モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ハチクロを読み始めた
『ハチミツとクローバー』を今さらながら読む。
まだ4巻途中までなんですけれど。

もうね。なんちゅうかね。

甘い。そして苦い。こたえますね。実に。

おかげさまでここ二日、最高にセンチメンタルな
気分だ。

ネタは若干うすた京介の影響も見えるが、
うまく消化されていて実に読みやすい。
というかぐいぐい読ませる軽快さがある。
でも読後感はシンプルにほろ苦くて。

途中まで読んだところ真山-鉄人山田-
野宮のラインがやっぱり気になるセンでは
ある。

 恋をすると女の子は
 キレイになるっていうけれど
 ダメだな
 男はカッコ悪くなるばかり

いいセリフだ。別段すごいわけでもないというか、
まあベタなセリフではあろうが。でもいい。
ベタさをものともさせぬシンプルな画風と展開が。

憧れるなあ真山さん。あんな男に僕はなりたいですよ。
スポンサーサイト


シャンデリアも踊る。
20日、役者仲間である橋本源氏嬢のお誘いをいただき、
大阪梅田はShangri-Laへライブに詣でる。お目当ては
Sugarmama(シュガーママ)というジャズロックスタイルの
4ピースバンドである。源氏嬢にCDを貸していただき、
すっかり今年のヘビーローテーションな一枚になっている
ので、これはもう一度生で見なくちゃならんと思っていた
ところで。

061020_1948~001.jpg

大阪のライブはとても久しぶり。京都ネガポジに最近
行くことが多いのだが、磔磔にせよなんにせよ、
京都のライブハウスはテーブル席に座ってライブを
楽しむスタイルであり、それに慣れきっていたから
オールスタンディングに多少びびる。考えてみりゃ
ライブハウスはオールスタンディングが標準だよね。

すごくシャンデリアが綺麗で撮ってみた。例によって
綺麗に撮れないんだけど。

クリームチーズオブサン、A.S.Pという2バンドと
対バン。かたやラテンポップ、かたや
レトロフューチャージャズ。この2バンドは
もちろん見るのも聴くのも初めてだったんだけども。
各々良くってね。とくにクリーム~は志向的に
かなりストライクなところに入っており。
また機会があったら拝見したいものだと思うのである。
いつも思うんだが対バンというシステムの面白さは
お目当て以外のバンドの面白さを知ることを
容易ならしめている点にあると思う。
逆にいうと、対バンしているとこがしょぼしょぼだと
トータルとして印象が落ちるという欠点もあるけれど。

パントマイムの余興をはさんで(これもよかった。
よかったんだけど書き出すともうとりとめがつかない
ので書かない)、Sugarmama登場。

何だろう、久しぶりだなあこういうの。CDの中の人々が
目の前でやっているという感覚。

それも大阪城ホールとかじゃなくて2、3間先の空間でね。

とにかく洗練されていた。ショーマンとして。
僕と同い年くらいの方々なんだけど、もう
なんか、びっくりするくらい洗練されている。
そりゃ本人たちから言わせれば「まだまだ」と
おっしゃるんだろうが、なんか恥じ入りたくなる
くらい。プチへこみするくらいに。

最近どうも自分でいかんと思っているのは
人様の芸を素直に受け止められなくなっているところだ。
よく訓練された素晴らしいアクトであればあるほど、
それが自分に帰ってくる。それだけ楽しんでいるという
ことでもあるのだが。

レコ発ライブということで、聴いたことがない新曲が
多い感じだったわけだが、もちろん楽しく聴きまして。
大好きな「サーカスの夜」も聴けまして。
これで「左右の扉」があったら言うことなしなんだろうが
それはゆくゆくどこかで聴けることだろうと。
お楽しみは残さないと。

源氏さん、お誘いいただきありがとう。
また行くぞっ!


