モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



かなり本気でUNOに興じる会
去る16日はバイト仲間の若人どもと集まり、UNOに興じる。
とにかく「カイジばりに本気でやる」ことをテーマに。

UNO。多分5、6年ぶりのUNO。ちょっぴりデザインが
チェンジしていた。

大阪出身者のたなちゅう君と愛知出身者のヨゴレロッカー・竹村君、
そして長野出身の大谷君というメンツ。

独特の地方ルールをハイブリッドしてプレイ。

大阪ルール。なんと点計算をする。賭博可能なシステム。
関西らしくておくゆかしい。

長野ルール。色も数字も同じカードなら順番に関わらず、
割り込みで場に出すことができる。一瞬たりとも積まれる
カードの山から目を離せない、スリリングなルール。

複数枚の一気出しはなし。一度大量のカードを抱え込むと
簡単に上がってくることができない。

ドロー2などの効力をスキップやリバースを用いて
他人に移すことが可能。結果、他のドロー2、ドロー4の
効力が上乗せされやすく、あっという間に十数枚の
カードを握らされる羽目になる。


以上のルールで深夜2時から朝7時まで、異様なテンションで
繰り広げられる。久々にやるとUNOっていいね!

060917_0658~001.jpg
060917_0658~002.jpg
朝。轟沈するたなちゅうと竹村。直後僕も前後不覚に。
本気でやりすぎて肝心の試合風景は撮ってない。

ホント27にもなって何をやってるんだろ僕。
スポンサーサイト


三十前ミーティング・京都市への要望
去る14日は友人であるこけらや嬢と四条烏丸ほど近くの
"ForeBAR Road"にて飲み会合。写真を載せろという割には
顔は出せないらしい。

060914_2106~001.jpg

同年代の彼女だが、やはり人生の岐路らしい。どうも
我々の年代は迫り来る人生の壁にぶちあたる歳に
いるわけだ。

必然あまりうきうきするような話題も出ず、
なんだか比較的シビアな近過去について
報告しあう。

一応世の中好景気らしいけど、景気のいい話は
転がっていないものだ。我らファミコン世代に
栄光あれ。

それにしても京都市バスは24時間営業にならないものか。
終バスを気にしながらせせこましく飲むのは実にうんざりだ。

自転車まで飲酒取締りの対象である。これが厳罰化すれば
もう外で飲むなと言われてるようなものだ。
特に深夜活動型の僕としては厳しい。

しかしとりあえず、自転車を買おうと。そう思う秋の夜長。


飲みすぎですよ
去る3日夜、役者仲間である橋本源氏嬢からお誘いを
受けており遊びに出る。

H&F企画、つまりは先のショウダウン×ラビギャン企画の
メンバーズ3名と僕。というメンツである。
残念ながら先の笑の内閣と公演日がかぶっており、
お互いに芝居を見ていないというのが惜しいところ。

場所はこちらで指定。もう北で飲むならココでしょう、的な。
oui oui cafe(下鴨まで足を伸ばせば他にいいバーもござるが)。
である。

橋本源氏さんと。火鳥忍(白鳥忍改め)くんと。
あと源氏さんのリクエストで立命芸術劇場の
浅田麻衣さんと。

浅田さんは稽古場でお見かけしたくらいで、ほぼ
初対面であるのだが。お酒を気持ちよいくらい
カッパカッパ飲まれる。多少強い酒だろうが
お構いなしのうわばみである。おまけに顔色が
全く変わらない。飲んでも飲んでもクールビューティ。
源氏さんとも何度も飲んでるが相変わらず強い。
ブラックルシアンなどという恐ろしいカクテルを
続けざまに2杯3杯。
二人とも末恐ろしい。

4人で際限なく夜半過ぎまで飲みつづけ。
どういう話の展開か川渕家で家飲みという話につながり。
ちょっと待て。全然片付けてないぞウチ。
あんなものやこんなものが出たまんまだぞおい。

帰宅後ダッシュで家の片付け(散らばってるものを数箇所に
積み上げただけ)。3人を迎えるときには不注意で
部屋に干した下着が下がったままというていたらく。
ああもう終わってるな自分。

結果朝まで飲む。飲みたおす。

翌日二日酔い。ウチに幾ばくかあったボトルが皆あいている。
ウイスキーもジンもウォッカも空っぽだ。
4人とも相当いける口だったわけで。

なんか命を削るような飲み会でしたよ。
1年に一度こういうのは必要だね。
1年に三度くらいやってるけどね!


KNUCKLES閉店、一人大トラに。
5月末日、馴染みにさせていただいていたカフェ
KNUCKLESが閉店するので様子を見に行く。

8時に早々と閉店してあとは常連を交えて
パーティを開くということであり、
お呼びにかかって日が変わる頃まで居残る。

途中でRookie777の高谷くんも参加。
次々回公演の構想などを聞く。

結局1時ごろまで居残る。
また調子に乗りすぎて深酒。
その勢いで間違いなく場違いな
人になっていた。ダメだ。
ああもう思い出すのも恥ずかしい。
ていうか半分くらい思い出せない。
ますますダメだ。

昔から人の好意に乗ってるうちに
すぐに調子をぶっこく人間だった。
もう幼稚園児の頃からそうだった。
三つ子の魂百までとはよく言ったものだ。

翌日は久々の二日酔いに悩まされる。
最後だからこそ、きちんとしめるべきなのに。
いつまでたっても成長しない酒飲みである。

ともかくも、お疲れ様でした。すいませんでした。

060531_2024~001.jpg
お店の看板。通称ナックルさん。

060531_2025~001.jpg
もう灯ることのないネオンサイン。捨てちまうのかな?
だったら下さい。といいたいくらい素敵なブツ。


Category



Calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。