モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



引退表明
地雷バトンのタイトルみたいになりましたけど。

人前で演じるということを、何も分からぬ中学生のときから始めてもう14年経ってしまった。うち一年はお休みしていたが。

結局大根は大根なんだが、その中でもいろんなことを学んできたし、それなりにできることもできてきたつもりでいる。

結局、演者としての生活から当分遠ざかることにした。

来年に予定していた演劇ユニットのことも、ひとまず凍結させていただきたい。残念なことであるが。声をおかけした皆さまには大変に申し訳ないことです。

次回出演作であるピンク地底人プロデュース「SALLY SINAMON」をひとまず、引退作とする。思えば主役は2年振りである。また、大変素晴らしい作品でもある。引退作にはふさわしい。

理由はいろいろある。演者としての生活と、社会人としての生活の両立に正直疲れたということもあるし、やりたいことができたというのもあてはまる。僕に演劇を続けさせる動機となった多くの人々が身の回りにいなくなってしまった、あるいは自ら切り捨ててしまったことも大きい。

次回作、今までやってきたことの全てを出したい。
モナムール京都もあと数ヶ月です。
ちょっと悲しいけれど、新しい世界も楽しみなのです。

もしも応援してくれる方がいらっしゃったなら。
次、是非観に来てください。
スポンサーサイト


随分遠くへきてしまった
劇団ショウダウンのお芝居が気づいたら終わっていた。

ショウダウンにいた2年前のことを考えると、随分遠くに来てしまった。いや、彼らが遠くに行ってしまったのだ。

後悔してるわけじゃない。断じて断じて。

お芝居に対する感度がどんどん鈍ってきてる。面白いお芝居を求める探究心がどんどん磨り減っていっている。

けれども日々は幸せなのである。

もはや僕は芝居を必要としていないのであろうか。一抹の寂しさを感じる。

次の舞台が今の集大成。これだけは思いっきりやり遂げたいものである。


秋のお仕事
ご無沙汰してます。川渕です。
最近のお仕事とこれからのお仕事について。

WEBサイト
ミダスセフティ株式会社
いまさらではあるが初めてFLASHコンテンツを使用した仕事である。全く知らない業界のWEBサイトであったが、とにかく読みやすいことと、素材をしっかり作ることを意識して作成した。これからもこういった仕事が増えてくれれば、と思う。

WEBサイト
『和モダンインテリアREKYO』
いつもお世話になっているREKYOというブランドから、新たに楽天市場のWEBショッピングサイトのデザインを依頼される。正直申し上げると、楽天サイトは思い通りのデザインに仕上げることが難しい。ブラウザ上で楽天側が用意したシステムにのっとってサイトを作るわけだが、CSS(カスケーディングスタイルシート)さえまともに使えない。システム自体も使いにくい、把握しにくい、おまけに動きが遅い。新システムが最近できたが、それもひどい代物である。
実際、楽天の中で大きな成績を上げているサイトはデザインに関してあまりに無頓着(醜い、といって差し支えない)なものも多い。売れりゃいいのだから否定はしないが、にしてもこんなサイトの商品がなぜバカ売れするのか不思議で仕方ない。今更騒ぎ立てることでもないが、日本のデザインに対する意識は低すぎると思う。
なんか楽天批判ばかりになってしまった。そんな悪条件の中作りました、ということで。

宣伝美術・WEB
劇団HOMURA『メテオライト0(ラブ)』
久々の宣伝美術。写真・映像制作を中心に京都で活躍する竹崎博人くん(REKYOやらエアバンドやらでもお世話になっている)の写真を元に作成。11月6日より配布予定。同公演のWEBサイトも作成予定。

役者・WEB・制作
ピンク地底人プロデュース『SALLY SINAMON』
左にもあるとおり、1月の公演。芝居については1日に稽古が始まった。稽古の模様はこれからお伝えする予定である。WEBサイトも作成する。

エアバンド関連
秋には実に3つのステージをこなした。どこでもおおむね反響は良く、楽しい限り。12月には東京で5月に予選を勝ち抜いたイベントの決勝戦に参加予定。

その他
そろそろデザイン関連の営業をしっかりやりたいと思っているのだ。いろいろやります。


Category



Calender

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。