モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ごちゃごちゃと書く
なんか最近料理が楽しい。一から昆布とカツオでだしを取って和食を作るのが楽しくなってきた。こないだ友人にいただいた酒かすでかす汁を作る。かす汁に関してだけなら、母を超えた。というか母のかす汁は不味かったのだけど。思うに酒かすを入れすぎなのだ。

反面めっきり色気のない生活を送っているうちに、どんどん身だしなみはだらしなくなってきた。服は適当、髪に何もつけないし、髭は伸びがちだし、香水だって使わない。そういう事に気を遣うことが虚しくなってきたのだ。しかし何かそういう緊張感のなさが、仕事に悪影響を与える気がする。

芝居はやたらに楽しい。でも年下の人々に囲まれてばかりというのは、すぐに自分を甘やかしてしまうというか、要するに調子に乗ってしまいがちなのだ。このノリでは絶対本番近くになって後悔するのだ。自分を甘やかすことなかれ。
スポンサーサイト


言い訳
いろんなものの締め切りが迫っている。
胃が締まる思いがする。
弱った弱った。

と、いうわけで更新滞ってます。
ごめんなさい。

遊んでないわけじゃないんだけど、
PCつけるともう仕事しかできない感じで。

あれあれ。


京都~大阪~奈良・司会ツアー4
昨日はもう大変だった。
朝の式は人前式の結婚式だったのだが、立会人として儀式に参加しなければならなかった。
昼の披露宴でのカクテル作り。スピーチで死ぬほどあがるわ、メジャーカップを持つ左手が震えるわ。
二次会の司会に至っては最悪で、かむわつまるわ、カンペをイヤなタイミングで見るわ、冗談一つ言えないわ。まあ誠実にはやれました。

その後高校時代の友人20人ばかりと三次会。新郎新婦を朝まで引きずり回す。高校の頃好きだった女の子には10年会ってない。高校の頃好きだと言ってくれた女の子は半年前にご結婚されていた。時は流れていたのですな。

これより京都に帰還。すぐさま仕事の友人たちと深夜のフットサル大会に出かける。


京都~大阪~奈良・司会ツアー3
電車に飛び乗って本町へ。

しかし自分が朝っぱら、スーツを来て電車に乗るというのは不思議なものである。

まるでスーツは急に当てられた衣装のよう。いまいち馴染まない。そもそもスーツという着物は少しずつ自分に慣らしていくものだとジローラモだか誰かが言っていた(あ、いいスーツの話ですが)。

だとするならば、僕によく飼い慣らされた一着にはいつ巡りあえるのか。近い話ではなさそうだ。

まあこれもある意味舞台、心は改まって気持ちよい。


京都~大阪~奈良・司会ツアー2
夜は実家に帰る。

菜の花の白味噌和えやら、めかぶやら、いかのお刺身やら、すっかり自宅で居酒屋状態。そして際限ないビール責め。また太ってしまいそうです。

父が珍しく外で呑んで帰ってきた。今日は極めて明るい酔い方をしていた。

深夜まで主に親父の人生観・死生観について聞いた。

僕の若さゆえの煩悩にまみれた青臭い悩みも聞いてほしかったのだけど、そこは酔っ払い、聞く素振りが全くない。諦めて今日は聞き役に徹する。

そうしているうちに、不思議なことに親父の顔が何だか違うように見えてきた。「父」でない「一人の男」として親父を見ることができたのだと思う。初めての経験だった。そして僕は父が自分が思っているより、はるかに歳をとってしまっていることに初めて気づいた。

さて、明日は早いのではやく寝なきゃあ。


京都~大阪~奈良・司会ツアー1
20070216185302
昼さがりに会場下見のため梅田へ。二次会会場は素敵なリストランテ。結構風格ある会場で緊張しきり。やっと実感がわいてきた。

その後大阪の友人とお茶をすする。普段京都で顔を合わせる人間と梅田のようなビジターな場所で顔を合わせるというのはピントがズレたようなヘンな気分になる。

実家へ向かう途中の鶴橋駅。駅構内の立ち呑み屋になぜか惹かれ立ち寄る。

熱燗と枝豆。完全におっさんもいいところだが、実は中年リーマンの呑み文化に興味が絶えぬ今日この頃なのだ。洋酒ばかり呑んできた反動だろうか。単純に気持ちが老いてきただけなのか。



