モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



恋人バトン
自分の中から言葉があふれ出してくるときがある。
そういうときにブログを書くのが最も良い。
そもそもブログを始めたのはそんな時期だったから。

今はね。出ませんね。なんだか。

そもそもこれは僕の役者としての営業意図もあって
始めたものであるが、残念というべきか、
営業的な面はすっかり薄れてしまった。

といっても自分の内面を整理するためだけに書くという
気も全くなくって、あくまで読み物になるものを
書こうという姿勢に変わりはないのだけど。

書くことはきっといっぱいあるんだけどなあ。

そういうときはバトンを引っ張ってまいります。
マイミクのたなちゅう君からいただきました。


1.今付き合っている恋人はいますか?
もちろんいますとも。

2.その恋人と付き合ってどのくらい経ちますか?
1年半かな。もう随分新鮮な気持ちは失われたが、それでも
付き合えば付き合うほど味のあるヤツだと思う。

3.この恋人と付き合ったキッカケは?
一目惚れ。 当時他に付き合っている人がいたけど、
正直彼女に出あってしまったからには運命を感じた。

4.この恋人以外に過去にどれくらい恋人いました?
3人。少ないね。基本長く付き合っちゃうタイプ。

5.一番長く続いた恋人とはどれくらいですか?それはいつ頃?
大体二年周期で一定している。そういうバイオリズムなんでしょう。
今の人とももうあと半年なのか?

6.逆に一番短かった恋人とはどれくらい?
なので1年と10ヶ月くらいでしょう。

7.恋人を色に例えるなら何色ですか?
オレンジ。あったかみがある。

8.恋人との思い出があればどうぞ!
一度彼女を失いそうなった時に、必死こいてかけずりまわった
なあ。死にそうだったけど、今となってはステキな思い出の一つ。

9.浮気願望はある?
最近の娘はすごいもんなあ。ないといえば嘘になるかも…。
ただ基本的に面食いなので、スタイルがステキな娘じゃないと
嫌です。

10.今の恋人に一言!!
あと半年、ステキな思い出をいっぱい残そうね!

11.回す人
あほらしすぎて誰にも回せない…。ぷぷぷ。

★.。.:*・゚★.。.:*・★.。.:*・゚★.。.:*・★.。.:*・゚★.。.:*・★.。.:*・゚★.。.:*・

!!!!!!!!!注意!!!!!!!!!

注:この恋人とは、ちなみに携帯電話のことです!!笑
  いかにも人間のようにバトンは書いてみてください!!

★.。.:*・゚★.。.:*・★.。.:*・゚★.。.:*・★.。.:*・゚★.。.:*・★.。.:*・゚★.。.:*・


…おあとがよろしいようで。
スポンサーサイト


続・ぽたぽた。
先日も二日がかりの雨。
雨漏りについては管理人さんに相談したが、
いつに工事をしてくれるのだろう。
とりあえずクローゼットの中のものを
半分ほど引っ張り出し、バケツをセット。
おかげで一時きれいになっていた部屋が
再び乱れる。

ともあれバケツをセットしておけば大丈夫だと
稽古のために外出し、家に帰ってきてみれば。

…畳濡れとる!

なんとクローゼット以外の二箇所からも雨漏り大発生。

天井裏から0.7秒に一回ほどの早さでポタポタいう
音が聞こえる。天井裏は覗けないが、
そうとう頭上は水浸しになっているとうかがえる。
最近天井にヘンな染みが発生していると思ったら
そういうことだったのか。流石は安物件。
すごいことがあるものだ。

いつかドリフのコントのように、ザブリと
水が降ってくるのではあるまいか。

おそろしやおそろしや。

初めて引越しを考えた晩秋の夜だった。


不良兄弟、深夜の北大路を行く
神戸の大学に通う弟が京都に来たので一日付き合う。

なんでも「旅行のデザイン」という授業の課題で、
京都に行けということらしい。どこでもいいから
京都をふらつき、5分ごとにデジカメを撮れという
課題。デザイン系とはいえ不思議な授業もあったもんだ。

