モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



随分遠くへきてしまった
劇団ショウダウンのお芝居が気づいたら終わっていた。

ショウダウンにいた2年前のことを考えると、随分遠くに来てしまった。いや、彼らが遠くに行ってしまったのだ。

後悔してるわけじゃない。断じて断じて。

お芝居に対する感度がどんどん鈍ってきてる。面白いお芝居を求める探究心がどんどん磨り減っていっている。

けれども日々は幸せなのである。

もはや僕は芝居を必要としていないのであろうか。一抹の寂しさを感じる。

次の舞台が今の集大成。これだけは思いっきりやり遂げたいものである。
スポンサーサイト


ご無沙汰更新です。
なんだか随分ご無沙汰してしまいました。
ご無沙汰している間に『エメラルド』の公演があったり、楽しいこともいっぱいあったり、書くべきことはたくさんあったのに、更新できず申し訳ありません。

秋はどうもいけない。毎年書いていることだが、秋には何だか心が沈む。そして待ち構えたように心を煩わせることがたくさん起こる。夏は何も考えずに楽しめることが多く、秋にそのツケが回ってくるというお決まりのパターンである。

事情があって『飛龍伝』、予定の春より延期しそうな具合である。夏ぐらいをめどに再考中。

極めて珍しく芸能ネタ。多分本ブログで初。

女優の沢尻エリカさんが出演映画の初日記者会見であからさまに不機嫌な態度をとり、周囲をヒヤヒヤさせたという話があった。本人は謝罪したそうだし、僕は特に彼女に興味があるわけでも、その映画に興味があるわけでもないので、どうってことはないんだけど、俳優(スポーツ選手などを含むパフォーマー全般)という仕事の難しさを思う。

商売というものは、商材なくしては成り立たない。「売るもの」がどんな商売にも存在する。これ当然の話。

俳優の場合、商材は「自分」という人間存在である。

商品には管理が必要だが、「自分」を管理すると言うことは、恐ろしく難しい。私事などが「商材」にモロに影響を与えるわけで。

しかし、そう考えたら、全ての仕事がそうなってしまうのか。

にしても、タレントだの俳優だのは、その割合が際立って高いように思う。

私事でどんなにややこしいことがあっても「芸の肥やし」と言い切ってみせる昔ながらの芸人の魂。これはもう常人の神経では無理だ。優れた俳優・芸人の凄さというか、凄まじさが最近分かってきたような。


雨に死す
大切なものが逝ってしまった。

当然揺すっても叩いてもそれは生き返ることはなく、ただ冷たく石のように沈黙を守り続けるのみ。とても綺麗に見えたメッキはとうに剥げ落ち、黒い地肌を所々に表しており。息をせぬものの哀切がよりくっきりと感ぜられるのだ。

雨。雨。

この季節にしては優しい雨の中で糸は切れた。ぷつりという音は微かながらもはっきりと僕の耳に届き、そしてあとは沈黙。

僕は亡骸を土に埋め、墓標も立てずに歩き出した。もうここには戻らないし、他者にとっても何ら意味のあるものにはならないからだ。

雨の中歩いていると、ややくたびれた女が、

「あなたが落としたのは金のオノかしらそれとも銀のオノかしらん」

彼女の足元は一面の赤い沼。彼女はその沼に膝まで浸かったまま僕に語りかけてきた。僕は今自分に起こっていることを説明するのがひどく煩わしい気分になり、彼女を無視して横切った。

彼女は僕の肩をたたき薄気味の悪い笑みを浮かべたまま、その手を足元の沼に沈み込ませた。

ずぶずぶ。ずぶずぶ。

「あなたにこれをあげましょう」

彼女が沼の中から引っ張り出してきたものは。

s1131327268.jpg



親バレモナムール
父からメールが来た。
突然に。

父親は用件のあるメールはほぼ送ってこない。というか無内容である場合が多い。

「元気か」「今度いつ帰る」「お金あるか」と、さだまさしの世界である。大体酔っ払った勢いで送ったと推測される。酔っ払うと誰かにメールを打ちたくなるのは老若男女問わず共通なのか。

で、今回は。
「モナムール京都見てます。時間が合うなら帰ってきいや」

なんとなんと。弟ぐらいは覚悟してたが親にまでついにブログ文化が浸透していようとは。これはびっくりだ。

ということはなんだ。

要するに僕が大切な30までの人生をなげうってプロデュース劇団立ち上げたことも、裸で大雨に打たれていたことも、女の子とお酒を飲みに行ったことも、何もかも筒抜けだったと言うことか。

なんともバツが悪い。親が見てるかと思うと、もう自殺を考えているだとか、精神科にかかりに行ったとか、実は僕は男しか愛せないことに気づいたとか、そういう親が心配になるような、そういった内容が全然書けないではないか!

まあどっちにせよ書きやしませんけれども。そして上の記述は事実無根ですけれども。念のため。

ありがとう。お父さん。
今度は劇場スタッフのアルバイト仕事にありつけそうです。将来につながるのかはまだ不明ですが、これからはアルバイトにせよ未来を見据えた仕事を選んでいきたいです。

息子は元気です。


豪雨と駄目会合
昨日。京都では実に23日ぶりのまとまった雨。
梅雨明け以来一度もまとまった雨が降っていなかったということになる。一応夕立なんだが、たっぷり2時間はバケツをひっくり返したような雨だった。

雷がうれしくて、下の風呂屋に駆け込む。ここには露天風呂があり、雪の日などは何ともこたえられないお風呂タイムが楽しめる。

今日は趣旨を変えて、豪雨&雷ピカピカの露天風呂としゃれこもうというわけである。

露天風呂に出てみると、もう湯面がびしゃびしゃ、雷雲も再接近と言う按配で、天を裂くようなすごい音が鳴り響いてる。無論客の姿はない。
裸で豪雨に打たれるなんて、日本で大人になって、そうできることじゃない。気分はスコール時のブラジルの子供。サッカーボールがあったらいうことない。

しかし、意外と心地よくない。大粒の雨だれが直接肌を叩くのって、なんともいえずストレスなのだ。そういえばこんな拷問があった。完全に身動きを取れなくして額に水滴をピチョン、ピチョンとたらすのだって。一日足らずで人は狂うらしいですよ。

結局露天風呂の屋根に覆われたスペースから、湯面がバシャバシャいっているのを見つめていた。

その後はちょうど雨も小降りになり。近所に安いバーができたので、本番終わりの浅田麻衣さん(立命芸術劇場)と行ってみる。一杯200円というのは大したものだ。アホのように飲んでも高が知れている。

このお嬢がとんだ駄目人間なもので、駄目人間たる私としては自分が駄目なときに大変助かる。10分おきに「駄目だなあ」「駄目ですね」。2時間中12回も駄目だ駄目だとぼやいていると、案外駄目でもない気分になるのは凄いことだ。しかしそういう気分が一番駄目なことなんだろうな。


Category



Calender

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。