49】 URL | かわぶち #- [ 編集]


へぇーっ、電撃ネットワークばりの荒業披露されたんですね?見たかったな!(笑)そうやって、いつまでもバカやっててくださいな!って、決して云えないですからねぇ?皆、それぞれ、将来設計のビジョンありますし、就職、結婚と大変ですからね?今の京都の小劇場演劇シーンで活躍されてる30前後の方々、学生演劇されてる頃から見知ってます。岐路にたち、葛藤されてる人もかなり多いでしょうね?何年か前、さる劇団に所属してた、ある女優さんが退団される時、別に相談されたわけじゃないけど、アドバイスはさせていただきました!自分は逆に、若い頃、食わず嫌いに嫌悪しシカトし続けた、この演劇というジャンルに30超え、ズッポリはまってしまったけど、知識情報スキルないから実践はできない?観客ファンに甘んじるのみしか術がない!スポーツ選手みたいに体力的限界には、そう極端に左右されない、歳取れば歳相応の味がだせるし、身辺状況の変化はあっても、一度この分野に関わった人は、なんらかの形で関わり続けてほしい!それほどまでに演劇って、素晴らしい!ある意味、スポーツ性もあるし、総合芸術の極致であるから・・・と、そんな彼女は、今も役者で頑張ってます! 長文失礼しました。

【2006/09/01 10:48】 URL | キムラ #- [ 編集]


 むきーーー!!!
 ぶっちーさんのあほーーー!!!

【2006/09/02 02:11】 URL | フカザワです☆ #- [ 編集]


>キムラさん。
いや自分など電撃ネットワークの皆さまには
程遠いです。ていうか、そこまでしたくは
ありません(笑)。

飲みの席ではとりあえず年長者からはじけて
みせて無礼講ムードを作るのが年長者の役割
かと。

というわけでパンツ一丁で西部講堂内を走り
回ってみました。爽快でした。

さて。

将来設計のビジョンあんまりないんですけどね(笑)。
ウェブの方の活動がむしろ進捗してる感じで。
少なくともコンビニ社員にはなりたくないですけど。

励ましのお言葉と受け取りました。
誠にありがとうございます。なんかキムラ
さんにそう言われると元気が出るなあ。
ずっと観ていただいてましたものね。

30までは全力疾走、そう決めて京都に
やってきました。その初志は貫徹したいと
思ってます。ただ手に別の職はつけとこうと
思ってますけど。

役者としては、フリーになって進みだした
いろんなことがあるので、まだ2年は
頑張りたいものです。そのとき僕が
どうなっているか。それ次第ですね~。


>ちかちゃん。
阿呆?大いに結構な響き。

しかしスピリタスで顔を燃やしたさる人の
話を聞いてみると笑えんなあ…。
笑えんけどやりたくなるのが人情でしょう。

笛ロケットを耳に突っ込んで発射したら
きっとホントにえらいことになるんだろうね。
さすがにそれは無理だな。
来週の打ち上げで酔っ払ったらやりかねんけど。
酔った自分は信じられない。
やりかけたら鴨川に突き落としてでも阻止して
いただければ幸い。です。

【2006/09/02 09:17】 URL | かわぶち #- [ 編集]


うん、もちろん激励メッセージのつもりです!(笑)そして、ここをご覧になった演劇関係者すべてにむかってのエールです!(檄)

【2006/09/02 10:21】 URL | キムラ #- [ 編集]


 わかりました!
 ぶっちーさんがそんなことをやりだしたら、フカザワも鴨川わたります!!(何故)

【2006/09/02 11:01】 URL | フカザワです☆ #- [ 編集]


こ、コメント数8?
きっと新記録だコレは。
コメント履歴読んでるだけでちょっと
読み物になるからすごい。

>キムラさん。
有難うございます!というわけでこれをたまたま
読んでいる演劇関係者の皆さんも一緒にがんばって
まいりましょう。

>ちかちゃん。
勝った!

よし言ったな。ではやってもらおう。間違いなく。
一抹の不安はあるが。君リアルにおぼれそうだし。

【2006/09/02 18:52】 URL | かわぶち #- [ 編集]


 それならもう2桁に乗せるしかないでしょう。早く書こうと思っていたのに、完全にタイミングを逸してしまった総裁です。新井・深沢・キャッツについてはすでにコメント済みだったのですが、本文読んで考えさせられるものがあってなかなかかけなかったのと、母に先こされたので今になってしまいました。

 これこそ何度も書いてますが、川渕さんがおっしゃってくれた「これほど馬鹿な芝居はないって」言葉は最高の褒め言葉でした。今回、私は練習中に役者の皆さんにとても不安にさせたと思います。私自身は、絶対に面白い、やりきればお客さんからこの反応が返ってくるという確信があったから楽観視していたかもしれないし、逆に本当に通用するのかと役者さん以上に一番不安だったのも事実です。だから、今この結果を「ほらみたことか」と思う反面、一番驚いているのも僕であったりと不思議な気分です。ただ、演劇人生という面で大先輩である川渕さんを驚かせたということに、企画者として誇りに思います。

 僕自身も若いとはいえ、リミットがあります。芝居と言うものにであったおかげでこれほどの楽しさを味わっているけれど、出会わなければ味あわなかった痛みを味わうかと思うと辛いです。だから、強くならないとならないんですね。馬鹿で居続けるために強くなりたいです。具体的にスピで顔を燃やすという強さはいらんけど。鴨川が楽しみで仕方ない。特に内閣史上初情勢閣僚で鴨川を渡るちかちゃんが

【2006/09/03 23:07】 URL | 総裁 #- [ 編集]


>総裁。
いや本当によい経験をさせてもらいました。
なんだかとっても勉強できたよ。有難う。

バカでありつづけるためにはどうしたら
よいのだろう?

お金がないのは我慢できるよ。
でもねえ、なんというか、一つ年を
食うごとに外堀を埋められていくような
状況がいろんなところから起こったり
する。それが何ともいえず嫌なものだ。

やはり40すぎてフリーターでは
ちょっと厳しい気がするね。
なんたって格差社会だからね。

芝居をモノにするか、
働きながら芝居を楽しむか、
それとも別に楽しい仕事を見つけるか。

やはり30くらいには、そこいらへん
ケリつけないといけないよねえ。

やれやれだねえ。まあ楽しく生きて見せるがな。

さて鴨川。

僕は卑怯にも大人の余裕をぶっこきつつ、
若人たちが頑張る様を岸からながめるとするよ。

耳から笛ロケット発射はやるけどな!
(嘘嘘。死ぬ)

【2006/09/06 09:06】 URL | かわぶち #- [ 編集]


このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2006/09/06 22:04】 | # [ 編集]


>メッセージをくれたアナタ。
ありがとう!なんかかんか忙しい時期と
重なってしまい誠に申し訳ない。
とりあえず、落ち着いてるときに
メールするね!

大丈夫!まだまだ何でもできるぜワシら!

【2006/09/06 22:34】 URL | かわぶち #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。