モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



劇団飛び道具『ラフプレイ』
23日14時からのステージ。アトリエ劇研にて。

飛び道具さんの本公演は実に久しぶりである。

ここのすごいところは、公演ペース自体は
それほどでなく、かつメンバーの皆さんが
積極的に劇団外の活動をやっているにも
関わらず、劇団としての輪郭をしっかり
留めていることだ。それもかなり長い間。
当たり前のようで、並大抵のことではない。

カラーとしては、アート系にもエンタメ系にも
よらない絶妙なバランスの良さが昔から好みである
(もちろん作品によって多少傾向のブレは出てくるが)。

団員の伊沢はるひさんと吉井理穂さんが飛び道具の
舞台に久々に立つのも楽しみなところ。

さて、内容やらスジについては何ともコメントしづらい。

集合住宅の一室らしき場所に集められ、管理人によって
兄弟姉妹の関係を与えられた5人の男女。

彼らにはそれまでの記憶もなく、外界に関する
知識をもたないながらも、原初的なコミュニケー
ションの積み重ねによって集団生活を営み始める。

程なくおじ・おばを名乗る夫婦やら、長男の花嫁を
名乗る女やらが登場し、彼らの関係性にアクションを
起こさせる。

まさにその積み重ね。外界のことやら、そもそも
登場人物たちは本当は何ものであるのか、といったことに
関して、それを匂わせるフレーズはあっても、
答えは全く示されない。

世界観そのものが抽象化された舞台であり、
飛び道具さんの作品の中では読み解きにくい部類の
お芝居になると思う。

しかし、抽象的な世界観ゆえに登場人物たちの
コミュニケーション・関係性には強いスポットが
あたり、それだけで一時間半、楽しく観ていられた。

なんというか、劇団の芝居だなあと思う。こういうのは
急ごしらえのプロデュース公演や、ユニット公演では
なかなかお目にかかれない。出演者がまとまっている、
全員で点を取る芝居だ。チームプレイを乱す人も見当たら
ないし、堅実で、悪いエラーがでない。

あまりまとまらないが、そう思った。
いい舞台だったと思う。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
※トラックバックスパム対策のため、言及リンクを含まない記事へのトラックバックを制限させていただいております。必ずこちらの記事へのリンクを行った上でトラックバックしていただけるようお願いいたします。

Category



Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。