モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



芝居の後は何故に
こうも気分がふさぐのだろうか。

ありがとうございました。ピンク地底人『LOLITA KILLS ME』終了いたしました。失敗したこと、成功したこと何だかいろいろあったけど、今回は年下の方々にいろいろと勉強させていただいた。人におこがましくも何かを教えるということは、他でもない自分の勉強になるんだなと痛感した公演だった。
070326_0228~001.jpg

打ち上げ終了後は翌朝早くからバラシのため人間座にお泊りであった。そのときの写真。今回のお相手役と相成りました浅田麻衣嬢(インフルエンザのため冷えピタシート装用)と、バラシお手伝いに来てくれた次回共演者の野口雄輔くんのリツゲイ(立命芸術劇場)コンビと。

今回の役はネタが一つもない役で、桜ジェットとは対照的で。多分僕が今までに出演したお芝居の中で、もっとも静かな役。でもなんというか、役の機能や形に終始して、魂のない芝居になった気もする。

なにかこう、魂こめてやりたいなあと思うと、すぐに演出から求められる形を崩してしまう。魂を吐き出すことでなくて、にじませることを目標とせねばならないのに。抽象的なことを言っているけど、なんとなく伝わるだろうか。

なんか二晩たったら、失敗したことばかりが頭にのぼって、芝居を続けるのが何だか怖くなってきた。なってきたけど、ともかくも次の稽古が始まっている。まずはもうちょっと暖かくなることを待ちましょう。
スポンサーサイト


ピンク地底人楽日です!
もういまさら感がいっぱいなんですけれども、
いよいよピンク地底人『LOLITA KILLS ME』千秋楽
である。この雨で少し客足も湿りがちな中日、
もったいないなあという気持ちで一杯なのである。

台本がまともに面白いのは申し上げたが、
なかなかに見所満載なお芝居だったりするので、
是非…という気持ちで一杯なのだけど。

詳しくはやっぱり書けないけど、
個人的にすごくいろんな人の感想が知りたい
作品。作品全体に関しても、僕の芝居に関しても。

今日は昼から晴れるそうで。
当事者が書くには傲慢な書き方かもしれないけれど、
600円は安いと思う。

ひらにご来場お待ちしてます。


いきなり生涯初舞台監督
さて、本日初日を迎えるピンク地底人プロデュース公演であるが、21日より小屋入りしている。チラシをお持ちの方は見て分かるとおり、この公演にはスタッフとして舞台監督が存在していない。この場合、基本的に舞台さんが監督を兼任するパターンがあるが、今回の舞台さんは寺澤哲くんが照明プランを兼ね持って担当している上、実際のタタキ部長・五藤七瑛嬢は監督を行うほどの余裕もなく、小屋入り二日前から急遽僕が、なんちゃって舞台監督をやることになり。

いっちゃなんだが舞台監督したことないし、そもそも舞台監督はホール事前にいろいろスタッフさんと意思の疎通を図って、綿密に準備を進めて…という役職なので、十分な働きなどできるわけでもないけれど。タイムキーパーと賑やかし以上の意味を持たないダメ舞台監督ぶりを初日から発揮。そもそもロクに指示すら飛ばせてないし。なんたって、工具がどれだけあって、材木がどれだけ、どこにあるかもうろ覚えというあまりにあまりな状態なのである。

順調に舞台建て込みは3時間押しという悲惨な結果。

だがしかし、僕というよりむしろ、演出・林家くんのがんばりと、皆さんの努力のおかげで、前日までにゲネプロまで済ませることができた。見事な巻き返しである。

巻き返せてなかったら、こんな内輪の不安要素をさらしたりはしないのだけど、おかげさまで万全の体制で初日を迎えることができそうだ。

僕は劇作家としての林家くんの才能を疑っていないので、今回の舞台は自信を持ってお勧めできると思っている。是非新しい才能を見に人間座まで足を運んでいただければと思っている。

あと、川渕は役者の新境地に挑戦させていただいている。多分、今までやった中で一番静かな役。しかもやたらかっこいい。ダメさ加減さえかっこいい。そんな役。役に負けないように頑張ります。

フリーになってからこちら、本当にいろいろな使い方をしていただいているなあ。こういうのって、役者としてはとても嬉しいことなんですよねえ。


筆まめならず
然れども明日は本番。
ゲネも無事終わりました。
沢山のご来場お待ちしてます!


今週のカワブチさんは
20070319025115
勤労中にご無沙汰更新である。コメントも結局返せてないし、もうすみません。

ご無沙汰している間に髪を切った。お世話になっている美容師さんが独立してお店を開かれたもので。友人に前の髪がキノコヘッドだと言われたものだから、キノコヘッドを極める方向で前髪と後髪をパッツンパッツンに揃えていただく。結構気に入っているのです今回の。エセくさ秀才ぽくて。

さていよいよ本番が近づいてきた。
のでこれから筆まめになろうと。稽古のことを書かないけれど、毎日楽しいのである。ラスト一週間、少しでも様子をお伝えしたいなと思う。

今週末は是非人間座スタジオへ。新しい役柄に挑戦させていただいている。お楽しみに。



やれやれ。
やっと仕事攻勢から解放された。

2月の半ばから約1ヶ月間もの間、4日ごとに何かの締め切りがやってくるという次第で、もういやはや何とも。

その間にもピンク地底人の打ち入りがあったり、まあいろいろ楽しくやっていたわけだが。とりあえず、Cモンさんからバトン頂いてたりするので、そこからブログ復帰していきたいと思います。

