モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



小屋入りです
いよいよ明日からホール入り。
いろいろ焦ってしまう。川渕です。

仕事してないのをいいことに、Flashのお勉強やらタッチタイピングの練習やらを頑張っているところである。現在も慣れないタッチタイピングで頑張って打っている。しかしだいぶスピードがついてきたとはいえ、やっぱり慣れた打ち方に比べると、2分の1程度のスピードである。継続は力なり。頑張ってまいります。

このホールはちゃんとお弁当を作って持っていく予定。何せお金がないし、お金をかけないで買い食いしてるとあっという間に身体が弱ってしまうからだ。今晩はゴーヤが安かったのでチャンプルーにしてみた。で。弁当の内容はチャンプルーと米。以上。せめて梅干とか海苔くらいは用意しておけばよかった。

というわけで本番は今週末。どうぞよろしく。
スポンサーサイト


京都心霊スポットフルコース
先ほどバイト先の友人であるO君とAさんとともに、京都心霊スポット巡りに行ってきた。僕は基本的に心霊現象をはじめとする非科学的事象については、「ありうる」というスタンスを取っている人間なので、大層恐ろしかった。

科学というのは、人間の経験に基づくもの、人間の感覚内で認知できるものしか事実として認めないという考え方である。もちろん、迷信が人間の行動の多くを規制してきた点から考えても、科学というものは素晴らしいものだろうが、しかし迷信として切り捨てられたものの中には、真実だって混じっているのではなかろうか。

虫かごのアリが、かごの外にいる我々を認知できないように、人間にも認知しえない領域が必ず存在するはずなのだ。そしてその認知しえない存在が我々に何らかの害を及ぼす可能性もまた否定できないだろう。

前置きが長くなったが、とりあえず今回は、

1.船岡山
2.清滝トンネル
3.首塚近くの廃モーテル

といった超メジャーどころを訪ねてきた。

やっぱり清滝が一番気持ち悪かった。あの何処までも続いてるような雰囲気が何とも。何か背筋の寒気があれから取れないのだけど。やられたかこれは。

船岡山については日ごろ練習に使っていたり、花見に使ったりで、随分おなじみのスポットなんだけど、夜中に裏道に入るとなんとも。


やれやれ。
やっと仕事攻勢から解放された。

2月の半ばから約1ヶ月間もの間、4日ごとに何かの締め切りがやってくるという次第で、もういやはや何とも。

その間にもピンク地底人の打ち入りがあったり、まあいろいろ楽しくやっていたわけだが。とりあえず、Cモンさんからバトン頂いてたりするので、そこからブログ復帰していきたいと思います。

あと、コメントいただいた皆さま、長らく放置しててすいません。

ほったらかしにしてた仕事もやらなくっちゃねえ。ねえHOMURAさん。

がんばっていきます…。


インスタントラーメンで焼きラーメン
自炊のこと。といってもインスタントだけど。

ある日思いついた。インスタントラーメンで焼きラーメンは作れまいかと。で、早速材料を買ってみて作ったわけだ。それがあんまり美味しくって、嬉しいので載せてみます。結構手をかけました。もう役者のブログじゃないなこれは。

[インスタント焼きラーメン]

{材料}

・お好みの具
※貧乏中につき、春キャベツ・人参・かまぼこのみで作った。海老やきのこ類・しなちくやわかめなど、要するに何でもよい。
・パックのインスタントラーメン
※CGCの味噌ラーメンを使用・もちろん醤油・塩・豚骨なんでもOKだろう。
・にんにく
・しょうが
・刻みねぎ

・サラダ油
・ごま油
・塩コショウ


{作ってみよう}

1.まずはインスタントの乾麺を戻す。沸騰したお湯に大体1分ほど。ほぐれたら火が通るまでにさっと湯から上げる。いわゆるアルデンテである。ゆで汁に乾麺由来の塩味とケミカルなうまみが出ているので、これは少量とっておくこと。

2.冷たいままのフライパンにサラダ油3、ごま油1程度の割合で油をひく。ちょっと多めくらいが油そばっぽくて良い(身体にはもちろん悪い)。さらにスライスした(刻んでもいいだろう)にんにくとしょうがを適量加え、そこから極めて弱い火にかける。
※最初からフライパン・油を熱してはいけない。あっというまににんにく・しょうがが焦げてしまい、ごま油も含め、香りが台無しになるからである。

3.じわじわと揚げるような感じで香りを出す。きつね色になったところでにんにく・しょうが共に火から上げてしまう。

4.適当な大きさに切った具を中火で炒める。塩コショウをするが、後に濃いスープが加わるので控えめに。

5.火が通ったら麺を投入。さらにラーメン付属の粉末スープを、取っておいたゆで汁とともに少量ずつ(麺にからまる程度)加える。これはサッとやらないと粉末スープがフライパンに焦げ付くので注意。
※最初から少量のゆで汁と粉末スープを混ぜておいたほうがいいかもしれない。

6.スープが麺にからんだらすぐに火からおろして皿に盛る。仕上げに刻みねぎ、お好みで火から上げたにんにく・しょうがを盛り付けたらできあがりである。


これがうまい。今度はあっさり塩ラーメンでいただきたい。具も工夫できるし、ペペロンチーノみたいに赤唐辛子を加えても辛ウマだろうし、おだしでラーメンを戻しても美味かろう。カレーパウダーを加えてカレーラーメン、キムチを加えてキムチラーメンにだってできるかもしれない。カスタマイズは自由自在、大いに夢が広がる。

ちなみにこないだは冷麦を野菜とコンソメで煮てみた。タイの屋台の汁そばを思わせるエキゾチックな風味。ナンプラーが欲しいところだ。

いいなあ自炊。オンリーワン自炊。


僕をオーストラリアに連れてって
『桜ジェット』で華麗なるエアギタリストぶりを
発揮してくれた高谷氏からお誘いがかかり、
僕はエアドラム担当で、オンラインのエアギター
コンテストに参加している。

クソ忙しい中、朝から某造形大に集まって
京都を一望できるロケーションの中、
子供に後ろ指さされながら撮影決行。

言っちゃなんだが、なかなか面白い出来である。
全国の猛者どもに負けていない。

皆さんからの投票が審査基準になってる模様。
優勝者はオーストラリア旅行ですってよ。

なので、是非僕と高谷くんのアホっぷりを
目撃し、投票してください。
000186.jpg
http://www.jetrock.jp/air-guitar.html

Jetなるオーストラリアの航空会社のキャンペーン
サイトである。投票だけならビデオ視聴画面から
ワンクリックでいけますので、是非是非。

ちなみに撮影者の竹崎ヒロトくんが投稿してくれたので、
hirotoという名前でエントリーされてます。


Category



Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。