モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



バトンですってよ。
なるほどバトンの本家mixiだ。早速回ってきたので
答えます。

■■■ [指定型★バトン]のルール ■■■
◆廻してくれた人から貰った『指定』を『』の中に入れて答える事。
◆また、廻す時、その人に指定する事。


◆最近思う「演劇」

どこに行ったら本当に面白い芝居があるのだろう。京都のシーンのアマチュア志向的傾向が良いとも思ってないけれど、大阪のエンタメ路線にもある種の薄ら寒さを感じる。昔はつか作品とかが好きだったが、今は様式化してそうでもない。でもまだしがみつきたい何かがある。作ってみたい面白さがある。

◆この「演劇」には感動!!

最近では…作品タイトルじゃないけど広田ゆうみさんの芝居。俳優さんだなあこの人は。アマチュアゆえの求道ぶりが素敵だ。プロだけが役者の目指す道ではない。

◆直感的「演劇」

祭り。ドラマ・映画は祭りには非ず。

◆好きな「演劇」

なんだかんだ言って三谷幸喜は最高だ。ラーメンズもいい。だがそればかりでもしんどくなる。人間がキレイすぎて。だから逆に生々しいのが見たくなる。『レザボア・ドッグス』とか『saw』みたいなやつ。そしてそんな芝居に今立ち会いたい。

◆こんな「演劇」は嫌だ!

「観る」サイドから言うと、迷いが結果に直接出てる芝居。もうどうしたいんだといいたくなる。やりたいことがはっきりしていれば、どんなオナニー芝居でも観れる。
「作る」サイドから言うと、やっぱり人間関係の砂漠化した現場は嫌だね。恋愛とかが絡むといっそう嫌だね。

◆この世に「演劇」がなかったら?

なかったらなかったで楽しいことはいっぱいあるよこの世界。でも「ない」なんてことは、ありえないだろう。演じることが人間の根源的欲求に根ざしている限り。

◆次に回す人、5人(「指定」付き)
今回は回さない。余程上手いと感じたお題ならば回すけども。
スポンサーサイト


全身筋肉痛
去る28日、佛教大学にてプロレス研究会の皆さまに
プロレス稽古をつけていただく。

そう。次回出演作は笑の内閣サマ。平均年齢は
22歳というところか。若い。ほんと若い。
8月下旬に京大西部講堂にて公演します。

一年程前にショウダウンで共演した嵯峨シモン氏と
また共演。楽しみである。

さて、プロレスの稽古ということで、
アップはいつもより念入りに。ストレッチを15分、
腕立て2種に腹筋3種、背筋もこなして軽く汗をかく。

まずは受身の取り方から。なんたってケガをしないのが
第一である。

段階的に投げ技を教えていただく。
首投げからDDT、ブレーンバスター各種。
応用として人工衛星まで。

…楽しい。日没まで夢中で投げたり投げられたりを
繰り返す。投げるのも楽しいが、投げられるのも
非常に楽しい。ショウダウン時代に培った肉体が
役に立つ。少しプヨりかけていたところだが、
丁度良い機会である。

稽古後は牛乳と豆乳を併せ呑みしてたんぱく質を
摂り筋肉の成長を期待。

その後は閉店したファミリーマートの皆さまと朝まで
飲み会。5つは離れた若い人々と楽しく話せる
関係を築けたことに感動する。そんなことに感動できる
ようになってしまったことが、既に老けているのだ。

帰宅後爆睡。8時間後起床。
…起床しようとするが、身体が起き上がらない。
そう、前日に酷使した筋肉が一斉に悲鳴をあげているのだ。
両腕、胸、背中、首、腹、脚、全ての筋肉に
鈍くも強烈な痛みが走る。全く身体が起き上がらぬ。