2つ下の弟は、偏屈な人間で、しかも兄と同じく軽い社会
不適合者で、顔が双子ばりによく似ているといわれる。

昼すぎに合流。まずは自宅より徒歩5分、金閣寺へ向かう。
もう人生5度目の金閣寺。しかし紅葉の季節は初めてだった。
観光客多すぎ。でもさすがに綺麗だった。

さらに徒歩で龍安寺石庭へ。
秋の石庭は背景もモノトーン気味でとても良かった。
不思議なものであの石庭は観ていて飽きない。
ほとんど何もないようなものなのに、なぜか
ぼーっと観てしまう。気がついたら口が半開きに
なってしまっていて、下手したらよだれが
たれてても気付かないんじゃないかというくらい
になっている。
石庭以外でも、庭がとてもきれいだった。
苔がびっしりの地面に赤い紅葉が散っている様など
誠に素晴らしい。

その後稽古、後に再合流しoui oui cafeへ。
半年以上ぶりの再会を祝し豪遊。弟はバーテンダーを
神戸にて始めたところで、シングルモルトウイスキーと
リキュール類に興味が絶えない様子。
ショット+チェイサーのスタイルでバカバカ飲む。
店内も常連さんでやたら賑わっており、
場に釣られてやはりバカスカ飲む。

その後北大路駅近く・AGITへ移動し、また飲む。
その頃には気が大きくなっているものだから
北大路を制覇する気でデジャブに移動。
が、デジャブは定休日でありました。

また徒歩でoui oui cafeに戻る。
場のノリだけで深夜にも関わらず友人を呼びつけて
また5時まで飲む。ひどい。ひどすぎるな川渕兄弟。

トータルで10杯はハードリカーを飲んでいた。
ウイウイの常連さんに勧めてもらった
ウコンのサプリメントのおかげで、二日酔いは
免れたが。あと飲んでたワリには意外に終始冷静
ではあった。記憶もしっかりあるし。
いざというとき連れの面倒を見なければならんという
緊張感のおかげだろうか。やはり一週間肝臓を
休めていたのが良かったのだろう。
またしばらくこれでお休みせねばならない感じであるが。

なんか弟の話を聞いていてバーテンダーがまた
やりたくなってきましたよ。あーあ。


ぽたぽた。
先日、雨が続いているなあと思っていたら、
なんと雨漏りしだしたよウチの部屋。
それもクローゼットに使っている押入れが。
どうも押入れの立て付けが急激に悪くなったと
思ったらそういうことだったのか。

当然衣類がびしょびしょ。
半泣きでコインランドリーの乾燥機に
えっちらおっちら運ぶ。乾かす。

稽古には大いに遅刻するわ
年下の紀誠之介くんにマジ怒られするわ
もう散々である。
年下の、丁寧語で喋ってきてくれる後輩に
気を使われながら叱られるというのは
実に凹むものだ。

管理人はどうにかしてくれるのだろうか。
管理人としては、ほぼノーサービスに近い
このボロマンションである。

末の弟が冗談半分に「兄貴の部屋にはキノコが
生えている」などとミクシィ上で吹聴しているが、
このままでは事実になりかねん。


ステキなエッセイ
ものすごくいいエッセイを見つけた。
あんまりいいので全文載せちゃうのも道義上どうかと
思ったけど、新聞のサイトなのでリンクを載せてもすぐに
リンクが切れてしまうのでまんま転載させていただく。
毎日新聞東京夕刊の記事より。

憂楽帳:サンタの涙

 「サンタさん、本当はいないんでしょ」。小学2年の息子に問いつめられた。「いるに決まってる」と言い繕ったものの、「うそつきは泥棒の始まり」としつけてきた手前、居心地が悪い。ふと、幼い日の思い出がよみがえった。

 あれは確か私が10歳のころ。「サンタはいない」と笑う友達に「絶対にいる。命賭ける」とたんかを切った。「絶対いるよね。命賭けちゃった」とすがったら、母は「ごめん」とうつむき、ホロホロと泣いたのだっけ。

 今も不思議。なぜあの日、母は泣いたんだろう。尋ねそびれているうち母は死に、私は長じて母になった。トリックや小道具を駆使した母親譲りの演出で、毎年、サンタの来訪を息子に信じ込ませてきた。たくさんうそも重ねた。ただ息子の喜ぶ顔が見たくて。

 「サンタさんが母ちゃんであるはずがない」。検証の末、自分なりの結論を出した息子の幼い横顔をみながら、ふと思う。いつか私にも息子に「ごめん」と泣いて謝る日が来るのだろうか。その日になれば、私にも母の涙の意味が分かるのだろうか。【小国綾子】

