モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



プロレス猛勉強
プロレス芝居というわけで、これはプロレス門外漢の
僕としてもプロレスの勉強をせねばならないと思っていて。

なんたって今回、登場人物の中で誰よりも
プロレスを愛する男にならねばならないのだから。

嵯峨シモン氏のレクチュアにより少数ながらも映像文献を
ビデオ・イン・アメリカ白梅町店にて入手。

まずは『新日本プロレス昭和名勝負30』といったタイトルの
ビデオを借りる(タイトルうろ覚えなのですが)。
何といっても猪木さんだろう。もうね。門外漢の僕でも
何となく分かる貫禄とオーラ。卍固め、延髄切りが
飛びでりゃ観客総立ち。そんなに技術的にすごいことを
してるわけじゃないのにね。華なんでしょう。スターの。
初代タイガーマスクのデビュー戦も鮮烈な感じで
カッコよかった。圧巻は猪木vsマサ斎藤の巌流島の
決闘。試合じゃないんですよ。決闘なんですよ。
ノーギャラリーで。何もないとこにリング組んで。
もうたまげた。馬鹿だ。でもちょっとかっこいいな。

続いて、小学生の頃、ベビーフェイス(善玉)として
リングに上がっていた頃の蝶野正洋さんが贔屓だったのを
思い出して、今の蝶野をダイジェストで追っかけようと
『蝶野正洋・黒の歴史』なるVHSを借りる。
94年から一転武闘派(悪役と解釈してよいと思う)に転じた
彼の足跡をインタビューを交えて追う内容。
なんというか、プロレスラーの虚と実、そこから
発される魅力を感じた。
彼らは役者ではないが、役者に共通する要素を多分に持つ。
そんな部分に関するプロ意識に畏敬の念を覚えた。

そして今のエンタメ路線の王道になりつつある『ハッスル』の
DVD。借りたはいいが、家ではなんとDVDが再生できない!
所有している外付けDVDドライブではUSBの転送速度の
問題で再生が途中で止まってしまうのである。

ああっ!早く見たい!

あと嵯峨さんから本も一冊お借りした。
猪木寛至著『アントニオ猪木自伝』。
これは現在読んでいる最中。

自由時間はプロレス漬けの毎日である。なんかとっても新鮮。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。