己を鼓舞してみる
本日より二日間、大阪へ出張ってます。

高校時代の友人二人が結婚するのだ。
新郎新婦ともに、中学高校の同級生なのである。
というわけでこのお二人、なんと11年のお付き合い。
出会ったのは中1のときだから、なんと14年前。
スケールのでかい話だ。おそれいる。

披露宴は明日。
余興にオリジナルカクテルを作らされる。
二人の親類縁者並ぶ前でシェイカーを振ることに。
恥ずかしい。もうバーテンダーでさえないのに。

続く二次会は司会進行役。これも初めてだ。
芝居一本作るのに比べりゃ準備には苦労しないけど、
しかし、なんたって彼らの一生に一度の舞台なんだから、
やっぱりいつもの舞台に立つのとはぜんぜん違う重みを
感じる。

そんな中でもいろんな仕事はどんどん進行していかなきゃ
ならないし、来月の食い扶持は稼がなきゃならないし、
1ヵ月後の舞台の台本は覚えなきゃならないし、
でも部屋が汚すぎるので掃除しなきゃならないし、
それでもいつものお店には遊びに行きたいし、
友人とだって遊びたい。「今度飲みに行きましょう」と
言った口約束は果たしたい。

忙しいのではない。欲張りすぎなのだ。

とりあえず、大切なことは優先して、どうにでも
なることは後回し。謝らなきゃいけないことが生じたら
全力で謝る。その覚悟です。

何が大切か。そりゃ数少ない大事な友人たちと、
育てるべき我が職能と、そして我が生きがいの
舞台であります。好きなお店もあんまり行けなく
なるかもですね。

金がないなら自炊・家呑みだ。台本に取り組むのなら
いくら取り組んでもタダだし、人としゃべって
笑うのだってタダなのだ。正直お金はあんまりないけど、
幸せなことがこれからしばらくたくさんあるではないか。

近い未来に幸せの種をまき続ける生き方をしよう。
遠い未来はくよくよした見方はしないで、単純に
夢を見るように見る。

まったく自分を鼓舞するためのような文章だ。
お恥ずかしい。

『桜ジェット』の総括、なかなか出来ないなあ。
実は自分の中でも上手くまとまってないんですよね。
あの公演は。すっごく楽しかったことは間違いない
のだけれど。


桜ジェット終了しました
ご来場の皆様、誠に有難うございました。

とりあえず昨夜PCが復旧したので、ぼちぼちまた書いていこうと思っている。

やっぱり魂が弱っている。公演の後はやっぱりつらいものだ。仕事はわんさか。あああ。


折り返しとPCと
まずは『桜ジェット』、連日多数のご来場有難うございます。

さて。

新PCがいきなり起動しなくなってしまった。
電源はつくのだが、うんともすんともいわない。

知り合いの手をかりて、本番終了後に復旧にかかるが、ちょっとブログの更新に障るかもです。

ともかく明日は楽日。
しっかりやります!


女に追われる夢
初日の朝なのだが、夢にたたき起こされる。

僕は真夜中に火ノ鳥忍君と飲み歩いていたのだ。
真夜中なのに空は変に薄明るくって、なんだか
それは夜じゃないみたいだった。

広い大通りを歩いていると、そこには
大きな白い建物があった。河原町通りの
近くである。
そこはもともとホテルだった場所だった。
そこにはバーやゲームセンターが
あり、昔はそこでよく遊んだ思い出が
あったのだが、僕はそこで、そのホテルが
潰れたことを知る。建物の形はそのままに、
その建物に光っていた照明やネオン、
装飾は見事に取り外され、しかし建物の
形はそのままで壁は一点の曇りもなく
美しいままだった。薄明るい真夜中の空に
浮かぶ白く美しい建物。それが僕には、
そのホテルの亡霊のようなものに
しか見えなかった。

鴨川沿いで忍くんと別れ、僕はバイクで
北に上り、家路を急ぐ。

途中で僕は小川が傍らに流れる通りに出る。
柳があたりを埋め尽くしている。木屋町に
似ているが、回りは民家ばかりでかつ、
柳の数が半端でない。あたり一面柳の葉ばかり。