毎日新聞 2006年11月17日 東京夕刊




これだよ。これがエッセイだよ。
人をしみじみ感動させる文章に、必ずしも広い紙面は
必要ないのだ。

月に一度でいい。こんなステキな文章をたまに
載せられるモナムール京都でありたいことだ。

手抜き感満載の記事だなコレは。いや、本当いいなと
思ったんですって。


禁酒4日目。
去る13日に禁酒を始めて4日目。
なにかちょっとしんどいことがあったら
飲みたくなる。風邪で関節が痛いときなど、
今まで玉子酒などで紛らわしていたから、
その習性でつい飲みたくなる。

そう。ここしばらくの間に
随分とアルコール依存度が増していたようだ。
20日までの禁酒は問題ないとして、
禁酒明けだからといって反動で飲み過ぎない
ように気をつけなくては、元の木阿弥である。

もっと未来に幸せのタネをまくように
今を生きねばなるまい。いつもそう思って
いるのだけど、簡単なようで難しい。

さて、今日もアルバイトである。
いってきます。来月の幸せのために。


朝から新風館
Rookie777の高谷氏が相方・久保昇平氏とともに
運営しているブランド・REKYO。WEB関連を中心に
ちょこちょこお手伝いさせていただいているのだが。
その第一号店舗が新風館にできた。
といってもテナント借りでなくまだ中央広場の
ワゴンショップであるが。

WEB絡みの企画の打ち合わせもあって、病み上がりの
身体を引きずって朝から新風館へ。
早朝からチーフ・高谷氏ががんばっていた。

打ち合わせ終了後、折角だからと新風館の中を
ぶらぶらしてみる。

BEAMS、流石にいい服を揃えている。んが、まともに
高い。このトレンチコートステキだなあと思って
ぴろっと値札を見たら130,000円也。
かりに月収が2倍になっても厳しい値段だ。

VILLAGE VANGUARD。相変わらず面白いお店。
1時間もうろうろしてしまった。お給料も
入ったところだし、座布団(ソファとはいかないが)
やら新年のカレンダーやらヘルメットやら
靴箱やらパスタ鍋やらお皿やらほしいものいっぱい
あるなあと思いながら店内を物色。

1時間後、結局買ったのは一点。書籍
『プロとして恥ずかしくないスタイルシートの大原則』

…仕事絡みじゃねえか。
大体こういうのを買うのはね、やる気を出すために
買うのです。


雲は多けれど、よく晴れた一日。
昼に動き回るというのはやっぱりいいと思う。

朝寝て昼はPC、夕方になって外出、稽古、
夜中に勤労あるいは遊興。

この繰り返しではやっぱり魂が疲れてくる。

昨日まで風邪のせいもあって身体的にも精神的にも
調子がすこぶる悪かったのだけど、少し気持ち的には
上向きになってきたかもしれない。


禁酒します
嵯峨シモン氏のブログにあるように、
2夜連続で氏と杯を交わす。
そこで飲みながら話をしていたんだけど。

最近酒の飲み方がしごく悪い。
酔っ払うために飲んでいるフシがある。
もともと気弱で精神の軟弱な人間であるから、
アルコールでバランスを取ろうとする
傾向は昔からあるので、いかんなあと
思っていたら、最近ますます
飲み方が悪くなってきたのである。

一念発起。一週間だけだが意識的に
酒を飲まないようにすることに。
一週間程度、大したことではないんだが、
大したことでないと言えるうちに
やっとかないと、酒で人生を棒に振る結果に
なったら格好悪いことこの上ない。

ので、やめます。

あと久々に風邪気味。夜が寒すぎる。
バイトの行き帰りがすさまじい寒さになってきた。
そろそろパンツ下などはかねば脚腰が冷えて仕方ない。

星占いで運気復調の兆し。らしい。
信じたいねえ。

あと、左部「Next Works」に次々回出演公演情報を
アップ。期待大の公演。詳しくは左をどうぞ。


取りとめのない記事
なんかいろんな事がぽんぽん起こった数日間であった。

ありとあらゆる星占いにそれらしいことが書いてあった
のですけども。特に昨日発売のメンズノンノの占いが
すごかった。あんまりどこの星占いもそういうもんだから、
今月のおひつじ座はよほど分かりやすい星相を表して
いたのでしょう。

実は占いは好きだ。好きだが、占い師と向かい合って
やるのは苦手。

先日の笑の内閣DVD上映会。

やっぱりねえ。映像にするとなんとも…
極論すると芝居はなんでもそうではあるが。
ただしプロレスシーンはアングルなどに工夫もあり、
面白く観られる。1000円とそう高くはないので是非一本。
こちらからも通販受け付けます。

