モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



文化系代表の意地を。
某日、夜の11時に上賀茂のMKに十数名の芝居人が集合。
ベビーピーさん主催によるフットサル大会である。

WEBでお世話になっているREKYOというブランドの
メンツはそもそも芝居人なのであり、彼らづてに
話をいただいた。

サッカーなんか本当に中学生以来である。その頃
僕は球技なんてこの世からなくなってほしい、
そうはいかずとも一生やりたくないと思っていた
ものだったが。齢も25を超えると身体を動かすこと
自体が楽しくなってきて。不思議なものだ。

続々集まるメンツ。知ってる人も知らない人もいるが。
ベビーピーより安田さん、根本さん、筒井さん、首藤さんやら。
雨垂事典の猪口さん、中上さんが来てるのにはちょっとびっくり。
そしてWANDERING PARTYの高杉征司さんまで。
照明の寺澤哲くんの姿も。ちょっとこれは凄い。

こちらのチームは元クラッカージャックの
久保昇平くんと高谷くん、その仕事がらみの
キングさんに、高谷・久保のご友人。
さらに助っ人(?)として小早川保隆さん。

たった二時間だったけど、二時間で限界。いや面白かった。
そして疲れた。

内容を逐一話しているといくら書いても書けないのだが。

当初は我らがREKYOチームとベビーピー、他の連合軍という
3チームで総当り。1試合たったの5分。

5分なんて楽勝だと思っていたら。

初戦から息が上がる。そしてあっという間に身体が
動かなくなってしまった。

そしてREKYOチームの弱いことといったら。
GK高谷が一人気を吐くが、点が取れない。
ラインが上下しすぎ。

僕川渕は極めつけの使えなさ。

その動きたるや、外野の高杉氏が
「ぶっちーは見れば見るほど文化系の匂いが漂ってくるね」
とコメントしたほど。

最初の総当たり戦では何の役にも立たずに終了。
たった5分の試合も回数をこなすごとに辛くなり、
この頃には既に吐きそうな気分に。

後半はチームを組替えてまた総当たり戦。

根本さん(ベビーピー)・森上さん(ケッペキ)・
高杉さん(ワンパ)・猪口さん(雨垂事典)・
高谷くん(REKYO)・そして川渕。

驚異。メガネチーム。

奇跡的なことに他の2チームに勝利できた。

もう一つ奇跡的なことに2ゴールを上げることができた。
文化系の意地である。

ちょっと感動した。


実はコレだけのメンツが集まりながら、ほとんど喋ることは
なかったんだけど、スポーツで繋がるって素晴らしいなと
素直に思った。またやりたいものですね。

最後に印象に残った選手達を。

寺澤哲くん(立命芸術劇場)…
照明で今年やたら世話になっている立命芸術劇場の若獅子。
超アグレッシブなプレイスタイルがすごかった。同じく
アグレッシブな高杉さんと接触・負傷の一幕も。

高杉征司さん(WANDERING PARTY)…
気合と運動量でテクの差をカバー。とにかく走る。
文字通り全身全霊のプレーに感銘を覚える。
何やらせても華があるね。この人は。

中上潤さん(雨垂事典)…
たそロマ」で彼のサッカー好きは垣間見えるが、
やらせても上手い。普通に上手い。ベビーの根本さん、
安田さんも相当に上手かった。上手い人は
かっこいい。小学生の頃に抱いていた、「運動できる
ヤツはみんなこの世から消えてしまえばいいんだ」的
感情を久方ぶりに苦々しく思い出した。
あ!
ほめてるんですよ。分かりにくいでしょうけど。

高谷一毅くん(REKYO)…
草サッカーでGKやってたらしいが、すごかった。
鬼神のようだった。スーパーセーブを連発。
後半戦、メガネズの勝利の第一の立役者だと思う。
ただ川口を髣髴とさせるセーブ直後の
「上がれ」というモーション。あれはウザい。
面白かったけど。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。