ともかくもマッサージだと風呂に直行。
湯船の中で身体をもみほぐす。
風呂上りに体重計にのると、一日にして
体重が2.5kgも落ちている。すごいなプロレス。

今日で二日目だが一向に筋肉痛はおさまらず。
どうせなのでこの夏は頑張ってソフトマッチョを
目指します。


mixiというものを使ってみて
さて、mixiに入会して5日経とうとしているが、
なるほど人の輪は広いなあと感じる。

ただ、正直続くかどうかは心配だ。
手広くやるといろいろ手が回らなくなりそうで。
極力シンプルに使うことになりそう。
コミュニティとかも面白そうなんだけどなあ。

京都の演劇人も幾人か発見。

ファミマのみなさんもいるね。折角の出会いなので
これを用いていろいろ連絡が取り合えると素晴らしいよね。

mixi会員の皆さまにおかれましては、是非よろしく。


今日はいろいろあるのだ
もう4つくらい長い記事が書けるくらいに
いろんなことがあるのだ。

1.勤務先が閉店
本日朝10時をもって、2年弱勤めたファミリーマート
某店が閉店する。昨晩から朝にかけて最後の勤務、
店内で制服着ながら同僚と非道の限りを尽くす。
一応言っておくが酒はもちろん飲んでいない。
犯罪も犯してない。でもバレたらクビだろうか。
ちなみに移転閉店であるため、3日後には新店舗で
働きだすことに。依然ファミマ店員。

2.高校時代の友人に出会う
高校時代の友人が京都に越してきたので近くの
ファミレスで会食。なんでも若くして課長にまでなった
職を辞し、飲食店経営を始めんと心機一転、京都に出て
きたらしい。懐かしい話に花が咲く。素敵な時間。

3.プロレス稽古
次回、なんとプロレス芝居に出る。プロレスをするのだ。
川渕幸治郎が。本日夕方佛大プロレス研究会の皆さまによる
プロレスの稽古に初参戦。ドッキドキ。
殺陣でなく、実際に技を当てるプロレスです。念のため。

4.ファミマ某店打ち上げ
夜はファミマ某店の打ち上げ会。今日のMSN占いに
散財に注意と書いてあった。恐ろしいなあ散財。

5.昨日の記事の続きも書きたいのだ。

6.最近mixiまではじめてしまったのだ。続くかどうかは
ともかくとして。ていうかmixiって何ができるんじゃ?
とりあえず何か交流らしきことをしましょう。mixi会員の
皆さま。

7.何よりトランポリンショップの本番が近いのだ。
そして面白くなりそうなのである。演出(補佐)って難しい。
でも面白みは分かってきたよな。

…ネタがたくさんあるのは素晴らしいことだけど。ねえ。


藤原康弘氏特集な観劇日記
去る17日に小さなもう一つの場所『十六夜日記』@アトリエ劇研、
25日にやみいち行動『十五そうめん漂流記』@ブンピカを観劇。

かたや別役実作品を比較的アーティスティックに上演するユニット、
かたやアドリブのみで構成されたコメディーを演じるユニット。

もちろん作品の手触りは全く違う。のだが、
この両団体、代表は藤原康弘氏。同一人物なのだから驚きだ。

『十六夜日記』は、その昔床屋だった場所で出くわした
男女の二人芝居。出演は広田ゆうみさんと田中遊さん。
話が進行するにつれて、彼らは夫婦であるという状況が
浮かび上がってくるが、彼らはなぜかすぐに物を忘れるため、
もともと彼らの家であったと思われる廃墟の前で
永遠に出会いを続け、その度にかみ合わぬ会話を繰り広げ、
そして永遠に別れつづける。その状況自体は何一つ
打開されぬままに芝居は終わる。

広田ゆうみさんという方は今年になって初めて
実際に拝見したのだが、素敵な女優さんだと思う。
素敵、というより凄いと言ったほうが適当か。
何が凄いって、かなり濃いオーラを感じるのだ。
立ってるだけで360°に気を発しているのが
ありありと分かる。その気はどちらかというと
悲劇質であり、ともすると「怖えな」と感じてしまう
こともしばしばなんだけど、それにしてもこの存在感。
これぞ俳優。

ただ僕は、別役実はもっとコメディよりの味付けに
したものの方が好みではある。ちょっと笑えない演出・
雰囲気に仕上がっているのだけど、基本的に別役作品は
不条理コメディであると僕は思うわけで、だから
もっとニヤニヤしながら見させてほしいなあと
思うのだ。といいつつも結構ニヤニヤしながら
観てたのだけど、笑い声をうっかり立てると周りから
ぽっかり浮いてしまうような客席の雰囲気はいかんとも
しがたい。