最近物事から逃げるようにお酒を飲むのは
良くないなと思う。つい量がすぎるのである。
肝臓をいたわらなくては…

HOMURA稽古。
順調?かな。今回も自分の芝居の立ち上げを急ぎたい。
初期からペースを上げて、あとで後悔しないように
しなくては。
それよりWEBがなかなか進行しない。急がなくては。

立命芸術劇場のお芝居。
夏目漱石『こころ』の翻案作品。
自分にとって、タイムリイだった。テーマが。
高校の頃に読んだ『こころ』を一日で貪るように再読。
やっぱりいい年になると味わいも変わっているものだ。
高校のときより、はるかに苦く感じる。でもやはり
これは名作だなあと思う。作の新井くんはよくぞ挑んだ
ものだと思う。リスペクト。

ステレオの調子が悪い。とくにCD-Rが飛びに飛ぶ。
安物だし、もう3年くらいになるから仕方がないか。
それにしてもテレビは観ないが音楽はかけっぱなしな
僕の生活。ステレオは生命線なのだけど。
どっかに格安で売ったりしてないものか。

KOOLのパッケージデザイン変更。
いつも思うがこのロゴデザインは秀逸だと思う。
最近マイナーチェンジが多いが、この新パッケージの
ロゴはオリジナルのショボかわいさが残っていて
悪くない。ちょっとラッキーストライクから浮気して
KOOLを吸う数日。

本当にとりめなく書いてしまった。ま、たまにはいいでしょ。


エパトスさんこんにちは
お昼に観たお芝居は立命芸術劇場さんだったのだが、
なんだか筋が生々しく感じられる内容で、かえって
精神がふさぎこんだりしたのだが、それはまた、
お芝居が良かったことの裏返しでもあるのでしょう。
まさに秋のお芝居だった。

とりあえず『こころ』を買って、再読しようと思う。

さて。

今度の役が、エパトスという人なのだ。

今回の『ASSASSIN』というお芝居、現在も火ノ鳥君が
執筆途中であり、またこのエパトスという人が、
全登場人物の中で登場順が最も遅い役であるので、
最近までセリフが与えられてなかったのだけど。

やっと出た。それもいきなりどばっと。

もちろんどんな役割の人物かは事前に聞かされていたの
だけれど、やっぱり具体的にセリフがないと判然と
しないわけで。待ちに待ったセリフである。

これから2ヶ月弱、エパトスさんになるべく
頑張ることになります。まだほぼワンシーンのみしか
台本が出てないのだけど、なんかね、好きになれそう。
エパトスさん。

なんかね。もう。がんばる。


バイオリズムと戦いつづける
人の精神状態は乱高下を繰り返しつづけるけれど、
それでも人は毎日毎日ちゃんと働いてるし、
愛想も振りまけるし、筋トレだってやっちゃうし、
発声だってやっちゃうし、ようするに普段通りでき
ちゃうわけだ。

そりゃ明らかに不安定な人もいるけれど、
大抵の人はできてる。

ある人は、友人にすさまじい愚痴を浴びせることに
よって精神のバランスを保っているといい、
ある人は、他の仕事をすることによって、煮詰まってる
仕事のストレスを発散しているという。
人に聴くまでもなく、ビジネス書やらアンアンやらを
読めばたくさんの精神のバランスのとり方が書いてある。

でもねえ。

どうしようもないときは、どうしようもないのですよ。
では、どうしようもない時に人はどのように
その波から退避すべきなのか?

最低限の仕事をこなしてあとはひたすら眠りつづけるか。
それとも仕事に頭までどっぷり浸かって何もかも
忘れてしまうか。少なくとも酒ではいけない。
ストレス発散目的での大量飲酒は状況を悪くする
ばかりなのである。

とまあこんなことを書いているが、こんなことが書けて
いるならば、特段調子が悪いというわけでもない。
でも生きてる限りバイオリズムに左右されてる
人生って、しんどいよなあとうんざりした気分になる。

あ、いい芝居を見たり、いい音楽に出会うって、
そういうのにとても有効だったりする。
ちょっと前に見たWANDERING PARTYさんの
『レオナール・F』はとっても良かった。