あと、コメントいただいた皆さま、長らく放置しててすいません。

ほったらかしにしてた仕事もやらなくっちゃねえ。ねえHOMURAさん。

がんばっていきます…。


インスタントラーメンで焼きラーメン
自炊のこと。といってもインスタントだけど。

ある日思いついた。インスタントラーメンで焼きラーメンは作れまいかと。で、早速材料を買ってみて作ったわけだ。それがあんまり美味しくって、嬉しいので載せてみます。結構手をかけました。もう役者のブログじゃないなこれは。

[インスタント焼きラーメン]

{材料}

・お好みの具
※貧乏中につき、春キャベツ・人参・かまぼこのみで作った。海老やきのこ類・しなちくやわかめなど、要するに何でもよい。
・パックのインスタントラーメン
※CGCの味噌ラーメンを使用・もちろん醤油・塩・豚骨なんでもOKだろう。
・にんにく
・しょうが
・刻みねぎ

・サラダ油
・ごま油
・塩コショウ


{作ってみよう}

1.まずはインスタントの乾麺を戻す。沸騰したお湯に大体1分ほど。ほぐれたら火が通るまでにさっと湯から上げる。いわゆるアルデンテである。ゆで汁に乾麺由来の塩味とケミカルなうまみが出ているので、これは少量とっておくこと。

2.冷たいままのフライパンにサラダ油3、ごま油1程度の割合で油をひく。ちょっと多めくらいが油そばっぽくて良い(身体にはもちろん悪い)。さらにスライスした(刻んでもいいだろう)にんにくとしょうがを適量加え、そこから極めて弱い火にかける。
※最初からフライパン・油を熱してはいけない。あっというまににんにく・しょうがが焦げてしまい、ごま油も含め、香りが台無しになるからである。

3.じわじわと揚げるような感じで香りを出す。きつね色になったところでにんにく・しょうが共に火から上げてしまう。

4.適当な大きさに切った具を中火で炒める。塩コショウをするが、後に濃いスープが加わるので控えめに。

5.火が通ったら麺を投入。さらにラーメン付属の粉末スープを、取っておいたゆで汁とともに少量ずつ(麺にからまる程度)加える。これはサッとやらないと粉末スープがフライパンに焦げ付くので注意。
※最初から少量のゆで汁と粉末スープを混ぜておいたほうがいいかもしれない。

6.スープが麺にからんだらすぐに火からおろして皿に盛る。仕上げに刻みねぎ、お好みで火から上げたにんにく・しょうがを盛り付けたらできあがりである。


これがうまい。今度はあっさり塩ラーメンでいただきたい。具も工夫できるし、ペペロンチーノみたいに赤唐辛子を加えても辛ウマだろうし、おだしでラーメンを戻しても美味かろう。カレーパウダーを加えてカレーラーメン、キムチを加えてキムチラーメンにだってできるかもしれない。カスタマイズは自由自在、大いに夢が広がる。

ちなみにこないだは冷麦を野菜とコンソメで煮てみた。タイの屋台の汁そばを思わせるエキゾチックな風味。ナンプラーが欲しいところだ。

いいなあ自炊。オンリーワン自炊。


不義理と書式変え
自分の計画性のなさといい加減さで、見たい芝居が見られなかったり、不義理ばかりはたらいている。忙しくなると友人に良くしてあげられない。困ったものだ。「忙しさにかまける」とはよく言ったもので、忙しいのは人に不義理をはたらくいい訳にはなりはしない。要するにどっかでサボっているからそうなるんだ。

ちょっと思うところがあって文章の書き方を変えます。お気づきでしょうか。

そう改行。今まで標準的PCユーザ向けの改行をほどこしてきたが、そもそもWEBというものは見る人の環境によって文字の大きさなどがまちまちになるもので、改行をあまり加えると完全に文章表示が崩れてしまうものである。

携帯などで見ると分かりやすい。改行を多発する人の文章が極めて読みにくいのだ。そんなことやっててWEBデザインやってるっていうのも、あまりにあまりなことですので。


僕をオーストラリアに連れてって
『桜ジェット』で華麗なるエアギタリストぶりを
発揮してくれた高谷氏からお誘いがかかり、
僕はエアドラム担当で、オンラインのエアギター
コンテストに参加している。

クソ忙しい中、朝から某造形大に集まって
京都を一望できるロケーションの中、
子供に後ろ指さされながら撮影決行。

言っちゃなんだが、なかなか面白い出来である。
全国の猛者どもに負けていない。

皆さんからの投票が審査基準になってる模様。
優勝者はオーストラリア旅行ですってよ。

なので、是非僕と高谷くんのアホっぷりを
目撃し、投票してください。
000186.jpg
http://www.jetrock.jp/air-guitar.html

Jetなるオーストラリアの航空会社のキャンペーン
サイトである。投票だけならビデオ視聴画面から
ワンクリックでいけますので、是非是非。

ちなみに撮影者の竹崎ヒロトくんが投稿してくれたので、
hirotoという名前でエントリーされてます。


し、死ぬ・・・
病気なんかになったりしながら、
やっとこさ僕がゆる~く所属している創作集団
"REKYO"のWEBサイトリニューアルを成し遂げる。
まだまだコンテンツを拡充しないといけないのだけど、
とにかく一仕事終わった。きつかった。

今回のお仕事の締め切りが3月1日。
前のお仕事の締切は2月26日。

…次のお仕事の締切はいつだったっけ?
ああ6日か。

どうなってるのだ最近の僕は…。

REKYOウェブサイト


Category



Calender

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。