転じて『十五そうめん~』は『十六夜~』の演出である
藤原氏が主役に近い役割で1時間半ほどのアドリブ芝居を
4人の共演者陣(+ゲストの本多力くん)とともに繰り広げる。
芝居には、筋書きのないアドリブで芝居を続けるエチュードと
呼ばれる稽古法があるが、あれをやったことのあるものなら
誰もが感じたことがある、あの独特のぬるい空気とともに、
出演者達の機転あふれるアドリブをノンストップで楽しめる
ある意味スリリングな一本。

大まかな筋はもちろん用意されているわけだが、全編
アドリブで構成されるわけだから当然空気がのびて、
面白くなくなる時間帯は生じてしまう。
が、この劇団のショーは全て無料である上、なにかしら
お客に特典があったりするので(今回は幕後の流し
そうめん大会、オリジナルうちわ配布、こんにゃく
ゼリーつかみ取り)、損はまずない。
ご近所の祭りを冷やかしにいくような気持ちでいけば
良いかと思う。次回も楽しみ。

藤原氏の懐の深さに驚嘆の1週間。藤原氏ウィークだ。
多少他に感じたこともあるので、それは次回の記事に譲る。


執筆欲まで梅雨に湿り。
6月に入ってからの記事の少なさに
我ながら愕然とする。

書きたいことはいろいろあるのだ。
今稽古中のトランポリンショップさんの
ことやら。こないだ見に行った「小さな
もう一つの場所」のことやら。それに
影響されて読んだ別役実の「コント教室」なる
ご本のことやら。あと、新しく出演する舞台が
決まったことやら。駐禁切られたことやら。
部屋がとてもきれいになったことやら。
火鳥忍くんと飲みに行ったことやら。
田村いずみさんと飲みに行ったことやら。
あと勤めてるコンビニが閉店間近なことやら。

もうほら、書きたいことが頭の中に
ひしめいているのに。

なぜだろう。なぜなのか。

梅雨だから、じゃダメだよね。


WEB製作の困難
もともと僕がWEBをいじることを始めたのは2001年の
頃だった。そのころの主流はテーブル・レイアウトという
レイアウトの仕方が主流であり、これは実はWEBの作り方と
しては邪道とされた方法である。ただ当時はそれに代わる
有効なこまかいレイアウト設定法が乏しく、多くの
WEBがその方法で作られていた。WEB製作支援ソフトも
そのテーブル・レイアウトに準拠して作られていた。

今年に入って様々なWEBを製作するようになってから、
そのテーブル・レイアウトはもはや過去の遺物に
なりつつある事を知った。2001年当時まだまだ若い
技術であったCSS(カスケーディング・スタイルシート)に
多くのブラウザに対応し、いまやWEB製作に
スタイルシートによるレイアウトは欠かせない状況と
なっている。

かくして僕は業務と平行しながらCSSを学ぶこととなる。
実務とともに試験的にCSSを盛り込みながら作る
わけで、全くもって非効率的。

最近InternetExplorerにかわってFirefoxなどの
少数派ブラウザが台頭しだし、ブラウザごとの
レイアウトのズレの問題はますますシビアなものに
なってきている。もはやテーブルレイアウトに基づく
僕の知識も限界にきつつあり、落ち着いて
CSSを学習することが必要になる。

現在の仕事でもFirefoxで閲覧すると
レイアウトのズレが少なからず生じる。
修正にてんてこ舞いである。

日々勉強。ああ。



W杯によせて-プロはいい仕事をせよ
さて、ワールドカップ真っ盛りの昨今だけど、この時期の
テレビのやかましさといったらない。

まあよく一般紙のカタブツ評論家が書いてるようなことを
書くけれど。

昔からスポーツ国際戦の報道がどうも気に入らない。
もちろん日本代表戦の場合、主に日本人を圧倒的メイン
ターゲットにした放送なのだから、日本びいきに
報道することは仕方がないのだし、理解も出来ようが、
特に民放系のアナウンサーらの手前味噌な盛り上がり
ぶりなどテレビを観ていて鼻白む思いがする。
解説者まで興奮しきって、何を言っているのやら
分からない状態なぞ末期的だ。

本日の対クロアチア戦に関して民放各社が
総力をあげて特集しているようだが、
ジーコ監督が「この試合に負けた場合、我々には
もう後がない」と前置きをしたことについて、
元サッカー選手の解説者が「負けや引き分けについて
口にしてほしくない」と嘆き、さらにはアナウンサーが
我々にはもう勝つしか道はないのだ、我々にできる
ことは何があっても勝利を信じることだけだ。」
「我々の思いは必ず選手達に届く、確実に試合を
左右する要素になる」というようなことを熱っぽい
調子で語っている。