今日もお芝居を観に行く。大いに楽しみ。


やれやれ
全く僕は口が下手だ。何かものを言わなきゃと
いうときに限って口が動かない。口を
動かさなければならないときに限って
一言も言葉を発せなくなる。

どうでもいい事をいくらでも吐ける舌なのに。

シェイクスピア風に言えば

こんな舌など地獄の犬にくれてやるがいい、
あるだけ重いだけの舌ならば。

ってとこですかね。


ハチクロを読み始めた
『ハチミツとクローバー』を今さらながら読む。
まだ4巻途中までなんですけれど。

もうね。なんちゅうかね。

甘い。そして苦い。こたえますね。実に。

おかげさまでここ二日、最高にセンチメンタルな
気分だ。

ネタは若干うすた京介の影響も見えるが、
うまく消化されていて実に読みやすい。
というかぐいぐい読ませる軽快さがある。
でも読後感はシンプルにほろ苦くて。

途中まで読んだところ真山-鉄人山田-
野宮のラインがやっぱり気になるセンでは
ある。

 恋をすると女の子は
 キレイになるっていうけれど
 ダメだな
 男はカッコ悪くなるばかり

いいセリフだ。別段すごいわけでもないというか、
まあベタなセリフではあろうが。でもいい。
ベタさをものともさせぬシンプルな画風と展開が。

憧れるなあ真山さん。あんな男に僕はなりたいですよ。


新・酒バトン
深沢さんちのちかよさんからいただきました。
マイマイさんと源氏さんとこにも回ってたな。
また酒のバトンです。ていうかこのブログ、
酒タバコのネタが多すぎます。もうみんな
僕の酒癖の悪さは十分分かったろう。

■好きなドリンクは?

夏はジンかラム。冬はウイスキイ。

■好きな居酒屋ベスト3

居酒屋?バーも入れていいですか?てかバーにしか行かない。
・ouioui cafe(北大路大宮上る300mほど?)
・foreBAR road(四条室町近辺)
・デジャブ(下鴨)

■ついつい買っちゃう市販酒は?

仕事帰りにたまに発泡酒を一缶。冬麒麟はちょっと美味しいね。
(偽ものでない)ビールが一番だけどね。

■絶対外せないおつまみは?

フライドポテト・鶏の唐揚げ。うーん個性がない。

■何杯で酔う?

まあ普通3杯で気持ちよくなります。

■酔うとどうなる?

すごくしゃべる。めっちゃ人の目をガン見しだす。
距離近すぎ。もっと進むと…ひどいよー。

■過去最高の泥酔談

四日酔いの話と救急車にぶちこまれた話を
前回やった。あと過去最高…ねえ。
大学当時、あれはテスト直前だったなあ。
べろべろになって、かつ一人にされて、
記憶能力を失ったままゾンビ状態で街を徘徊。
ノートぎっしり入ったカバンを紛失。
見知らぬお姉さんに友達を電話で呼ぶまで
介抱していただく(おぼろげに記憶が残っている)。
お姉さんが何者だったかは結局分からないまんま。
顔も思い出せない。
当然テストの結果は悲惨。ノートがないんじゃねー。

■好きな飲みコールは?

一気のみのコールですな?大嫌い。
愚かにも自発的に一気のみやったりはするけど、大勢で
やらなきゃという空気を作ることはまた別のこと。


■以下は〇×

□飲みサークル・・・・・・・?飲み友達は結構いますよ?

□酒豪?・・・・・・・△大好きだがそうでもない。 弱くはないと思う。

□宅飲み派・・・・・・・×典型的外飲み派
     
□一人酒・・・・・・・○
好き。だらだらお店の方としゃべるのもまた楽しみである。
だが経済的理由により控えるようにしている。

□酒癖悪い・・・・・・・○断固悪い(ふんぞりかえって)

□飲むと人格変わる・・・・・・・×
でも人格までは変わらない。気が…する。
だから気付かれにくい。

□アルコール中毒だ・・・・・・・△違うと信じてる。

□吐くために飲む・・・・・・・×なんでそんなしんどいこと。

□3度の飯より酒だ・・・・・・・△
ごはんなくてもお酒が飲める。でもお酒飲んだら
猛烈にお腹がすく。どっちも好きだし、大事だよね。

□酔った勢い何でもアリ・・・・・・・○
認めたくはないが、そうなっている気がする。
 

□記憶なくしたことがある・・・・・・・◎
さあ、どの話をしたらいい?(同じくふんぞりかえって)


■酒好き5名を指名

・田村いずみん
・わが不肖の弟二人
・ (酒好きでもないが)たけむら。
・かきちゃん。

以上。


Category



Calender

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。