モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



行ってきます西部講堂
今日より笑の内閣プロレス芝居出演のため、西部講堂入り。

僕がレスラーの一人として出演したのが一年以上前。あの時は夏の真っ盛りだったから、今日のような涼しい気候でできる皆さんはうらやましい。ま、結局汗だくなんだけど。芝居ですから。ましてやプロレスですから。

解説+αでのゲスト出演です。どこで出るかはお楽しみに。

解説のために映像を見ていた。地味だけど好きな蝶野正洋さんの試合とハッスル・天龍vsHG、WWF・エディ・ゲレロのラダー・マッチ、TAJIRIの凱旋試合、そして新日本旗揚げ試合・ゴッチvs猪木。

なんかあんまり勉強にならない実況・解説の試合が多かったんだけど、普通に楽しんで見ていた。

いいよいいよ~プロレスLOVEが高まってまいりました。

あの夏が、自分の中にちょっとだけ帰ってくる。

プロレスなのだ。筋書きはない。ないったらない。
アドリブ利かない僕だけど、しっかり頑張ってまいります。
スポンサーサイト


急遽出演情報。と同僚に言い訳。
このところ、どうも気ぜわしい。WEB仕事が忙しい局面に入ってきたのと(今日とて徹夜)、芝居(立命芸術劇場プロデュース)が忙しい局面に入ってきたのと、私的にもあまり落ち着けない状況にあるのと。

『飛龍伝』も進めたいんだけど。それどころか『熱海』のメンバーで遊ぼうって言ってたのに、みんな本番などでなかなか声を掛けるタイミングが難しかったり。第一僕がそんな状況になかったり。

でも『熱海』を見て『飛龍伝』に出たいといってくださる方が名乗りを上げてくださったり、というのは嬉しいことです。

そんな中、急遽ゲスト出演まで決まったりした。

第6次笑の内閣
『三本ロープのジャングルに、吠える野獣の無法者(仮)』
9月14~17日
京都大学西部講堂にて。

このうち14日、15日に試合解説とエアバンド(!)でゲスト出演します。

このクソ忙しいのにもう何がしたいんだ僕は。

前々からの約束で明日遊びに行ったりもしなきゃなんだがWEBが忙しい局面だけに、あまり喜び勇んで、というニュアンスも出せない。というかこのブログ、同僚も見てるので、遊びに行ってきましたなどと明日書いてようものなら、えらく怒られるに違いない。

と書いちゃってる時点でもう開き直ってるようなものだが。

N川君。今日、そして明後日からもがんばります…。
明日は若人引き連れて泳ぎに行ってきます。目をつぶって深呼吸して迎えてください。


雨に死す
大切なものが逝ってしまった。

当然揺すっても叩いてもそれは生き返ることはなく、ただ冷たく石のように沈黙を守り続けるのみ。とても綺麗に見えたメッキはとうに剥げ落ち、黒い地肌を所々に表しており。息をせぬものの哀切がよりくっきりと感ぜられるのだ。

雨。雨。

この季節にしては優しい雨の中で糸は切れた。ぷつりという音は微かながらもはっきりと僕の耳に届き、そしてあとは沈黙。

僕は亡骸を土に埋め、墓標も立てずに歩き出した。もうここには戻らないし、他者にとっても何ら意味のあるものにはならないからだ。

雨の中歩いていると、ややくたびれた女が、

「あなたが落としたのは金のオノかしらそれとも銀のオノかしらん」

彼女の足元は一面の赤い沼。彼女はその沼に膝まで浸かったまま僕に語りかけてきた。僕は今自分に起こっていることを説明するのがひどく煩わしい気分になり、彼女を無視して横切った。

彼女は僕の肩をたたき薄気味の悪い笑みを浮かべたまま、その手を足元の沼に沈み込ませた。

ずぶずぶ。ずぶずぶ。

「あなたにこれをあげましょう」

彼女が沼の中から引っ張り出してきたものは。

s1131327268.jpg



Category



Calender

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。