二十九日月『聞召人』観劇
12日15:00からのステージ。場所はレンゲ・ギャラリー。
ちなみにタイトルは「KIKOSIMESUJIN」とルビがふってあり、
「きこしめすじん」と読む。

1996年から続くこのユニットも最終回ということで。
学生劇団の時分に何度もビラを拝見して気になっては
いたのだけれど、実際会場に足を運ぶのは初めて。

第三劇場時代の後輩・辻井直幸くんと、今年に入って
僕がもっとも注目している女優さん・広田ゆうみさんが
出演するのも気になるなあというところで。

スケジュール的には最悪であったが、眠たい目をこすり
こすり出かける。会場は河原町LOFT近くのギャラリー。
街をゆっくり歩くのが久しぶりで少しうきうき。

で、作品だ。
いや、ショックを受けた。相当に面白かった。極めて
シュールな類のコメディと受けとって間違いはなかろう。

いい具合にスーパーナチュラルなそれぞれの
登場人物が織り成す、これまたいい具合の
スーパーナチュラルな会話と、細かくちりばめ
られた面白み。印象的な絵の見せ方。
強く印象に残る舞台だった。

あまり小難しく演劇を解釈するのは得意ではないが、
十分頭をからっぽにしてコメディとして楽しめる
作品である。また解釈しようと思えば、いろいろと
できる懐の深さもある。

特に終盤前に挿入された、本筋とは関係ないように
見える印象的なシーンについては、未だにどうとも
解釈しづらいが、しかし「分からない」ことが
不愉快でなく、むしろトータルとして世界観に寄与
している感じがして良かった。

広田ゆうみさんは主役であったが流石。あまり今までの
イメージでない役どころであったが、むしろ生き生きして
見えた。なんというか中性的なイメージと凄みの
女優さんだと思っていたのだけど、今回はエキセン
トリックでありながらとても女性的な感じが前面に出ていた
感じがする。

柳川の浦島史生さんの自然体かつ鋭い笑わせ方も好きだ。
初めて拝見したが、何ともいえない魅力がある。

辻井くんは、今までの自分の範疇を超えようとするキャラ
作りが印象的。若干声色と顔に頼りすぎてる気がしたけれど、
知り合いだから余計に感じるんだろうな。そういうところは。

終演後、トランポリンショップでお世話になった藤本さんと
立ち話(彼は今公演の演出補佐をつとめている)。
作家・演出家のつじみなこさんに紹介していただく。
このユニットは活動を終了し、当面活動予定は立てていないと
のこと。勿体無い。というか、もっと以前から観ておくべき
だった。

しかし無理して観に行った甲斐があったというものだ。
最近観に行く舞台が結構当たっている。いい傾向だと思う。


劇団飛び道具『ラフプレイ』
23日14時からのステージ。アトリエ劇研にて。

飛び道具さんの本公演は実に久しぶりである。

ここのすごいところは、公演ペース自体は
それほどでなく、かつメンバーの皆さんが
積極的に劇団外の活動をやっているにも
関わらず、劇団としての輪郭をしっかり
留めていることだ。それもかなり長い間。
当たり前のようで、並大抵のことではない。

カラーとしては、アート系にもエンタメ系にも
よらない絶妙なバランスの良さが昔から好みである
(もちろん作品によって多少傾向のブレは出てくるが)。

団員の伊沢はるひさんと吉井理穂さんが飛び道具の
舞台に久々に立つのも楽しみなところ。

さて、内容やらスジについては何ともコメントしづらい。

集合住宅の一室らしき場所に集められ、管理人によって
兄弟姉妹の関係を与えられた5人の男女。

彼らにはそれまでの記憶もなく、外界に関する
知識をもたないながらも、原初的なコミュニケー
ションの積み重ねによって集団生活を営み始める。

程なくおじ・おばを名乗る夫婦やら、長男の花嫁を
名乗る女やらが登場し、彼らの関係性にアクションを
起こさせる。

まさにその積み重ね。外界のことやら、そもそも
登場人物たちは本当は何ものであるのか、といったことに
関して、それを匂わせるフレーズはあっても、
答えは全く示されない。