今さら全体主義的だとか形を変えたファシズムだと
騒ぐつもりはないけれど。

我々ってなんだ。僕らは「彼ら」とは違う。舞台に立つものの孤独を
観客が知りうるわけがない。ましてやワールドカップの
大舞台である。我々が注目すればするほど、舞台が
大きくなるほどに、彼らの孤独は深いものになっていく。
それは我々の想像力をはるかに超えた世界なのだ。
その世界を知るはずの解説者まで似たような下らない
ことを言っている。どうなっているのだ。

第一それは願望だ。分析でも解説でも説明でもない。
ただこれは日本人の最大公約数の願望でもある。
皆そう願ってる、という状態だ。
だから認められるだろうというメディア側の甘えというか、
お前らどうせそういう甘言に酔いたいんだろうという
傲慢さというか、そんなものが感ぜられてならない。

第一、プロフェッショナルが集まるはずのテレビ放送の
場で何をやっているのか。彼らは一体何のプロなのか。
アナウンサーは司会進行のプロであるべきだし、
解説者は我々に経験できない経験を持つものとして
我々には持てぬ視点から状況を解説するプロで
あるべきなのである。僕が知りたいのは、冷静な
戦況の分析だ。「勝つに決まってる」「信じま
しょう」などの熱望など聞きたくない。
日本人なら大抵がそう思ってるんだ。当然のことだ。

タレントオンリーのお祭り番組と大して変わりは
しない。お祭り大いに結構だが、本分をわきまえぬ
仕事にはイライラする。

僕自身は一観客として本日の試合をとても楽しみに
しているし、アルバイトも休みなので大いに
騒ぎまくってやろうという腹だけど、彼ら
プロならざるプロの仕事に水をさされるのが
十分に予想され、それにうんざりした気分になる。


詰める詰まらぬ詰めてみせる
現在進行中の仕事が詰め。
詰めに入ってからが進まない。
これさえ終えればちょっとした夏休みに近い
状態にもっていけるのに…

それはともかく、今夜は「小さなもうひとつの
場所」というユニットの芝居を見にいく。
別役実作品のみを扱うユニットである。ここの
広田ゆうみさんという女優さんがとても素敵なのだ。
ミーハーで言ってるんじゃないぞ。


梅雨入りらしい
意外に雨は少なく、空梅雨の予感。
また各地のダムが干上がるのだろうか。
本当に凄い量の水を使うのだなあ。人間は。

さておき、最近はアルバイトが大変で、
新人さんの担当として研修をしてるのだが、
何せ働くことが初めてという、年が10も違う
青年である。もうお金の扱い方から接客の
テンションから一から教えねばならない。

これが意外に大変で、どの職種にも共通する
仕事の仕方そのものの知識が欠けてるわけで。

その上、お店が移転する。その準備やら。
店長の身内に不幸がありそのカバーやら。

もうアルバイトの領域でないぞこれ。

ああもう何か南の島とかにいきたい。


匂う
滋賀の某ショッピングセンターで日雇いバイト。

子供の抱きかたがひどくヘタクソな父親発見。
首とヒザを抱えりゃそりゃ痛いよ。しかも
親父小走りだし。泣いてるじゃないか子供。
親というよりむしろ人さらいみたいに見える。

まさか、あれは本当に…


『TRICK』新作スペシャル
本当に、本当に今さらながら初めて『TRICK』を観た。

そもそも僕はテレビドラマが大嫌いな
クチである。だから今回のように人に
薦められて一緒に見るような状態でも
なければまず観ない。そして観ても
大体はお決まりの取るに足らないものばかり。
『踊る大捜査線』は悪くないが、演出の
あおり方が大仰に過ぎて疲れる。
『ショムニ』はもう大仰を超えてカメラと
BGMの使い方がどどーんとしててうっとおしい。

毎週決まった時間にテレビに向かうことも
難しく、さりとてビデオに撮って見るほどの
情熱があるわけでもない。

そんなこともあって、ほぼ食わず嫌いの
域に達していたわけだ。

で。『TRICK』。スペシャル版の再放送だったが。

いいじゃないか。

何が面白いってタッチが完全にジャパニーズホラーの
それだ。色の使い方といいアングルがいちいち
定石からズレていることといい、見ていて微妙に
不安な感じを与える絵である。斜めに傾斜している
家にいるような感じに近い。