そこで僕はかばんをどこかでなくしていたことに
気づく。今年に入って買ったばかりのメッセンジャー
バッグ。

途方にくれていると強い風が吹いて、周りの柳葉が
一斉に揺れる。僕は途端に不安になり、周りを
見回した。

女がいた。

柳葉の隙間から女の顔が見えた。近くの民家の窓から
顔を横ににゅっと突き出し、その長髪は真下に
ぶら下がり、柳葉と同じリズムでゆらゆらと揺れている。
年のころは35~45。彼女の得体の知れない笑みに
僕は強い不安を覚えるが、気づけば僕は彼女と同じ
部屋にいた。彼女は右手に包丁を握っていた。

彼女は微動だにせず嫌な笑みを浮かべたままで
「死んで頂戴。あなたは昔の男に似すぎている」
と言った。彼女の目がまともでないことは
どう見ても明らかで、僕は恐ろしさのあまり、
この家から出ようと逃げ出す。

逃げながら僕は予感した。これは悪夢であり、
結末はすでに決まっている。どれだけ逃げたところで
その結果はくつがえせない。すなわち、僕は彼女に
捕まり、背中にその包丁を突き立てられるのだ。

分かっていても逃げ出すしかない。僕は階段を降り、
玄関と思しき引き戸を開ける。だが、その向こうは
なぜかガラス製の自動ドアであり、その自動ドアは
冷たく死んでいる。僕は自動ドアの間に手をかけ、
力任せにドアを開ける。しかし、その向こうにも
同じように扉があり、そしてまた死んだ自動ドアが
横たわっていた。

いくつのドアを開けただろう。ついに外に通じる
ドアにたどり着いた。そこで僕は観念する。
このドアは開かない。そう僕には分かりきっていた。
最後の自動ドア。それは今までどおり簡単に開く
ものだったが、案の定、脂汗でぬるぬるになった
指にドアの縁が引っかからず、僕は幾分手間取った。

分かっている。この扉だけは容易に開かず、
そして僕のすぐ背後には彼女が迫っている。
今この瞬間にも彼女の冷たい手が僕の肩を捉え、
そして僕も彼女と同じ、冷たい体にされて
しまうのである。


そこで僕は、場面をスキップすることにした。
それは成功し、夢の場面は一面が白い草原だった。

そこで僕は目を覚ます。

4時だ。僕は再び横になり、安堵のため息をもらした。
が、まだまだ安心することはできなかった。
さっきの夢の尻尾が僕を追いかけてきている。
今眠ると確実に僕はあの夢に戻されてしまうのだ。

正気を失った女の顔と、彼女の手が僕の肩にかかる
瞬間を想像し、僕は布団の中で心底震え上がった。

が、夢の尻尾は僕の体を縛り付けていたようで、
僕は現実の布団の中にいるのに、精神は半ば
夢に引きずりこまれて、それに抵抗して身体を
動かそうとするのだが、身体は動かない。
それでも抵抗せねば僕はこのまま夢に戻されて
しまう。僕はありったけの力を出して、かつ
精神がこの世にあるよう強く念じ、そして
汗びっしょりで本当に覚醒した。

6時だった。


ありもしないものが見えてきまし
まる43時間布団で眠ってないぞ!イスの上とかコタツの中でちょくちょく寝てるけど。

あと18時間眠れないぞ!
イスの上で寝るけど。

困ったら不健康自慢。悪い癖だがやめられない。


忙しくとも新PC
ずいぶんご無沙汰でした。

070204_1148~001.jpg

この一週間は新しいPCを導入したり、
それと並行してREKYOさんのお仕事やったり、HOMURAさんの
お仕事やったり、居酒屋さんのお仕事やったり。
もちろん『桜ジェット』も頑張ってましたよ。
要するに忙しかったのだ。言い訳がしたいのだ。
ごめんなさいごめんなさい。

なんといってもPCだろう。このWindows Vista発売の
ご時世になって初めてXPマシンを手に入れた。
中古品だが2005年製だ。ごく最近だ。
速い速い。相変わらずインターネット回線は遅いので、
それはPCが変わったといってどうしようもないが、
しかし動作が速すぎる。すばらしい。

前のPCは蜜比呂人くんに譲っていただいたものだったが、
大変無茶をさせまくったものだ。また他の人に譲ることに
なるが。長いことありがとうございました…

『桜ジェット』。
正直不安も一杯あるけど、絶対できるよ、できる子だから。
今日も昼からお稽古だ。


Category



Calender

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。