世界観そのものが抽象化された舞台であり、
飛び道具さんの作品の中では読み解きにくい部類の
お芝居になると思う。

しかし、抽象的な世界観ゆえに登場人物たちの
コミュニケーション・関係性には強いスポットが
あたり、それだけで一時間半、楽しく観ていられた。

なんというか、劇団の芝居だなあと思う。こういうのは
急ごしらえのプロデュース公演や、ユニット公演では
なかなかお目にかかれない。出演者がまとまっている、
全員で点を取る芝居だ。チームプレイを乱す人も見当たら
ないし、堅実で、悪いエラーがでない。

あまりまとまらないが、そう思った。
いい舞台だったと思う。


藤原康弘氏特集な観劇日記
去る17日に小さなもう一つの場所『十六夜日記』@アトリエ劇研、
25日にやみいち行動『十五そうめん漂流記』@ブンピカを観劇。

かたや別役実作品を比較的アーティスティックに上演するユニット、
かたやアドリブのみで構成されたコメディーを演じるユニット。

もちろん作品の手触りは全く違う。のだが、
この両団体、代表は藤原康弘氏。同一人物なのだから驚きだ。

『十六夜日記』は、その昔床屋だった場所で出くわした
男女の二人芝居。出演は広田ゆうみさんと田中遊さん。
話が進行するにつれて、彼らは夫婦であるという状況が
浮かび上がってくるが、彼らはなぜかすぐに物を忘れるため、
もともと彼らの家であったと思われる廃墟の前で
永遠に出会いを続け、その度にかみ合わぬ会話を繰り広げ、
そして永遠に別れつづける。その状況自体は何一つ
打開されぬままに芝居は終わる。

広田ゆうみさんという方は今年になって初めて
実際に拝見したのだが、素敵な女優さんだと思う。
素敵、というより凄いと言ったほうが適当か。
何が凄いって、かなり濃いオーラを感じるのだ。
立ってるだけで360°に気を発しているのが
ありありと分かる。その気はどちらかというと
悲劇質であり、ともすると「怖えな」と感じてしまう
こともしばしばなんだけど、それにしてもこの存在感。
これぞ俳優。

ただ僕は、別役実はもっとコメディよりの味付けに
したものの方が好みではある。ちょっと笑えない演出・
雰囲気に仕上がっているのだけど、基本的に別役作品は
不条理コメディであると僕は思うわけで、だから
もっとニヤニヤしながら見させてほしいなあと
思うのだ。といいつつも結構ニヤニヤしながら
観てたのだけど、笑い声をうっかり立てると周りから
ぽっかり浮いてしまうような客席の雰囲気はいかんとも
しがたい。

転じて『十五そうめん~』は『十六夜~』の演出である
藤原氏が主役に近い役割で1時間半ほどのアドリブ芝居を
4人の共演者陣(+ゲストの本多力くん)とともに繰り広げる。
芝居には、筋書きのないアドリブで芝居を続けるエチュードと
呼ばれる稽古法があるが、あれをやったことのあるものなら
誰もが感じたことがある、あの独特のぬるい空気とともに、
出演者達の機転あふれるアドリブをノンストップで楽しめる
ある意味スリリングな一本。

大まかな筋はもちろん用意されているわけだが、全編
アドリブで構成されるわけだから当然空気がのびて、
面白くなくなる時間帯は生じてしまう。
が、この劇団のショーは全て無料である上、なにかしら
お客に特典があったりするので(今回は幕後の流し
そうめん大会、オリジナルうちわ配布、こんにゃく
ゼリーつかみ取り)、損はまずない。
ご近所の祭りを冷やかしにいくような気持ちでいけば
良いかと思う。次回も楽しみ。

藤原氏の懐の深さに驚嘆の1週間。藤原氏ウィークだ。
多少他に感じたこともあるので、それは次回の記事に譲る。


Category



Calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。