面白いのはそういった効果をシリアスな恐怖に
のみ用いるのではなく、笑いに積極的に活かそうと
する姿勢である。雑誌などで「ゆるい」笑いと
評されることが多いようだが、「ゆるい」という
のは僕の中では当てはまらない。
「ずれた」「歪んだ」あたりが正しいのではないか。

このブログで「恐怖と笑いは紙一重」と何度か
書いたが我が意を得たりという気はする。

仲間由紀恵はそんなに上手な女優さんだとは
思わないが、この作品においてはうまくキャラを
確立している。阿部寛がかなり引っ張っている
部分は多いように思われるが、よいバランスが
保たれているのではないだろうか。
役者が見事に世界観に命を与えている。

惜しむらくは、若干台本(筋)が陳腐だ。
トリックは穴だらけだと思う。そりゃミステリ
小説ばりにとはいかないわけではあるが。
何よりテレビドラマの限界か、ラスト近く、
トリックが暴かれたあとの展開があまりに
しょぼすぎる。そこだけ火サスか?と思わせる
勢いだ。他にも蛇足のようなお涙頂戴のシーンが
ちらほら。残念至極。もっと滅茶苦茶やってほしい。

結局、ドラマ第一シリーズから順に見ている。
やっぱり印象は「もっと滅茶苦茶やればいいのに」
だけれども。結構楽しく見ています。


復活。
私事が何かとややこしく、一週間ほど
休止状態に陥っていた。お知らせもないままで
誠に申し訳ない。

どういうことかとお話ししても、
面白くとも何ともない話なので
控えておく。

いよいよ梅雨の入り。うっとおしいが
いろいろ再開せねば。

じゃあ『モナムール京都』再開です。


トランポリンショップ稽古初日
6月1日、劇団「トランポリンショップ」の稽古が
開始された。

同劇団は劇作家・演出家の田辺剛さん、
俳優の藤本隆志さん、金乃梨子さん、伊藤嘉奈子さんを
メンバーとする団体で、現在年に一度の試演会を
行うという形で活動している団体である。
今公演は藤本さんが演出と出演を兼ね、
演出補佐として僕と劇団テンケテンケテンケテンケの
勝二繁さんがつくという形で七月頭の試演会に
向けて稽古を行う。

演出補佐として何を準備してくればよいのかも
よく分からず、とにかく台本を10回ばかり
読んで、締めに音読も一通りやってみて、
何でも気にかかることをノートに書き出して
みる。これくらいやれば、まあ準備にくらいは
なっただろう。

実際役者さんの芝居を見てみないことには
全て絵に描いた餅だ。
自分の脳の中にこだわらず、現場で感じたことを
しっかり受信し、それに全力で反応を返していける
ようにせねば。

これからの1カ月は
とにかく予習と復習、あとはなるたけ元気に
現場に行って、元気に現場で過ごすこと。
そんな「当たり前」ができるように努力したい。


KNUCKLES閉店、一人大トラに。
5月末日、馴染みにさせていただいていたカフェ
KNUCKLESが閉店するので様子を見に行く。

8時に早々と閉店してあとは常連を交えて
パーティを開くということであり、
お呼びにかかって日が変わる頃まで居残る。

途中でRookie777の高谷くんも参加。
次々回公演の構想などを聞く。

結局1時ごろまで居残る。
また調子に乗りすぎて深酒。
その勢いで間違いなく場違いな
人になっていた。ダメだ。
ああもう思い出すのも恥ずかしい。
ていうか半分くらい思い出せない。
ますますダメだ。

昔から人の好意に乗ってるうちに
すぐに調子をぶっこく人間だった。
もう幼稚園児の頃からそうだった。
三つ子の魂百までとはよく言ったものだ。

翌日は久々の二日酔いに悩まされる。
最後だからこそ、きちんとしめるべきなのに。
いつまでたっても成長しない酒飲みである。

ともかくも、お疲れ様でした。すいませんでした。

060531_2024~001.jpg
お店の看板。通称ナックルさん。

060531_2025~001.jpg
もう灯ることのないネオンサイン。捨てちまうのかな?
だったら下さい。といいたいくらい素敵なブツ。


Category



Calender

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。