モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



演出デビューの一週間
このところ部屋にこもりきりで、「熱海殺人事件」の選曲・編集作業を行っている。台本に曲の指定はあるのだが、見つからないものやあえて変えたいものをピックアップし、独りでブツブツセリフを読みながら。そして気分転換にネットを徘徊して曲を試聴する。

稽古場ですぐ使えるように、音の編集もある程度やってしまったり。初めて波形編集ソフトなる物を使った。なかなか思い通りに操作できずイライラすることもしばしば。

要するに、思いっきり孤独な作業なのだ。しかもやったら蒸し暑いし。脳がとろけそうだ。

こんな引きこもり作業ができるのも職がないおかげなんだが、しかし、やはり職がない。数社との交渉が進行中なのだが、面接の感触が良い程度では油断できない。

なんだか湿っぽい話題になってしまった。

まあ、とりあえず柱になる部分の選曲はできた。いささか保守的というか、オリジナリティに欠ける選曲になったが、そこはこれからも音響・長谷川萌さんと詰めていく方向。

台本もいろいろ書き直したくなってきた。最初は全くいじらないつもりだったのだが…。役者に迷惑がかからないうちに、やってしまうとしよう。

「演出の苦しみは、やったものにしか分からない」

よくそう言われるけど、まだ苦しみというほどのものは体験していない。これから来るのか?そりゃそうだろう。

楽しく、ちょっとビクビクの演出ライフである。
スポンサーサイト


そして次の舞台は。
タッチタイピングも何とか様になってきた今日この頃。

僕は毎日、母校である同志社大学の新町校舎に通っている。そう。次は演出をするのだ。それもつかこうへいの『熱海殺人事件』。

そもそも僕は同志社大のサークル劇団「第三劇場」に所属していたのだが、この頃の第三劇場はつか芝居の影響を色濃く受けていた劇風だった。なのでつか氏の芝居はとてもなじみのある演目が多く。

今回読んでいただけたのは第三劇場ではなく、お隣さんの演劇集団Qなのであるが。ピンク地底人出演の縁もあって、最近はもっぱら演劇集団Qの皆さんとなじみができた。不思議なものだ。

稽古もすでに始まっている。さあ。人生初の演出。

どうなりますやら。


酔眠薬終了、そして。
劇団酔眠薬さんの公演が終了。

今回はもう人生最大のセリフ量がネックだった。しかも実況、ナレーション。つまりはほぼ完全なる長独白。

ごくごく正直に申し上げるならば、僕自身の調整不足、稽古不足が本番にたたった形になった。公演全体として良いものになったかどうかは別問題として、残念ながら、僕は不出来であったと省みるしかない。若い劇団の一助となるべくの出演承諾であったのに、こんなに情けないことはない。芸が売れない芸人など。

別にそれで決意したわけではないけれど。

私、川渕幸治郎はこの年内一杯で役者活動を当面休止する予定だ。予定は予定であって、決定したわけではないが、何事も動き出すには予定が必要である。

もちろんこれからいくつかの舞台が待っている。最後までベストを尽くせればと思う。

そう思いながら昨日の打ち上げ、愉快な連中と酒を酌み交わし、浮かれはしゃいでいると、なんだかぼんやりじんわりとした気分で。結局朝まで飲んで、お店でスースー眠ってしまった。

もしも僕の予定がそのままならば、このブログもあと半年となる。ただの日記を記すのにも、あまり興味が湧かないもので。

まあ、半年後にどうなっていることやら、自分自身にもよく分からないけれども。


あと1ステです
3日目まで終了。

胃が痛くなる舞台だ。どういうことかって、見れば分かる。もういろいろ限界だが、舞台は勿論楽しんでいる。というか、本番に入ってやっとこ楽しめるようになった。

あと1ステ、頑張ります…


初日終了
さすがに昨日はくたくたで、帰ってお風呂浴びたら10分で眠った。

しかし最近は朝早くに目が覚める。どうも前回のピンク地底人から、ホール中の生活リズムは良く、遅刻知らずの状態である。ていうか遅刻する気がしない。これはもう今までの僕の遍歴からすれば奇跡的なことで。スタッフの仕事を負っていないということも大きいのだろうが。

初日終了。
さて今朝は晴れ間が出ているが夕方はどうか。

蜜比呂人くんからラッキーストライク2箱をいただく。本当にありがとう。


小屋入りです
いよいよ明日からホール入り。
いろいろ焦ってしまう。川渕です。

仕事してないのをいいことに、Flashのお勉強やらタッチタイピングの練習やらを頑張っているところである。現在も慣れないタッチタイピングで頑張って打っている。しかしだいぶスピードがついてきたとはいえ、やっぱり慣れた打ち方に比べると、2分の1程度のスピードである。継続は力なり。頑張ってまいります。

このホールはちゃんとお弁当を作って持っていく予定。何せお金がないし、お金をかけないで買い食いしてるとあっという間に身体が弱ってしまうからだ。今晩はゴーヤが安かったのでチャンプルーにしてみた。で。弁当の内容はチャンプルーと米。以上。せめて梅干とか海苔くらいは用意しておけばよかった。

というわけで本番は今週末。どうぞよろしく。


自主規制について
物好きな、ごくわずかなるこのブログの愛読者の方は気づいただろうか。僕は先の記事二件を消した。ブログを始めて二年、こんなことは初めてである。何ゆえその二件の記事を消したのか?

それはひとえに僕が求職中の身だからである。どういうことかって?

僕は求職中ゆえ、当然求職サイトを日に何べんもチェックする。そこには勿論ご丁寧にも、「求職活動中の心得」的なナレッジ記事が存在しており、僕はそれをある日だらだらと読んでいた。そこにはこんな記事が。

Q.求職活動についてブログに書きたいのですが、注意すべきことはありますか?

A.活動について友人などからアドバイスをもらいたいという気持ちはとても分かりますが、会社名や担当者を実名で記載することは避け、またネガティブな意見は書かない等、細心の注意を払うことをお勧めします。

インターネット上での情報発信は以前にも増して容易になってきています。それは同時に、採用担当者もインターネットを駆使して求職者の情報を収集している可能性があることを意味します。ですから就職活動に関する掲示板や、個人のブログなどに書き込みを行う場合は、採用担当者に見られる可能性もあることを念頭に置くべきでしょう。現にネット先進国アメリカでは、ブログ上の書き込みを理由に内定が取り消されることも増えてきているようです。(Find Job!『仕事探しFAQ』より引用)



これが理由の全てだ。

誓って言うが、僕は何もネガティブな気持ちで先の記事を書いたわけでないし、ましてや当時応募していた企業の悪口を言いたくて記事を書いたわけではない。ただ、誤解を受ける恐れはある。求職活動というものを面白おかしく描いてみようと思えば、何かしらそういう要素は生まれやすいものだろう。

何とも困ったことではあったが、ここは自主規制ということで記事を一時隠すこととなった次第である。

予告もなし記事を消すことへの説明責任としてこうした記事を書いたが、しかしこんな記事を書いてしまうとまたなにかこう、僅かながらのマイナスイメージになってしまうのではないかというツッコミが入りそうなものだけど、もうこれはなんと言われても載せておきます。説明責任の遵守ですので。

やはりブログというものは、インターネットというものは、全世界に行き届いているものなのだなあと、しみじみ感じた今日この頃。


Category



Calender

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。