モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



初日終了。
本番前日、脚をいわせ、本番当日は脚がまともになってきたと
思えば今度は喉をいわす。睡眠不足にあいまって、弱った喉に
スモークマシンの煙がトドメをさしてくれたようで。

ちなみにスモークマシンの煙は客席くらいの遠さならば無害です。
喉及び身体が弱っていて、かつ噴射口の近距離から高濃度の
スモークをくらうとよろしくない。

毎日1ステージずつというのが今になって大いに救いだと感じる。
ゆっくり眠れるし、22時間舞台の外にいれば、十分つとめは
果たせるつもりだ。

芝居は幕が開いてみないとわからないものだが、
なんかかつてない芝居をやっているなあと思う。
まずは会場まで確かめにきてもらえれば幸い。

あ、うちわ必携!氷袋とかもあるといいと思います。
ではあと3日、がんばります…
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

お疲れ様でした!まさにお疲れの体力勝負の熱狂的かつ狂騒的な、お祭りでしたね?芝居、コント、大ネタ小ネタ、そして、なんちゅうてもプロレス!けっこう、ガチのマジ動きで、感心することしきり、でした!(笑)ラストはお御輿ならぬ胴上げで感動的な締め!おもろいこと、てんこ盛りで、誰かがセリフとばして、ぐだぐだになったとこも、ご愛嬌でしたね?川渕さんの試合シーンも、なんともシュールでしたね?(笑)63歳っすか?(苦笑)

【2006/08/29 01:16】 URL | キムラ #- [ 編集]


63歳って、僕も知らなかったです(笑)

本当に今回も有難うございました。
楽しんでいただけたようでホントに
うれしいです!

なんていうか、芝居が終わった後に
泣き出すヤツが多数いたり、カーテンコールで
いきなり演出に胴上げぶちかましたり、
なんだか学生劇団の卒業公演みたいな
ノリだったですね。

すっごく懐かしい気分になったです。
大事なものを思い出した気がします。

最後になりましたが、差し入れのお酒有難う
ございました!みんなで西部講堂で
飲みました。余った分は家に引き取らせて
いただいてます。また公演に関わった連中
との家飲みに活用させていただきたく
存じます。

ではでは、またこれからもよろしくお願いいたします…

【2006/08/30 21:55】 URL | かわぶち #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。