モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



たまにはプライベート的なことも書く
ちょっと前のことだけど、バイト先(おめおめと元の職場に復職してます。深夜でなくて朝勤にしたけど)の同僚に「川渕のブログがやっと演劇人のブログらしくなってきた」と言われた。確かにあまり稽古場のことを書かない人だったから。最近は書く数絞って、気分が乗ったときだけ書くようにしてるので、更新頻度は随分下がったが。しかしなんかいいペースだなと思ってます。アクセス数はきっと随分減ったけど、構わない構わない。

いい文章にしようというこだわりも無くなってきた。たまに背伸びしていい文章らしきものに仕上げるのも面白いのだけれど。

料理が相変わらず面白い。どうも洋食・南アジア食に興味が向いてしまう傾向にあるようだ。三年前まで勤めてたスリランカ料理店の影響であろう。ニンニクとオリーブオイルとバジル・胡椒が生命線である。オリーブオイルは高くてどうにも困る。安くココナツミルクと各種スパイスが欲しいのだが、大きいスーパーに行ってもホントにちょっとしか売ってない。そんなお洒落な小瓶に詰めんでも袋詰めでどかっと売って欲しい。ただでさえ高い輸入食材、入れ物で余計に値を吊り上げんでも。ルーを使わないでカレーが作りたい。

今日は友人から頂いた塊ベーコンでジャーマンポテトを作る。勝手にレシピをアレンジしてマスタードやらバジルやらオレガノをぶちこんで好みの味に仕立て上げた。薄くないベーコンを食べるのは実に久し振り。

お金やら何やら、満たされないことは結構あるけど、それでもやっぱりこの世は楽しいものです。
スポンサーサイト


熱海演出日記1
梅雨らしい梅雨って何だか久々な気がする。野菜が水不足で値上がりすることが心配だった僕は、バイク上でずぶ濡れになりながらも、なんだかほっとしているのだ。所帯じみてきたものだ。

『熱海殺人事件』の稽古も順調に進んでいる。親睦会も先日無事終わり、いよいよ通し稽古が近づいてきた。

今回は同志社大・演劇集団Qさんのお世話になりながら芝居をさせてもらっているわけだが、稽古場はもちろん、同志社大は新町校地。サークル練習場・ボックスが集まっている建物があり、小ホールもある。もちろん在学中はここに毎日通って第三劇場での稽古に励んでいたわけで。卒業後に大きく改装されたり、全館禁煙化してたりだが、それでも実に懐かしい。といっても毎日通っているうちに、そのノスタルジーもどこへやら、だってそこが「今」の場所にまたなったのだから。

当時の先輩であった音響家の小早川保隆さんに最近よく会うのだけど、「初演出でつかは難しい」と言われた。確かにそうだ。

つか氏のホンは近年益々の先鋭化を見せている。『熱海殺人事件』の最新バージョンであるこの台本は、世間一般で言われるストーリーテリングの基礎をぶち抜き、エッセンシャルな感情表現に重きを置いて著されている。そこにドキュメンタリー的な要素も加わっており、まあ平たく言えば大変複雑怪奇な台本となっているわけだ。

枝葉の多いこの台本に取り組むにあたって大事なことは、幹を見失わぬことだ。この台本が示すテーマ自体は、そんなに難しいものではないはずなのだ。

役者にもようやくエンジンがかかってきた模様。残り少ない稽古期間だが、がんばっていきたい。

ちなみに「熱海演出日記1」としたが、「2」があるかは分かりません。が、できれば自分の頭の整理のためにも続けたいものだけど。


鏡の中のワシにつぶやく
人の顔を見ていると、その人の20~30年後の顔が目に浮かぶことってないだろうか。僕にはある。それも頻繁に。

老若男女、その人が疲れてる疲れてないに関わらず、なにかそういう表情を浮かべたときに、人の未来の顔がすかし見える。稽古中に、長ゼリをがんばって吐いている俳優の顔が急に老け込んで見えて、「おい君どうしたっ!?」とワケもなく慌ててしまったり。女の子とお茶なぞしているときに、女の子が頬杖ついて目をちょっとそらしたときに、いきなり50くらいの顔になってしまい、謎の間が生じたり。

そういうこと、あるでしょう?ない?あらそうですか。

昨日、風呂に入ってたら、ついに鏡に映った自分の50顔が透かし見えた。さすがにぎょっとした。ちょうど顔を洗い終え、目の前の鏡にふと目を移したときだ。目はにごり、口の端が少したるんでいる。その様は顔中に刻まれた皺を容易に連想させ、そして川渕幸治郎の50顔が僕の脳内にちらちらと瞬いた。

これがね。ちょっといい男なんですよ。自分で言うのもアレなんだけど。今の自分より相当かっこよく映った。

思えば小学生の頃、フケ顔・変顔(スポーツ刈りにでかい眼鏡が最高に不釣合いな顔つき)と言われて育った僕であったが、その苦労は本当に老けてから報われるのではないだろうか。

そう思うとちょっと老後とか単純にも楽しみになってしまう。

ただし、今の体型(顔型?)を維持できればの話だけど。脂肪が顔の肉に回ればおしまいだし、逆に不幸のあまりやつれた顔姿はあまりに貧相だ。ああ、健康って大事!

健やかにあれよ川渕くん。


Category



Calender

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。