モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



眠り下手
眠るのが下手だ。
本当に下手だ。

マクロ的にもミクロ的にも下手だ。
ハードもソフトも下手だ。
ありとあらゆる角度から検証しても下手だ。

マクロ的には。つまり環境的には。
眠る時間が悪い。しかも不規則。
そもそも0時から7時などという時間に
労働しているのが悪いのだけど、そもそも
宵っ張りで朝が大きらいなのだから仕方がない。
眠るのは大きらいなので、帰ってからも
ぶっ倒れるまで何かやってる。眠る気が直前まで
毛頭おきない。

で、ぶっ倒れるように寝るものだから、
布団をまともにしかない。
寝具が整ってないものだから眠りが浅い。

起きたらいつもこんな時間。日が暮れる頃である。
起き抜けからテンションが下がる。

ミクロ的には。つまり眠り方的には。

仰向けに眠れない。いつもうつぶせである。
これが首と背中に悪い。分かっているので
努めて仰向けに寝ようとするのだが
寝付けない。よしんば眠りにつけたと
しても寝返りの末、元通りになっている。

その上、妙なクセがあって。睡眠中すぐに背中に
力が入る。いつも体を反らして眠っているらしい。
らしいというのは、僕が実際に自分の寝姿を
確認したことがないからだけど、
みんな僕の寝姿を確認したものは口をそろえて
そういう。また睡眠後、毎日背中が痛くて
痛くて仕様がないことからも明らかである。
眠ることで肩こりと背中痛がひどくなる。
こんなのってあるか。

概して夢見も悪い。
今日はついさっきまで滑ってたスケートリンクが
振り向いたらただの池になっていた夢を見た。
近くに置いてあったカバンやら、本やら、
何もかもが水没。ああ嫌だ嫌だ。


もう眠りだけは何とかならないだろうか。
もっと睡眠という行為自体を愛した方が
いいのだろうなあ。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。